2015SS NYFW

ニューヨークファッションウィークが終わりました。

毎日毎日いろんな所でショーやプレゼンテーションそしてパーティが行われ、本当に盛り上がった。

普段はパーティに出かけないが、さすがにファッションウィーク中はたくさんのパーティに行って来た。

やっと疲れが取れ、ヨガをしてリラックスしています。

いくつかのブランドのショーに行ってきたので見た感想をさくっと書きます。

KYE

韓国ブランドのKYEは個人的にも好きで2014AWのトップスを先日買ったばかり。

私服にも取り入れやすいストリートモードブランドなので今後人気が出て成長するでしょう。

しかし、肝心のショーは少しテーマがバラバラだった気がする。

スパンコールセットアップからスタートし、喜平モチーフのセットアップ、蜂モチーフのプリントセットアップで最後は炎が燃えるプリントで締まりがない印象だった。

もう少しテーマを狭めてメッセージ性を強く発信する必要があるでしょう。

オフィシャルフォトより拝借

オフィシャルフォトより拝借

VFILES

NYは日本と比べてセレクトショップが少ない。

オープニングセレモニーよりもアツいと言われている、ストリートブランドを取り扱うセレクトショップのVFILESが最もイケイケセレクトショップと言えるでしょう。

それがしかし、ショーは期待はずれ。

VFILES MADE FASHIONがテーマでオリジナルブランドを発表するかと思ったが、VFILES的に押しているブランドのプチランウェイショーだった。

イケイケの割りには完成度がかなり低い。

ショーBGMのごりごりのヒップホップが唯一の救いだった。

オフィシャルフォトより拝借

オフィシャルフォトより拝借

LACOSTE

ポロシャツのイメージがとても強いLACOSTE。

コレクションラインは見たことがあるだろうか?

Felipe Oliveira Baptistaがクリエイティブディレクターになってからかなりかっこよくなった。

スポーツブランドらしくエッジ過ぎず快適さを重視し、ヨーロッパらしいエフォートレスなエッセンスが加わった見事なスポーツモード。

このジャケットワンピースルックが一番お気に入り。

ブラボー。

style.comより写真を拝借

style.comより写真を拝借

TOMMY HILFIGER

前回のコレクションよりうんとよくなった2015Springコレクション。

ウェスタンロックスターがテーマで私服に取り入れやすいコレクションだった。

光沢感のあるトップスやブーツが目を惹く。

さすがTOMMY HILFIGERでセレブリティ露出も抜群。

Kim Kardashianの妹のKendallがモデルとしてランウェイに登場。

多くの媒体でこのルックが取り上げられ全米で話題となった。

オフィシャルフォトより拝借

THOM BROWNE

これを見ないには、NYFWは意味がないという程大好きでとてもインスパイアされるショー。

今回はメルヘンでフラワー畑のようなコレクションだった。

機会があったらこのショーは必ずみるべき。

hint magよりフォト拝借

hint magよりフォト拝借

POLO RALPH LAUREN

度肝を抜かれました。

セントラルパークの池で水を噴射し、それをスクリーンとして利用しプロジェクターを映し出す技術が会場中に拍手が響いた。

4Dがテーマで映画制作並みのバーチャルショーが本当にかっこいい。

動画があるのでRALPH LAURENのYOUTUBEで見よう。

NY TIMESよりフォト拝借

NY TIMESよりフォト拝借

MM6

小さなショーだけど、見応えのあるMM6。

日本人が好きそうなモードなコレクションだった。

ウェスタンフリンジやバンダナのペーズリーが目立っていたが個人的に気になったのは

このランジェリー風ルック。

柔らかいサテンシフォンのような素材のセットアップで、高級パジャマに見えるところが肝。

朝寝坊して、急いでスタイリングしたようなルックが心に響いた。

オフィシャルフォトより拝借

オフィシャルフォトより拝借

DIESEL BLACK GOLD

ロックスターの印象が強かったDIESEL BLACK GOLD。

赤黒のストライプスが日本のV系を連想させるルックだった。

DIESEL REBOOTされ、今後も勢いが止まらないでしょう。

オフィシャルフォトより拝借

オフィシャルフォトより拝借

MICHAEL KORS

アップタウンガールのように、柔らかく上品で着飾りすぎない好印象なコレクションだった。

THOM BROWNE同様、フラワーがテーマだった。

インデペンデントで美しい女性像をそのまま表現しているこのルックがお気に入り。

10月中にSOHOに新店舗がオープンする予定だが、今後もメンズコレクションにも力を入れるらしい。

どのように発表されるか楽しみだ。

オフィシャルフォトより拝借

オフィシャルフォトより拝借

RALPH LAUREN

アメリカブランドと言ったらRALPH LAUREN。

ラグジュアリーで上品の塊。

ショーはレッドカーペット仕様のドレスばかりで普段目にしないので勉強になった。

このジャンプスーツに大きめなベルトでウェストラインを締め、カラフルなビジューネックレスがお気に入り。

RALPH本人が登場したときはスタンディングオベーションが起きた。

オフィシャルフォトより拝借

オフィシャルフォトより拝借

MARC JACOBS

新生MARC JACOBSになってますます今後が楽しみなブランド。

会場には巨大なピンクドールハウスが建てられフォトジェニックポイントを抑えている。

コレクションはオーバーサイズなシルエットに大きなベルトでウェストを締めるルックが多かった。

これを見ると2015SSはトムボーイルックが流行るのかも?

オフィシャルフォトより拝借

オフィシャルフォトより拝借

以上、ニューヨークファッションウィークの感想でした。

ネイビー、メタリックカーキ、シャンパンゴールドが2015SSの流行カラーになるかもしれない。

ランジェリーパジャマルックを着る人たちが街でちらほら見かけられるかも。

instagram:@ootdmagazine

instagram:@ootdmagazine

最後の写真はAimee Songを歩いていたときに@ootdmagazineに写真を撮られた。

ストリートスナップ嫌いな俺だが、こういう角度もあるのかと妙に納得させられた。

反応もとてもよかったのでとりあえず@ootdmagazineさん、サンキュー!

俺はファッションブロガーでも、ファッションジャーナリストでもなんでもなく、ただの個人意見の独り言なのであしからず。

反対、批判、中傷は勘弁願います。

"George Inaki"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

Instagram:@georgeofgrand

Tumblr:@georgeofgrand

Pinterest:@georgeofgrand