Bullying

ネットサーフィンしていたら、たまたま発見したこの動画をみてみて!

最初から注意しておくが、実はこれは本物のいじめ場面ではないのでご安心を。

内容としては、バスを待つ女の子二人が、か弱そうな女の子をいじめるという設定で、周りの人たちがどんな反応をするかを社会実験した動画。

すると、うるっとくるほど周りの大人たちがいじめられている女の子を救おうとしてなおかつ、いじめっ子に怒っているではないか。

悲しいことに、世界各国どこにでもいじめはある。

前にもこのウェブサイトで記事を書いたが、俺もいじめ経験の一人。

フィリピンから日本に移住したのが小学校4年生のとき。

日本語もわからないまま、一般公立小学校に転校した。

自分で習え!というのが親の教えだった。

まるで泳げない赤ちゃんをプールに放り投げて、自力で泳ぎ方を習えと言っているようだった。

厳しく聞こえるけど、そのやり方は嫌いではないかも。

いじめの理由は、言葉がわからなかったのはもちろん、あとは太っていたからだ。

当時の写真はこちら。

ファービーを持って嬉しそうにしているのがわかるね。

そもそもファービーとかやばすぎ。時代感じる。

おそらく小学校4、5年生のときかな?

写真がぶれてて逆に良かった。

詳細が見えづらいからね。

今ではこんな感じ。

いいえ、ふざけました。

今ではこんな感じ。

だいぶかっこつけた写真。

自分でも痛いと思うけど、ビフォーアフター見せたかったから許して。

昔と違いすぎると思うが、ちなみにいじっていません。

自然に成長した結果こんな感じになりました。

話しは逸れたが、当時は学校に行くのが本当に嫌だった。

泣いてた。わーわー。

泣くと余計お父さんに怒られ、またわーわー泣く。

国へ帰れ、デブ!とかクラスメイトに言われてた気がする。

デブだったのは、毎日吉野家の牛丼を特盛りと並盛りを同時に食っていたからだったと思う。

そして当時から、自分の国はどこ?と疑問に思っていた。

だって、フィリピン行くと日本人扱いされるし、

日本行くと、外人扱い。

むしろ自分の国はどこだっていい。

幼いながらも、自分は変わっているなーと思ってた。

群らがらないし、やっぱり人と考え方が全く違っていた。

みんなが学校つまんなーーーい。とか言っているのを聞いていて、

とても嫌だった。

つまらないなら、楽しいことを探せ!という考え方だったからだ。

でも、あのいじめ体験があったからこそ、今があるのは確実。

何事も経験で、結果オーライにすればいい。

不幸中の幸いなことに俺のいじめ体験は暴力とかはなく、言葉の暴力だった。

最近、大問題になっているサイバーいじめ。

これ、よくないよ。

Twitterや2ちゃんねるで悪口いうのはよくないよ。

だいたい悪口をいう人は、プライベートアカウントにしてたり、非公開にしている人が多い気がする。

これ、卑怯だよ。

どんなに強い人でも、ひどいこと言われたら傷つくよ。

ネットの文字だからと言って、決して軽いものではないからね。

今では大活躍している友達の多くは、学生時代にいじめられた経験がある人が多いと最近気がついた。

そんな経験があるからこそ、自分に厳しく、人に優しくて心に余裕があるのかな。

だいたいいじめっ子は群らがらないと何も言えないし、大人になるとだいたいイケてない人が多いから安心して。

最後に、もう一回言う。

いじめはよくない。

見つけたら、助けよう。

"George Inaki"

www.georgeinaki.com

@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

@georgeofgrand