シャネル客船「LA PAUSA(ラ パウザ)」号が、パリのグラン・パレに現れた!

5月3日、春だというのに、風が冷たく、涼しいパリにやって来ました。

この時期にパリに来るのは初めて。ファッションウィークではないパリは、少しおとなしい印象。

それにもかかわらず、パリのランドマークであるカンボン通りのシャネル本店は、買い物欲に燃える顧客たちでごった返していた。

 

今回のパリの目的はそう、CHANEL CRUISEショーを見るため!このためだけにNYから飛んできた。

 会場の入り口

会場の入り口

 

CHANELのショーを初めて観たのは2012年9月で、あの時は24歳だった。

ショー会場であるグラン・パレをアートギャラリーに見立て、カラフルで心の底から楽しいコレクションで、光り輝くファッションウィークの始まりが、今も記憶に焼き付いている。

 

CHANELのショーを観て、「ファッションの業界で挑戦してみよう」と決心したブランドだから、思い入れが人一倍強いのだ。

 

ココ・シャネルが貧しい環境から、世界一のクチュールブランドに成長させたというバックグランドに、自分の生い立ちを重ねて、勝手に親近感をわかせている。

 

自分の本、「ニューヨークが教えてくれた、『自分らしさ』の磨き方」の「真のラグジュアリーとは?」というチャプターでも書いたが、近年はラグジュアリーというワードが飽和状態となっていて、違和感を覚える。

 

80ドルのカシミア、もしくは1,000ドルのウール。どちらが高級品なのか。

売値が高ければ、それはラグジュアリーなのか?

と、自分に問いかけることが多い。

 

一方、CHANELはラグジュアリーをCHANEL流に解釈し、貫き通しているのは事実。

決してトレンドを追っているわけではなく、「スタイル」を徹底的に打ち出している。

わざとらしく「これを流行らせます」と、プロダクトを作っておらず、どちらかというと「流行ってしまった」となっているのではないか?

 

肝心の、今回観たショーについて書いていこう。

IMG_4912.JPG

 

グラスドームが特徴のグラン・パレ内に、今回作られたのは、豪華客船。

IMG_4913.JPG

カモメが鳴く音や波の音を再現し、なおかつ照明を夕方から夜の雰囲気に絶妙に合わせている。

ここが室内であることを忘れ、船が停泊する港に来てしまった錯覚に陥ってしまうほどにリアルだ。

IMG_4921.JPG

これぞ、CHANELの底力。

ショー会場に足を踏み入れた瞬間に、タイムスリップしたかのようにその世界観に魅了され、いとも簡単にブランドのパワーに魅了され、圧倒される。

船首には、「LA PAUSA(ラ パウザ)」号と、その名前が書かれていて、これから来る航海や旅のワクワクと、ショーへの期待が重なった。

 

セーラーなど、クルーズコレクションにふさわしいストライプスに、リラックスしたシルエット。CCマークの赤が胸元に映える。

 CHANEL.COMより

CHANEL.COMより

 

サマーツイードのベレー帽で気分は、旅立つマリン。

お約束のトムボーイなシルエットがファーストルックをきった。

 

目で見て楽しめる色彩で、浮き輪の形をしたバッグ。

ボックス型のバニティバッグが進化して登場し、カラーバリエーションもあって間違いなく人気のモデルになるでしょう。

 

一番気になったのはクラッシュドデニム。

 CHANEL.COMより

CHANEL.COMより

 CHANEL.COMより

CHANEL.COMより

クラッシュ加工をやりすぎると、下品になりがちだが、ここまでラグジュアリーに格上げしてしまうのはさすがだ。高校生のときはクラッシュデニムの全盛期なので、懐かしい眼差しでモデルが通りすがるのを見ていた。時代はこうやって巡り、クラッシュ加工ブームが再来すると確信した。

 

船の入り口の階段にはモデルたちとカール様が並び、まるで客船が出発する直前に港にいる人たちに向かってバイバイをしているかのように手を振る演出も、おしゃれで憎い。

 

ショーが終わったら、アフターパーティがあるというのだが、それがなんと、その船の中で行われるとのこと。

夢の世界とはこういうことかと思わせるに充分な、まさに異空間だった。

IMG_4961.JPG
IMG_4960.JPG
 友達でブロガーのAimee Songとショーモデル

友達でブロガーのAimee Songとショーモデル

 

真っ白なピアノに、真っ白いスーツを身にまとった長髪の男性がジャズを演奏する。

ステージにはフレンチグラマーで妖艶なディスコチューンをパフォーマンスするCorineが、この特別な一夜を盛り上げていた。

彼女の曲がすっかりと、この旅のアンセムとなりエンドレスリピートで聴いている。

IMG_4975.JPG

 

豪華客船には乗ったことがなく映画でしかみたことがないが、細部にわたり忠実に再現しているのがわかる。

ジャグジーに見立てられていたり、デッキがあったり。煙突から煙が出る演出もされている。

タイタニック、ギャッツビーのような派手で華やかな特別な一夜だった。

 

このご時世、ファッションだけでなく、ブランドが溢れかえっているなか、どのようにしたら競合に勝てるのかを企業は考えなければいけない。

素晴らしい商品を作ったからといって、消費者が振り向くとは限らない。

おもてなしや夢の与え方で、CHANELがなぜ世界一のブランドなのか、を改めて認識したファッションショーでした。

消費者が商品を買って、それが特別なものであれば、ステータスを感じるというのが人間の性。

それを感じさせるのがラグジュアリーであり、ハイファッション。

たかがファッション、されどファッション。

高価だからといって、諦める必要はない。憧れが人間をアンビシャスにするのだから。

せっかくだから、生きている限り自分の気分を高める経験をしていきたいなと強く思う。

 

CHANEL.COMにたくさんの写真と動画掲載されているので、気になった方はチェックするべし。

 

 

次回は7月のクチュールファッションショー。

一体どのような内容になるか、見逃すわけにはいかない。

それでは、「LA PAUSA(ラ パウザ)」号の出航だ!

ボン・ボヤージュ!

 CHANEL.COMより

CHANEL.COMより

 

ライター:稲木ジョージ(@georgerootnyc)

編集:八木橋恵

出版決定!『ニューヨークが教えてくれた 、「自分らしさ」の磨き方』

朝の清々しい、少し乾燥した冷たい風を感じながら、Tシャツの上に分厚く重たいコートを羽織り、落ち始めた葉が道を舞う音を聞いて、街を歩く。

哀愁の混じった感情が味わえるのは初秋が1年の中で一番好きな季節だ!!

9月生まれの俺は、年中常夏のフィリピンで生まれたものの、秋は、半分流れる日本人の血が騒ぎ出す。

中学、高校のころから、根拠もなしに、「30歳になったら、出版するんだ!」と周りに宣言していたのを覚えている。

2017年9月29日、俺はついに30歳になった!

そして宣言通り、今年の10月25日、宝島社より俺の本が出る。

タイトルは、『ニューヨークが教えてくれた 、「自分らしさ」の磨き方』

AMAZON告知用 copy.jpg

 

人生初の書籍は、大まかにくくると自己啓発・ビジネス本になるのかな?

30歳でどんな人生とビジネスが語れる⁉と思われる方は、回答を探しに、「読書の秋」キャンペーンの一環だと思って読んでみてねん。

 

マニラ生まれ、愛知県育ち。大学卒業後の4年間は東京で仕事し、いまはニューヨークに住んでいるという異色なバックグラウンド。

ローカル感溢れる地方で普通に育った俺が、ニューヨークに住み、多国籍な環境で働く中、俺なり見て感じたニューヨーカーの生き方、考え方、働き方を「グローバルに生きる」という観点から伝えた、コンテンツ満載の一冊になりました!

どうやったらグローバル思考を養えるかを等身大の言葉でつづった内容にもなっており、どのようにして俺がその道を歩いているか、自叙伝的な部分があって、二度(⁉)おいしいよ。w

まだまだ短い人生だけど、自分が経験した、そして自分の目で見て感じたことをひたすら書いたのだ。

 

具体的にどのようなことを書いたかというと、ネタばらし寸前でまとめてみたよ。

・    俺は、色としてのグレーは好きだが、ビジネスにグレーはない

・    SNSの記録に残すためだけでなく本当の感動を味わおう

・    Live your life and moment, 人生を思うままに羽ばたき一瞬一瞬を生きる

・    SNSで有名になるをライフゴールにしてはいけない

・    チャンスはほぼ毎日と言っても過言ではないレベルで全員に訪れているはず

・    アメリカは実力主義ではなく、コネ社会⁉

・    ニューヨークで成功できなかったからと言って、挫折ではない...

・    幸せとは、取り残される恐れへの代用品ではないし、いいね!の数が幸せ指数ではない

・    ニューヨークは人で溢れているのに、孤独

などなど、ニューヨークが教えてくれた、俺がいま率直に伝えたいことが詰まりまくった内容になってるよ。

 

なぜこの本を書いたのか、そしてなぜ30歳という区切りで出版したいと思ったのかは、本に書いたので読んでからのお楽しみということで。

 

2014年でニューヨークへ移住して、仕事がまったく見つからず、無給インターンしたエピソードは生々しく書いた。

それだけではなく、9歳でフィリピンから日本へ移住した際に、いじめに遭い、どのようにして乗り越えたか、などなども記されています!

いまでこそファッション業界にいて起業もしているが、ファッションもしくはビジネススクールに通ったわけではない。

高学歴で、インターナショナルスクールに通ったわけでもない。

176ページの一冊を、出版のプロたちの手を借りて、自分の言葉・意思を伝えるために書き下ろし、約1年間温めたこの企画でじっくり書いては編集してを繰り返し、丸4カ月を執筆に充てた。

過去を振り返るのが何よりも苦手な自分が、これまでを振り返って、そしてこれからどのように進みたいかを「記録」のようなかたちで残した。書き終えてみるととにかく気分がすっきりして、よりクリアーなマインドになった。


「記録」ということで、過去をさかのぼっていき、このようにジョージ少年時代の写真も入っています。

 真ん中のピースした、まん丸顔が俺です…。w

真ん中のピースした、まん丸顔が俺です…。w

 ニューヨークのSOHO、自宅付近で撮り下ろした写真もあります!(太った写真から成長した振り幅も表現されています。w)photos by 瀬尾宏幸

ニューヨークのSOHO、自宅付近で撮り下ろした写真もあります!(太った写真から成長した振り幅も表現されています。w)photos by 瀬尾宏幸

 

アメリカでは、30歳の誕生日で「Dirty30」や「Big30」などの派手なパーティをする習慣がある。

知り合いには、30歳になったらパーティ、盛大にするでしょ?と言われるが、これに関しては、あまり興味がない。

20、30年経ったあと、過去をまた振り返る機会があったとしたら、豪華なパーティをしたはいいけど、知らない酔っ払った赤の他人が自分の誕生日を祝ってくれても虚しいことに感じられてしまうような気がするのは俺だけ?w

だから、俺にとって、この本がBig30の代わりかな!

自分のやったことが誇りに思えるように、時間を過ごしたい。
 

見出しだけをちら見せすると、こんな感じです。

Screen Shot 2017-09-27 at 10.01.05.png

同時に、アマゾン先行予約も始まっているので、Amazonって下の文字をクリックしてみてね!

こちら→ Amazon

「同情するなら金をくれ」というドラマでの名セリフがあるが、それならぬ「応援してくれているなら、予約ボタンをポチっとクリックしてくれ」。

何度読み返しても飽きさせない内容にしているので、興味を持ってくれた人はぜひチェックよろしく。

 

これまでの自分を支えてくれたすべての人たちに感謝して、恩返しする1年にできたらな、と思います。

初心に戻って、また新たに気合い入れます。

 

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター:川上千尋

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media: @GeorgeRootNYC

 

 

 

デジタル施策に見る、日本のミレニアルズに起きている変化とは?

 

 

デジタルマーケティング。それはこの現代で、最も必要とされるコミュニケーションツール。

 

従来のPR方法では、ブランドや企業の声がミレニアル世代に簡単にはもう届かない時代になっていることは確実。

 

話を聞いてみると、媒体をフォローして記事を読むよりは、自分がフォローしているインフルエンサーが投稿した記事を見て、その媒体のサイトへ飛ぶことも珍しくないらしい。

要するに、これまでの“媒体発信→記事やニュース”から、“インフルエンサー発信→媒体記事→消費者”へと、読む順番が変化しているのではないか。

 

そんな過渡期にあって、その変化に気がついていても、効果的なデジタルマーケティングのハードルは年々高くなってきており、これまでは一般的だった、製品とのセルフィー画像をインスタに載せるというやり方ではもう通用しないのはあきらか。

 

そんななか、カルバン・クラインは面白いデジタル施策を行っているのだ。

 

ご存知であろう、カルバン・クラインのアンダーウェア。

コットンから伸縮性のある生地まで、素材のバリエーションが豊富で、見慣れたアイコニックなロゴ。

海外では、世界的に有名なセレブリティ、モデルが投稿していることもあり、「#mycalvins」が爆発的にヒットし、あらゆる国からこれでもか!というほど、自身の肉体自慢とともに、胸、お尻の投稿がSNS上に溢れている。

 

しかし、肌を隠す習慣のある日本には、こんな投稿は通用するのであろうか?

 

答えは限りなくゼロに等しいであろう。

 

このように、国民性と文化の違いで、カルバン・クラインのようなグローバルブランドでも、#mycalvinsのような施策が、ローカルに進出しづらいこともある。

7月に東京で同ブランド初のアンダーウェア専門店がオープンし、そのタイミングで、戦略としてグローバルハッシュタグの#mycalvinsをそのまま残し、ローカルハッシュタグの「#じつはCK」、「#みせるCK」を加えることで、一気に東京のおしゃれキッズの間で浸透しつつある。

 

最近、NYモデルエージェンシーのソサエティと契約を結び、モデル業の活躍がグローバル規模で期待される森星さんがプロジェクトを皮切り、鈴木えみさん、Beniさん、植野有砂さん、浅野啓介さんらビッグネームが次々と参加していた。

スクリーンショット 2017-08-09 午後4.10.15.png

 

7月末にはストアイベントも開催し、ハッシュタグに参加する人たちをどっと増えたようだ。

 instagram  @tsumire1224

instagram @tsumire1224

 instagram  @crazy_shizuka

instagram @crazy_shizuka

 

 

#じつはCKで、“秘密裏にさりげなくアンダーウェアを着ているんだよ”、#みせるCKで、“大胆にステートメントアイテムとして、CKアンダーウェアを着ているんだよ”、の2パターンでどちらが自分のタイプに合っているのかを一般大衆に決めさせ、参加を促進している。

 

すると、意外にも、シャイな人が多いはずの日本で、結果として#みせるCKが多く、これは驚き。


隠したがるであろうと予想していたが、わかりやすく表現しやすいうえに、ありそうでなかったハッシュタグ遊びができたことによって、「あ、下着って見せていいんだ!」と心理に変化が起き、この戦略は成功したのではないかとみている。

結果として、ハッシュタグ遊びに参加するという感覚で、意外に日本人にも、ちょっぴり恥ずかしいけど、見せたい願望があったのではないか。

 

ミレニアル世代の考え方が、古典的からどんどん大胆になってきている。

 

俺は、ほぼ毎日CKアンダーウェアを着用しているが、なかなか見せられないのがホントのところ。

腹筋が割れていれば自慢するかもしれないが、食べることが好きな俺は、

おとなしく、#じつはCKを選ぶことにするよ。

 

あなたなら、じつは、みせる、のどっちを選ぶ?

 

スターデザイナーである、ラフ・シモンズがクリエティブディレクターに着任したし、今後のカルバン・クラインから目が離せない。

 

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター : 川上千尋

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media:@georgerootnyc

 

 

 

ファッションPRにまつわる、あるある・なしなしの出来事

今年もあと残りわずか。

時間が光のような速さで過ぎていくのは、充実しているということなのでしょうか?

そういうことにしておこう。

心残りなく。それをいつも頭に入れて日々を過ごしている。

やっぱり○○をやっておけばよかったー!という後悔は絶対にしたくないからね。

失敗したこと、懺悔しなければいけないことは2016年に置いていき、来年に向けて準備を整えることが大事だ。

今回の記事は、PRのあるある/なしなしについて書きたいと思う。

 

成人して1年後ぐらいで、すぐにアメリカンアパレル・ジャパンでPRの仕事に就いた。そんなアメアパは、今年12月18日、日本から完全撤退する。2012年には、渋谷レディース店が世界一の売り上げにまで至ったのに、自分の古巣がなくなるのは複雑な気持ち。

学生時代はファッション業界で仕事したい!という気持ちなんてさらさらなく、夢もなかった。馬鹿げたことをいっていたのは、年収1千万を稼ぐくらいかなw

むしろファッション業界=デザイナーかバイヤーか販売員しかないと思っていたほど無知だった。

 

現在も、僕がするPRの仕事とは何か。

広報という日本語を充てている会社もあるけれど、それよりも英語の持つ

意味の方が的確かな。「Public Relations」。メッセージやイメージをパブリックに、最短かつ最大に届けること。

つまり、僕にとってPRするものは商品や人でもなんでもいいけど、知らない人たちのために知らせるということを通じて、人や公と関わることが非常に多いのだ。企業や社会にとって、とても大事な職種だと思っている。

パーティを企画したり、セレブリティやインフルエンサーと接したり、世間では“華やかで楽な仕事”と思われがちだが、地味な作業が8割を占めている。この“地味な作業”については、また今度ゆっくり書くとしても、若者が思うファッションというジャンルにも同じことが言えるかもしれない。

 

じゃあ、まずはあるあるから。

「誰々~友達」、「なになに知ってる~」と言いがち。

蓋開けてみると、知り合い程度とかパーティで1回会ったことがあるだけの関係が発覚し、赤っ恥をかく。

「誰々ちゃん大好き!かわいい!!!」を連発するミーハーPR。一緒に仕事をする相手を好きなことは悪いことではないが、相手はその道のプロフェッショナル。かわいいや、好きです!は、セレブリティやインフルエンサーは言われ慣れているから、うわべのコメントはすぐ見破られる。どこが好きか、なんで好きかどうか言ってあげると、言われた側はいい気分になれるからいいかもね!

俺は・私はあのイベントやってる、あのブランドをPRしている、と言って自分を誇張する人は職業柄上よくあること。それを使って、インフルエンサーやセレブリティのLINEゲットしようとしてるPRも少なくないだろう。だが、連絡しすぎちゃうと、嫌がれるので気を付けましょうね!

 

次に、ソレなしなしの例。

「〇〇様、お世話になっております。とても素敵でうちのブランドにぴったりな雰囲気を持ち合わせているので、ぜひプレゼントをさせてください」とインフルエンサーやセレブリティに連絡する。

そこまではよしとしよう。プレゼントをもらって嫌な気持ちになる人なんていないからね。

嬉しい気分のまま詳細を聞くと、「この中から好きなものを1つ、プレゼントさせてください。ただ、その代わりインスタに載せてくださいね」。

おーーーーーい。

それはおかしくないか?

雰囲気に合うから。ブランドイメージに合うから。だから、商品を使ってもらったり着てもらったりしたいのに、“必ず”インスタに載せてねというのは、ズレていると思うんだ。

 

インフルエンサーやセレブリティは、厳しい世界で仕事をしているからオトナな人が多い。PRからプレゼントをもらう=私・僕のSNSに何かしら載せてもらいたいから連絡してきたとすでに思っている。

暗黙の了解の世界なのにインスタに載せてね、というのは気持ちが冷めると思うんだ。

“差し上げますのでよかったら着てください”といえばよいことなのに。

強制的にSNSに載せてねって言ったら、それは仕事のオファーだし、その線引きをわかっていない人たちが多い気がする。

シビアな話、嫌な思いをするなら自分で買った方がマシだわ!と思うインフルエンサーやセレブリティも多いはず。

もったいないし、どちらにとっても損だよね。

 

僕にとってPRは、徹底的なおもてなしができないと務まらない仕事。おもてなしって、自分だったらどうかな?とか考えて、究極的に相手の望むことを想像することだと思う。

愛すべきPRたちの間で起きたことは、まさに「他人の振り見て、我が振り直せ」。

失敗したからと言って、めげないで!

2017年で挽回すればいいわけだから。

仕事は気持ちよくしていきたいよね。

 この写真は10月28日に表参道ヒルズにて行われた、一夜限りのシュウウエムラと村上隆氏のコラボパーティーにて。自分が今年担当した最大のイベント。おかげさまで大大大盛況で、たまたま来日してたファレルもご来場いただけました!

この写真は10月28日に表参道ヒルズにて行われた、一夜限りのシュウウエムラと村上隆氏のコラボパーティーにて。自分が今年担当した最大のイベント。おかげさまで大大大盛況で、たまたま来日してたファレルもご来場いただけました!

 

 

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター:恩地祥博

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media:@georgeinaki

Department Store

NYはすでにセールシーズン。

アメリカ人が大切にする毎年11月最後の木曜日、Thanks Giving Day、つまり感謝祭の祝日が終わった翌日はBlack Fridayといい、全米中でセールが一気に始まる。

僕はNY郊外にあるWoodburyアウトレットモールに早速行って来た。

戦利品は出来たばかりのロエベストア。

昨年欲しかったロエベのアビエータームートンジャケットが破格で売られていた。状態もかなりよく、昨年みつけたときは定価が高すぎて買えなくて諦めてよかったw

アウトレットモールは当たり外れがあるが、掘り出しものがあるから宝探し感覚で行くのが好き。

 

余談だが、セール会場に押しかけ、殴ったりしてまで商品を奪い合う動画を見たことがあるだろうか?まさに弱肉強食のセールだ。

3分54秒の7位とかひどすぎるw

 

僕は買い物が大好きだ。

アメリカのコメディ映画「お買いもの中毒な私!」って知ってる?

あれが本当に面白くて、 あれほどひどくはないが自分のことじゃないかと思ってしまうほど。

美しいものが好き。美味しいものが好き。心地いいものが好き。

そんな僕が辿り着くのは、Barneys New York。

欲しいものが何かしら、絶対に見つかる場所。

夢を与えてくれる、僕にとってのディズニーランド。

常に新作をチェックして、ああでもない、こうでもないと妄想する。

 

barneys newyork3.jpg

かつてはNYで最もラグジュアリーでステータスの高いBergdorfGoodmanにこの間行ったら、ひどい接客。

 2008年のホリデーWindow。アーティスティックなショーウィンドウを飾ることで有名。

2008年のホリデーWindow。アーティスティックなショーウィンドウを飾ることで有名。

BergdorfGoodmanを所有する親会社、Neiman Marcus Groupは今年、少なくとも売上が前年比で5.6%減。これは、過去6年間の同社内で最低の数字だとか。

NY店の改装にお金がかかったとはいえ、消費者の“デパート離れ”の流れは止まらず、各実店舗が経営に苦しむのは耳にしたことがあるだろう。若者には、デパートなんて興味もない子が増えているそう。

情報元は、こちら。

Department stores battle Manhattan by Business of Fashion.com

What's next for the American department store by Business of Fashion.com

無理もない。

忙しい現代人はお店が開いている時間に行けない人もいるし、接客をあしらうのは面倒と思う人もいるしね。

僕は接客されるのは嫌いではない方。だけど、おもてなし感のない接客はダメだ。

むすっとした態度で、足元を見るような接客をされた日にはおったまげるw

せっかく夢見心地でショッピングしているのに、それでは買い物をする気が失せてしまうよね。

こっちは嫌な気分になるし、向こうは客を逃すし、どっちにとっても損。

 

最近は、ネットショッピングがほとんど。

特に、急成長を遂げているオンラインのファッションリテイラー、Farfetch(ファーフェッチ)は常連。アンバサダーを務めているからだけではなく、サイトがユーザーフレンドリーだし、欲しいものがないかなと、常にチェックしている。

洋服、靴、ジュエリー、時計など全てが買える品揃えの多さや、グローバルブランドだが、サイトは各国の顧客のためにきちんとカスタマイズされているところがいい。

10月にドバイへ行って来たのは、世界中からアンバサダーが集まるイベントがあったのが理由。Vogue ArabiaのファッションプライズVIPディナーに出席したときは、気分があがったよ!

 Fashion Prizeガーラディナーのテーブルの写真

Fashion Prizeガーラディナーのテーブルの写真

 着席ディナーの様子 

着席ディナーの様子 

 意気投合したトルコ人のジュエリーデザイナーの @Begum ちゃん。

意気投合したトルコ人のジュエリーデザイナーの@Begumちゃん。

 世界各国のファーフェッチグローバルアンバサダーの集合写真。(ドバイ、アメリカ、イタリア、オーストラリア、中国、イギリス、香港代表など)

世界各国のファーフェッチグローバルアンバサダーの集合写真。(ドバイ、アメリカ、イタリア、オーストラリア、中国、イギリス、香港代表など)

ホリデーシーズンだから、今セールやってるよ。日本語対応してるので買い物してみて!→ www.farfetch.com/jp

 

ただ、実店舗もものすごく好きだし、この世から消えてはいけないと思っている。

素材の良し悪しを実際に見比べたり、レザーの匂いや着心地を感じたり、全てを体感しないと、本当の良さがわからないからね。

ラグジュアリーな経験を体験させるのも実店舗の仕事だから、おもてなしはマスト。

浅はかに聞こえるかもしれないが、自分のモチベーションを上げるために、

お金のなかった学生時代や社会人成り立ての頃は、直営店で買い物がしたい!という夢があって、そのためにがんばってきたようなもの。

 

ネットショッピングはとても便利。24時間いつでも買い物ができるしね。

だけど、ラグジュアリーな体験はしにくいし、商品のことで聞きたいことがあっても、その場で返答がないところも弱点。

せっかく今欲しい!!!と思っても、例えば2日後に返事が来たら、熱が冷めてしまってやっぱりいらないってなる。

これは、消費者からしたらお金がかからなくて済むからラッキーだけど、お店側からしたら売上を逃して損になる。

 

 

これからの時代は、こういった体験の定義や価値、消費者の心情や需要も刻々と変化するとともに、もっと競争が激化していくであろう。

実店舗は、ブランドやブティックの世界観をさらに演出し、よりおもてなしのサービスを向上させなければいけない。

お客様を特別な気持ちにさせなければいけない。絶対、不快にさせてはいけない。

 

一方、ネットショッピングは、よりタイムリーにスピーディーに、商品とカスタマーサービスをお客様の元へ届けなければいけない。

誰もが買い物できるよう、なるべく簡単な仕組みにしなければならない。

 

今後も、ネットでショッピングしつつ、デパートへ行って自分の目で見ると思う。

若者がデパートやラグジュアリーブランドへの憧れから遠のいていると言われる世の中だが、今は買えなくても、今後買えなくても、クオリティに対する憧れだけは持って欲しい。

良い素材とそうではない素材に、自分の手で触れて、自分の目で見比べたら絶対違いがわかるから。

社会勉強の一貫だと思って、ラグジュアリーブランドの直営店や、実店舗が存在する価値を提供してくれる伊勢丹に足を運んでみよう!

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター:恩地祥博

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media:@georgeinaki