Instagrammer.

ネット社会って、本当に便利だよね。

NYにいながら日本で起きている事だって知ることができる。

むしろネットの方が自由に書けられる上によりリアル。投稿するのも、読むのもすごく簡単。

しかし、簡単すぎて不必要な情報もだだ漏れしている状態ということも忘れないで。

例えば、学生時代に教授からしつこく言われていたことはwikipediaを真の受けにして論文として書くなという事。

ネットだからこそあることないこと書くことができるからね。

2ちゃんねるというサイトだっけ?あれはすごくひどいよね。○○死ねとか平気で言うんだもん。ゾッとする。そんなことを書くやつはカルマが待っているからくれぐれもしないように。

ネットいじめというのも深刻な問題になっているよう。

今の時代はなんでも情報が手に入るからこそ本当に必要な情報だけを吸収する能力が必要になってくるんじゃないかな。

NYに移ってからすごく思ったね。

正直、たくさんの人/メディアをアンフォローしまくっている。

SNSの整理整頓って、自分のクローゼットを整理整頓するくらいに等しく、すっきりする。

インスタでもそう。

俺は起きた瞬間にインスタを必ずチェックする(完全スマホ症候群です)。

以前はセレブリティのインスタをフォローしてたけど、あまりにも中身がなさすぎてアンフォローした。

なぜなら、"I love you""I love this girl" "I love Versace"とかI loveしか書いてないんじゃないかくらい本当に浅いアップばかりで飽きてしまうからだ。

そこで稲木ジョージ的におすすめインスタアカウントをいくつか紹介しよう。

セレブリティなら@LilyAllen.

もっと歌がうまい人がいると思うけど、やはり言葉に重みと皮肉さがあって面白い。

image.jpg

ビジュアルだけじゃなくて芯のあるアーティストだから長く愛されているんだろう。

イラストレーターなら@kawamurajumpei

image.jpg

ミーシャのブログで知ったんだけど、この人のクリエイションはすっごいね。神からの贈り物としか思えないくらいの才能の持ち主。

是非、フォローするべき。

タトゥーアーティストなら@dr_woo_ssc

繊細なタトゥーがかなりツボ。その上、キャプションが面白い。すごくロマンチックな方なんでしょう。LAに居たとき、予約しようと思ったが一年先まで予約埋まってると言われ断念。

エディターなら@derekblasberg

image.jpg

ハンサムだし、さすがライターということだけあってキャッチコピーが非常に面白い。

仕事してるのかな?と思うくらい色んな国に飛び回っており、いろんなセレブリティと遊んでいるがたぶんそれが仕事なんであろう。

ファッション好きにおすすめ。

フォトグラファーなら@rainerjudd

image.jpg

分かる人には分かるフォトグラフィー。

万人受けはしないが、インスパイアされたいならフォローするべき。

この良さが分からないのであれば、あなたはまだまだな証拠。

モデルなら@sebastiansauve

image.jpg

動きのある写真と文書から伝わる元気のよさ。

ユーモアのあるモデルってなかなかいないからね。

息の長いメンズモデルになるでしょう。

最後に@georgeinakiもフォローすることを忘れないように。

image.jpg

 かっこいい人やかわいい人そしておしゃれな人は腐る程いる。

SNSがあるからこそ、目にする機会が多い。

自分のアイデンティティと”声”のある人が長く生き残る最大の鍵なのではないかと思う。

以上、稲木ジョージのインスタグラマーおすすめコラムでした。

(もっともっといるけど、また今度ねー)

"The George"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki