Aesthetic

気がづけば、相当記事を書いていない。

ログインパスワードを忘れてしまったほど、久しく書いていない。

気がづけば、もう5月。

おかげさまでなにかと順調でありがたい。

関係者の皆様、お世話になっております。

毎度ありがとうございます!

毎月のように飛行機に乗って、長距離を旅している。

むしろNY在住のはずなのに、NYにあまりいないことが多い。

一つの街に留まらなくても、仕事ができていることに感謝をせねば。

アップステートのウィークエンドハウスからの景色。 

アップステートのウィークエンドハウスからの景色。 

そしてインスタも気がづくと、更新率低め。

むしろインスタ依存にならないように、あまり見ないように心掛けてるんだ。

 

スナップチャットは下らないのをアップしているけどね。

インスタとスナチャの使い方を分けるようにしているんだ。

インスタは、自分が発信したいこと、スナチャはもっとリアルていうかもっとフォロワーと近い距離になるかも。

なのでインスタとスナチャをまだフォローしていただいていない人、両方@georgeinakiで検索できるのでフォローよろしく!

image.jpg
image.jpg
image.jpg

 

スナチャで自分のスタイリングを載せることが最近多い。

image.jpg

とあるフォロワーの方に言われたコメントで、

「どうして高いブランドの物ばっかり着てるの?」と、コメントをもらった。

だって着たいんだもん!w

お手ごろブランドも着てるんだけどなー。

COSとかよく着るし。

そういう捉え方の人もいるんだなと思って、新発見。

せっかくの機会だし、そのコメントについて少し深く考えてみた。

 

安いスタイリングだから何がいけないの!?という人、

高いスタイリングだから何がいけないの!?という人。

意見が別れると思うんだ。

どちらも正解も不正解もないと思うの。

これはただ単に、美学と意識の違いではないかと思うのだ。

 

例えばとあるブランドのコートが100万円だとする。

100万円を超えるなんてありえない!!

原価はそんなにかかるはずがない!と思うはず。

その通り!そんなにかかるはずがない!w

 

じゃあなんで100万円するの?

それはネームバリューがあるから。(自分のネームバリューも上げないとなーw)

つまりその100万円のコートを、原価+夢で買っているということになるのだ。

それがブランドネーム。

 

一方、安いブランドは夢がないということか?

となるけど、これもまたあなた自身の美学で判断すればいいこと。

 

俺はどちらかというと、夢を買いたいな!

ただ一つ、◯◯のブランドを着てるから安心。

そんな自分がかっこいい!とは、決して思わないこと。

You gotta own it!

せっかく人間に生まれたわけだし、夢をみなきゃ損じゃない?

 

ということで、ブランドのみなさまは引き続き夢を売らなければならないので、

サービスとブランディングを常に向上していきましょー!

夢をみさせてくれるベルサイユ宮殿で撮った一枚。行くべし。 

夢をみさせてくれるベルサイユ宮殿で撮った一枚。行くべし。