Marketing

ブランディングという単語を知っている?

分からない人は、辞書を引きましょう。

特にファッション学生の子たちには非常に大事。

俺が先生だったらテストに出します!というくらい大事。

NYに移って思ったことは、実は日本人はブランディングの天才なのかもしれないという事。

例えばね、日本ではスタバはすごく流行ってるでしょ?

GQとコラボしてThom Browneのスタバカードを作ったり、何かとブランドイメージがいい位置にいるよね。

でもアメリカでは昔に比べてスタバはイメージが低下しているんではないかと思うの。

SATCやプラダを着た悪魔に登場したりして世界に爆発的に有名になったが、近年ではスタバ離れしてる人たちが増えているのではないかとみた。

クールな雰囲気のあるインデペンデントなコーヒーショップが続々と現れたりしているのが目立つ。というか個人的に気になっている。

やっぱりインデペンデントな所のほうが味がおいしいんだ。

口にした瞬間にコーヒー豆の香ばしい薫りが脳みそまでのぼってくる気がする。

おすすめのコーヒーショップがたくさんあるけど、自分だけの秘密にしておくね。

NYのスタバは席が心地よくなかったり店内が微妙だったりするからお客さんがどんどん変わってると思う。

少なくともファッションの人はスタバ離れしているはず。

それに比べて日本のスタバはおしゃれだし、空間スペースが素敵だったりして何かといい感じだよね。

あっぱれ!スタバジャパンチーム!去年GINZAともコラボをしていい感じ!

そしてファッションで言うと、H&M。

NYのH&Mはファッションコンシャスな人が着るというよりも、おしゃれにそんなに興味がない人たちが多い気がするんだ。

もちろん恒例のブランドコラボの時は状況が異なると思うが。

それに対して日本のお客さんはファッションに敏感で、毎日違うスタイリングをしておしゃれを手軽に楽しみたいという人たちが多い気がする。

H&Mジャパンのみなさん、パチパチ!!!

それはなぜかと個人的に考えると、やっぱり日本人はおしゃれしたい度の平均値が高いのではないかとみた。

アメリカの学生はスウェットで生活感のある格好だったりしているのに、日本人の学生はおしゃれに気を使うもんね。

日本のマーケットには絶対に入りたい!と、ファッションブランドの人は口を揃えて言う。

しかし、残念なことに日本進出できたとしてもブランディングに失敗して撤退するブランドも多い。

なんてたって、日本のマーケットはとてもユニークだし日本のことを相当わかっていないと難しいらしい。

日本のファッション学生のみなさん、ブランディング/マーケティングを熟知したらキャリアチャンスが訪れるかもしれないよ!

がんばってね。

 

※あくまでも個人意見なのであしからず。読んでくれてありがとう。

"The George"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

Instagram:@georgeofgrand

Tumblr:@georgeofgrand

Pinterest:@georgeofgrand