シャネル客船「LA PAUSA(ラ パウザ)」号が、パリのグラン・パレに現れた!

5月3日、春だというのに、風が冷たく、涼しいパリにやって来ました。

この時期にパリに来るのは初めて。ファッションウィークではないパリは、少しおとなしい印象。

それにもかかわらず、パリのランドマークであるカンボン通りのシャネル本店は、買い物欲に燃える顧客たちでごった返していた。

 

今回のパリの目的はそう、CHANEL CRUISEショーを見るため!このためだけにNYから飛んできた。

 会場の入り口

会場の入り口

 

CHANELのショーを初めて観たのは2012年9月で、あの時は24歳だった。

ショー会場であるグラン・パレをアートギャラリーに見立て、カラフルで心の底から楽しいコレクションで、光り輝くファッションウィークの始まりが、今も記憶に焼き付いている。

 

CHANELのショーを観て、「ファッションの業界で挑戦してみよう」と決心したブランドだから、思い入れが人一倍強いのだ。

 

ココ・シャネルが貧しい環境から、世界一のクチュールブランドに成長させたというバックグランドに、自分の生い立ちを重ねて、勝手に親近感をわかせている。

 

自分の本、「ニューヨークが教えてくれた、『自分らしさ』の磨き方」の「真のラグジュアリーとは?」というチャプターでも書いたが、近年はラグジュアリーというワードが飽和状態となっていて、違和感を覚える。

 

80ドルのカシミア、もしくは1,000ドルのウール。どちらが高級品なのか。

売値が高ければ、それはラグジュアリーなのか?

と、自分に問いかけることが多い。

 

一方、CHANELはラグジュアリーをCHANEL流に解釈し、貫き通しているのは事実。

決してトレンドを追っているわけではなく、「スタイル」を徹底的に打ち出している。

わざとらしく「これを流行らせます」と、プロダクトを作っておらず、どちらかというと「流行ってしまった」となっているのではないか?

 

肝心の、今回観たショーについて書いていこう。

IMG_4912.JPG

 

グラスドームが特徴のグラン・パレ内に、今回作られたのは、豪華客船。

IMG_4913.JPG

カモメが鳴く音や波の音を再現し、なおかつ照明を夕方から夜の雰囲気に絶妙に合わせている。

ここが室内であることを忘れ、船が停泊する港に来てしまった錯覚に陥ってしまうほどにリアルだ。

IMG_4921.JPG

これぞ、CHANELの底力。

ショー会場に足を踏み入れた瞬間に、タイムスリップしたかのようにその世界観に魅了され、いとも簡単にブランドのパワーに魅了され、圧倒される。

船首には、「LA PAUSA(ラ パウザ)」号と、その名前が書かれていて、これから来る航海や旅のワクワクと、ショーへの期待が重なった。

 

セーラーなど、クルーズコレクションにふさわしいストライプスに、リラックスしたシルエット。CCマークの赤が胸元に映える。

 CHANEL.COMより

CHANEL.COMより

 

サマーツイードのベレー帽で気分は、旅立つマリン。

お約束のトムボーイなシルエットがファーストルックをきった。

 

目で見て楽しめる色彩で、浮き輪の形をしたバッグ。

ボックス型のバニティバッグが進化して登場し、カラーバリエーションもあって間違いなく人気のモデルになるでしょう。

 

一番気になったのはクラッシュドデニム。

 CHANEL.COMより

CHANEL.COMより

 CHANEL.COMより

CHANEL.COMより

クラッシュ加工をやりすぎると、下品になりがちだが、ここまでラグジュアリーに格上げしてしまうのはさすがだ。高校生のときはクラッシュデニムの全盛期なので、懐かしい眼差しでモデルが通りすがるのを見ていた。時代はこうやって巡り、クラッシュ加工ブームが再来すると確信した。

 

船の入り口の階段にはモデルたちとカール様が並び、まるで客船が出発する直前に港にいる人たちに向かってバイバイをしているかのように手を振る演出も、おしゃれで憎い。

 

ショーが終わったら、アフターパーティがあるというのだが、それがなんと、その船の中で行われるとのこと。

夢の世界とはこういうことかと思わせるに充分な、まさに異空間だった。

IMG_4961.JPG
IMG_4960.JPG
 友達でブロガーのAimee Songとショーモデル

友達でブロガーのAimee Songとショーモデル

 

真っ白なピアノに、真っ白いスーツを身にまとった長髪の男性がジャズを演奏する。

ステージにはフレンチグラマーで妖艶なディスコチューンをパフォーマンスするCorineが、この特別な一夜を盛り上げていた。

彼女の曲がすっかりと、この旅のアンセムとなりエンドレスリピートで聴いている。

IMG_4975.JPG

 

豪華客船には乗ったことがなく映画でしかみたことがないが、細部にわたり忠実に再現しているのがわかる。

ジャグジーに見立てられていたり、デッキがあったり。煙突から煙が出る演出もされている。

タイタニック、ギャッツビーのような派手で華やかな特別な一夜だった。

 

このご時世、ファッションだけでなく、ブランドが溢れかえっているなか、どのようにしたら競合に勝てるのかを企業は考えなければいけない。

素晴らしい商品を作ったからといって、消費者が振り向くとは限らない。

おもてなしや夢の与え方で、CHANELがなぜ世界一のブランドなのか、を改めて認識したファッションショーでした。

消費者が商品を買って、それが特別なものであれば、ステータスを感じるというのが人間の性。

それを感じさせるのがラグジュアリーであり、ハイファッション。

たかがファッション、されどファッション。

高価だからといって、諦める必要はない。憧れが人間をアンビシャスにするのだから。

せっかくだから、生きている限り自分の気分を高める経験をしていきたいなと強く思う。

 

CHANEL.COMにたくさんの写真と動画掲載されているので、気になった方はチェックするべし。

 

 

次回は7月のクチュールファッションショー。

一体どのような内容になるか、見逃すわけにはいかない。

それでは、「LA PAUSA(ラ パウザ)」号の出航だ!

ボン・ボヤージュ!

 CHANEL.COMより

CHANEL.COMより

 

ライター:稲木ジョージ(@georgerootnyc)

編集:八木橋恵

出版決定!『ニューヨークが教えてくれた 、「自分らしさ」の磨き方』

朝の清々しい、少し乾燥した冷たい風を感じながら、Tシャツの上に分厚く重たいコートを羽織り、落ち始めた葉が道を舞う音を聞いて、街を歩く。

哀愁の混じった感情が味わえるのは初秋が1年の中で一番好きな季節だ!!

9月生まれの俺は、年中常夏のフィリピンで生まれたものの、秋は、半分流れる日本人の血が騒ぎ出す。

中学、高校のころから、根拠もなしに、「30歳になったら、出版するんだ!」と周りに宣言していたのを覚えている。

2017年9月29日、俺はついに30歳になった!

そして宣言通り、今年の10月25日、宝島社より俺の本が出る。

タイトルは、『ニューヨークが教えてくれた 、「自分らしさ」の磨き方』

AMAZON告知用 copy.jpg

 

人生初の書籍は、大まかにくくると自己啓発・ビジネス本になるのかな?

30歳でどんな人生とビジネスが語れる⁉と思われる方は、回答を探しに、「読書の秋」キャンペーンの一環だと思って読んでみてねん。

 

マニラ生まれ、愛知県育ち。大学卒業後の4年間は東京で仕事し、いまはニューヨークに住んでいるという異色なバックグラウンド。

ローカル感溢れる地方で普通に育った俺が、ニューヨークに住み、多国籍な環境で働く中、俺なり見て感じたニューヨーカーの生き方、考え方、働き方を「グローバルに生きる」という観点から伝えた、コンテンツ満載の一冊になりました!

どうやったらグローバル思考を養えるかを等身大の言葉でつづった内容にもなっており、どのようにして俺がその道を歩いているか、自叙伝的な部分があって、二度(⁉)おいしいよ。w

まだまだ短い人生だけど、自分が経験した、そして自分の目で見て感じたことをひたすら書いたのだ。

 

具体的にどのようなことを書いたかというと、ネタばらし寸前でまとめてみたよ。

・    俺は、色としてのグレーは好きだが、ビジネスにグレーはない

・    SNSの記録に残すためだけでなく本当の感動を味わおう

・    Live your life and moment, 人生を思うままに羽ばたき一瞬一瞬を生きる

・    SNSで有名になるをライフゴールにしてはいけない

・    チャンスはほぼ毎日と言っても過言ではないレベルで全員に訪れているはず

・    アメリカは実力主義ではなく、コネ社会⁉

・    ニューヨークで成功できなかったからと言って、挫折ではない...

・    幸せとは、取り残される恐れへの代用品ではないし、いいね!の数が幸せ指数ではない

・    ニューヨークは人で溢れているのに、孤独

などなど、ニューヨークが教えてくれた、俺がいま率直に伝えたいことが詰まりまくった内容になってるよ。

 

なぜこの本を書いたのか、そしてなぜ30歳という区切りで出版したいと思ったのかは、本に書いたので読んでからのお楽しみということで。

 

2014年でニューヨークへ移住して、仕事がまったく見つからず、無給インターンしたエピソードは生々しく書いた。

それだけではなく、9歳でフィリピンから日本へ移住した際に、いじめに遭い、どのようにして乗り越えたか、などなども記されています!

いまでこそファッション業界にいて起業もしているが、ファッションもしくはビジネススクールに通ったわけではない。

高学歴で、インターナショナルスクールに通ったわけでもない。

176ページの一冊を、出版のプロたちの手を借りて、自分の言葉・意思を伝えるために書き下ろし、約1年間温めたこの企画でじっくり書いては編集してを繰り返し、丸4カ月を執筆に充てた。

過去を振り返るのが何よりも苦手な自分が、これまでを振り返って、そしてこれからどのように進みたいかを「記録」のようなかたちで残した。書き終えてみるととにかく気分がすっきりして、よりクリアーなマインドになった。


「記録」ということで、過去をさかのぼっていき、このようにジョージ少年時代の写真も入っています。

 真ん中のピースした、まん丸顔が俺です…。w

真ん中のピースした、まん丸顔が俺です…。w

 ニューヨークのSOHO、自宅付近で撮り下ろした写真もあります!(太った写真から成長した振り幅も表現されています。w)photos by 瀬尾宏幸

ニューヨークのSOHO、自宅付近で撮り下ろした写真もあります!(太った写真から成長した振り幅も表現されています。w)photos by 瀬尾宏幸

 

アメリカでは、30歳の誕生日で「Dirty30」や「Big30」などの派手なパーティをする習慣がある。

知り合いには、30歳になったらパーティ、盛大にするでしょ?と言われるが、これに関しては、あまり興味がない。

20、30年経ったあと、過去をまた振り返る機会があったとしたら、豪華なパーティをしたはいいけど、知らない酔っ払った赤の他人が自分の誕生日を祝ってくれても虚しいことに感じられてしまうような気がするのは俺だけ?w

だから、俺にとって、この本がBig30の代わりかな!

自分のやったことが誇りに思えるように、時間を過ごしたい。
 

見出しだけをちら見せすると、こんな感じです。

Screen Shot 2017-09-27 at 10.01.05.png

同時に、アマゾン先行予約も始まっているので、Amazonって下の文字をクリックしてみてね!

こちら→ Amazon

「同情するなら金をくれ」というドラマでの名セリフがあるが、それならぬ「応援してくれているなら、予約ボタンをポチっとクリックしてくれ」。

何度読み返しても飽きさせない内容にしているので、興味を持ってくれた人はぜひチェックよろしく。

 

これまでの自分を支えてくれたすべての人たちに感謝して、恩返しする1年にできたらな、と思います。

初心に戻って、また新たに気合い入れます。

 

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター:川上千尋

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media: @GeorgeRootNYC

 

 

 

#Withエアアジア

 絶賛出張中。

いろんな人たちから、LAに住んでるのでしょ?

と、言われますが。いいえ。違います。

NY在住のはず(?)です。。。。。w

もうかれこれ2ヶ月間NYにいないから、もはやヤドカリ生活だし、少しNYが恋しいです。

 

しかし、朗報があります!

この度は、航空会社のエアアジアとお仕事をさせていただくことになりました!(パチパチ)

仕事をさせていただくと言うと、アバウトすぎるので、簡単にいいますと

エアアジアの認識度アップ!#ThatAirAsiaLife そしてエアアジアを通じて、日本以外のアジアの国を旅行しよう!ということを伝えられたらなと思います。

IMG_6687.JPG

 まず、エアアジアについて、どんな航空会社かというと。

アジア最大級のLCCエアライン。アジア・オーストラリアを中心に24カ国100以上の都市に就航しています。わずか2機の飛行機でスタートした事業だったけど、就航から15年が経った今では200機以上の機体を保有し、3.3億人を超えるお客様にご利用頂くまでに成長。「航空業界のオスカー」とも言われる、イギリスの格付け機関スカイトラック社による「ワールド・エアライン・アワード」にて、8年連続ワールド・ベスト・ローコスト・エアラインを受賞しています。

 

大人気で憧れのデスティネーションとなっているモルジブにも飛んでいるそう。

まだ行ったことのない地なので、絶対行きてーー 

IMG_6684.JPG
IMG_6685.JPG

 フィリピンで9歳まで育った自分からしたら、この仕事は本当に嬉しいチャンス!

正直なところをいうと、フィリピンは発展途上国なイメージで、幼い頃から、フィリピンのハーフというと残念ながらそんなにいい印象を持たれなかったということを経験をしているから、イメージをがらっと変えたいな!

自分でいうのもやばいけど、これほどぴったりな仕事はない!!!!って思うw

 

東南アジアは、世界トップレベルの先進国である日本と比べたらそりゃもちろん発展途上国ではあるが、素晴らしいところもたくさんある。

ヨーロッパやアメリカに憧れを持ちがちだと思うから、僕を通じてアジアの素敵なところも伝えられたらいいなと。

何よりも、アジアは日本から近いからちょっとしたホリデイにさくっといけるからいいよね。

 

そしてなによりもアジアは物価が安いから、エアアジアに乗って、航空券予算を削減し、現地で贅沢な旅ができるのもかなりのメリットだと思うんだ。

 

僕がエアアジアを気に入っている点は価格はもちろんのこと、スローガンがかなりかっこいいんだ。

「Now Everyone Can Fly 」直訳すると、「これでみんなが飛んでいける」という意味。

航空券が高くて飛行機に今まで乗れなかった人も、離れた家族や遠距離恋愛している恋人にすぐに会いに行けるように、飛行機に乗ってその先の旅の経験を通して人生を豊かにできるように、という想いが込められているそう。

自分が学生の時は、学費を稼ぐのに必死だったから海外なんていけなかったからこういうのは特に学生にいいなと思う。

パスポートを持ってない人たちもいるようなので、日本以外の国に行っていろんな経験をしてほしいな。日本を出ることで、いままで気づかなかった日本の素晴らしさを再発見できるよ。

 

エアアジアはいまちょうど、冬休み先取りセールをやっているよう。

東京・成田→バンコク行きの片道チケットがなんと13,000 円から予約ができる!

エアアジアの本拠地、マレーシア・クアラルンプール行きの片道チケットもいまなら13,900 円から買えるってさ。

ほぼ毎週セールをやっていて、3ヶ月に一度のBIGセールもある。

この安さ、尋常じゃないよね!

 

なんでそんなに安いのか?簡単にいうと、価格を下げるために、色々な施策をしていて、フルサービスキャリアのように、デフォルトで色々なものを入れてないのが特徴。機内食、ドリンク、座席指定、預け手荷物重量超過は有料。これはお客様の好みに応じてカスタマイズできるオプションを提供しているからなのだ。なので、ミニマムの予算で抑えたいなら枕、ブランケット、飲食は持参がいいかもね!機内は寒いから風邪をひかないように!

長距離便にはビジネスクラス(フルフラットベッドシート)もあるみたいで、深夜便も快適に飛べるね!飛行中に爆睡して、起きたら到着!そしてすぐ遊びにいけるとこが魅力。

IMG_6686.JPG

 予約からチェックインまで、モバイルアプリが便利みたいだから早速ダウンロードして、みてみて!

AirAsia Mobile App をクリック!

  早速、マレーシアとタイにいってきます!  この2つのデスティネーションには行ったことがないから、#Withエアアジア で新しい発見を見つけるのが楽しみ!  インスタ、インスタストーリー、FB、ツイッターそしてスナチャに発信するからこの旅を俺のSNSで追ってね。  アカウント名は全てGeorge Inakiで検索できるよー!  お気に入りファッション、旅のコツ、そして旅の必需品もちょくちょく紹介するねん!        エアアジアのSNSをフォローしてお得情報や、僕がこの旅で撮った写真を見ることができるよ!     Facebook: @airasiajapan           Instagram: @airasiajp        Twitter: @airasiajp        旅を終えたあと、マレーシアとタイレポートの記事も自分のウェブサイトに随時アップする!  ゆくゆくはジョージ修学旅行企画したいな!w   これから搭乗!  CAのみなさんに囲まれてw

 早速、マレーシアとタイにいってきます!

この2つのデスティネーションには行ったことがないから、#Withエアアジア で新しい発見を見つけるのが楽しみ!

インスタ、インスタストーリー、FB、ツイッターそしてスナチャに発信するからこの旅を俺のSNSで追ってね。

アカウント名は全てGeorge Inakiで検索できるよー!

お気に入りファッション、旅のコツ、そして旅の必需品もちょくちょく紹介するねん!

 

 

エアアジアのSNSをフォローしてお得情報や、僕がこの旅で撮った写真を見ることができるよ!

Facebook: @airasiajapan 

Instagram: @airasiajp

Twitter: @airasiajp

 

旅を終えたあと、マレーシアとタイレポートの記事も自分のウェブサイトに随時アップする!

ゆくゆくはジョージ修学旅行企画したいな!w

 これから搭乗!

CAのみなさんに囲まれてw

IMG_6835.JPG

長年の友達のりえこと遊んでくるー! 

ビジネスクラスはやはり快適! 

IMG_6831.JPG