I don't get it.

 

NORMCORE.ノームコア

聞いたことある?

この単語に猛烈な違和感を感じている。

どうやらNY発らしく、いろんなブログや媒体に取り上げられていて話題になっているらしい。

友人のFBニュースフィードに出て来たのがきっかけでこの単語を知った。

2014年最大のファッショントレンドと言われていて、これは「普通を極めた」スタイルの事を指すらしい。

なんじゃそりゃ。意味が分からん。

調べてみると様々な意見があって、ジョブスが毎日、ジーンズにイッセイミヤケのタートルネックにニューバランスを合わせたスタイルの事を意味したりするみたい。

なんじゃそりゃ。すごく無理矢理w

誰かのブログに「2014年はぁ〜、ノームコア=あえてダサい格好をするのがイケてるんだよね〜」というブロガーぶった記事が書かれているのを見て我慢の限界が来て、今回ブログに自分の意見を物申すことにした。

俺はその発言は間違っていると思うんだ。それはミーハーな人の意見だと思う。

なぜ、ファッションがどんどんミニマルに戻っているかというと自分は下記のように思っている。

2008年頃にレディーガガが世間に衝撃を与え、80年代スタイルがバカのように流行ったわけだけど、それと同時にブロガースタイルというのが流行り始め拍車をかけ、パパラッチされたいがためにへんてこりんなスタイリングが目立った時期だった。

2009年、まだ学生だったころは弾けていましたw

2009年、まだ学生だったころは弾けていましたw

アジアではKポップカルチャーが爆発的にウケて、派手にする=かっこいい/個性が溢れているというのが言われていた時代に変わった。

そしてリーマンショックで世界が不況になり消費できる金額も減り、ファストファッションがすごく注目され、低価格におしゃれが消耗品のように楽しめる時代が来た。

さらにいろんなSNSやブログ日記(アメーバ)のようなデジタルプラットフォームが主流になったせいで質ではなく、フォトジェニックな洋服を選ぶ指向があった。

それとは逆にチャイニーズバブルによって中国人がブランド品を買い漁って、全身分かりやすいブランド品に身をまとった。

パリコレではチャイニーズセレブリティやメディアが一気に増え始めた。

2011年くらいにセリーヌのパリジアンヌミニマルスタイルがファッション業界人の間でとてつもなく支持され、真のファッションピープルはどんどんミニマルに戻っていたと思う。

Too muchなファッションにそろそろ飽き始めた時期だと思う。

実際パリコレやNYコレクションに行くと、パパラッチされたいがために派手な格好する人たちが未だにいるわけだけど、派手で目立つ=ダサいと思い始めた人たちが増えてった。

いわゆるwanna be bloggerが嫌だと思っている人が多いと思う、特にパリでは。

ファーコートに大きなサングラス、シャネルのフラットシューズそしてその極めつけにエルメスのバーキンバッグでパリを歩いている アジア系の華奢な男子を見て、「絶対あの人たちと一緒にされたくない」と思って、俺はどんどんシンプルなスタイリングになっていったんだ。

スタイリングのカラーもモノトーンにし、目立たないように無地の物を選ぶようになった。

シンプルでミニマルモードが一番好きなわけだけど、今度は見た目のデザインではなく、洋服のカットだったり素材の質にこだわるようになってきたんだ。

このような意見は俺だけじゃなくて他の多くの人も思っていると思う。

例えば、ファッションショーやイベントで「派手な人」として覚えられるよりも「シンプルだけどなにかオーラがあって雰囲気のある人」として思われたいしね。

派手で勝負してたらどんどんクリスマスツリーになっちゃうよ。

だいたい、普通の人が普通の格好をしたら普通にしか見えないわけだからそれをおしゃれやトレンドとして履き違って欲しくないな。

そうではなくて、ボディを鍛えたり内から出る自信で素敵な人を目指してほしいと思う。

これからはファストファッションではなくて、本当のラグジュアリーの時代になっていくと確信している。

やっぱり着るものは上質で肌にいい自分に合ったものを着たいもん。

普通を極めるよりキラキラ人になれるように極めてください。

そして引き算ができて品のあるファッションをしてほしい

以上、ジョージのノームコアに物申すでした。

"The George"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki