Shoe whore.

何を隠そう、俺は無類の靴好きである。

ひどい時は月に5足買ってしまう時もあるほど。

これは病気だなと、自分でも自覚をしている。

おかげ様で下駄箱には納まり切れず、山積み状態。

頼まれていないが、ほんの一部のブラックスニーカーコレクションをおみせしよう。

どうせ毎日履く靴は決まっているのにどうしても買ってしまう。

むしろこれは自慰行為に近いかもしれない。

靴でも洋服と一緒でトレンドがあるのは知っているよね。

一つのブランドが発売したらここぞっとばかりにほぼ全ブランドが同じようなデザインを店頭に並びだすよね。

中でも今年一番気になったのはBIRKENSTOCKサンダル。

BIRKENSTOCKはドイツのブランドで、1774年に創立されて以来永遠に同じ定番のサンダルを売り続けている老舗ブランド。

意外にも200年以上続いているんだなという印象だけれど、よくよく考えるとすっごいよね。

そういえば90年代にすっごい流行していたのを覚えている。

2013S/SにセリーヌがBIRKENSTOCK”インスパイア”のファーサンダルを発売したのを記憶に新しいであろう。このファーサンダルが発表されたときは、ファッション業界に激震が走ったほどめっちゃ話題になっていたよね。

実は靴マニア魂が燃えて一瞬(5秒くらい)買おうと思ったけど、毛が抜けたらいやだなと思って買うのをやめたんだ。意外にも堅実なんです、はい。

あえてブランドネームは出さないが、今年の春からいろーーーんなブランドでみかけたはず。

凝ったデザインのものもあれば、そのままじゃん!と思うデザインももちろんある。

Screen Shot 2014-06-09 at 8.44.26 PM.png
Screen Shot 2014-06-09 at 8.43.40 PM.png

でも、ちょっと待ったーーーーー!

いくらなんでもそれは高すぎるんじゃないかい!?

BIRKENSTOCKは80-120ドル前後に対して、ラグジュアリーブランドのラベルがあるだけで軽く600ドルいや、1,000ドルまで値段が跳ね上がっているじゃないか!

そんなに歩きやすいわけでもないし、むしろ底が固くて痛いのにこればかりは納得いかないね。

逆に考えてみると、その値段で堂々と売れるという度胸がすごい!なによりもブランド力の強さに圧巻。

さすがに、これはおすすめできないアイテムだな。どうせ1,000ドルで発売するならもっと高機能があったり、または何か違う付加価値を足すなら考えなおしてもいいけど。

それじゃ消費者を見下しているとしか思えない。

セリーヌをごり押しするわけではないが、セリーヌは真のヒットメーカーだね。

必ず毎コレクション大ヒットを作るんだもん。

"The George"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki