CHARMER

気づけば2月も、もうすぐ終わり。

どうなってるんですか、早すぎます。

ウェブサイトを放置していたにも関わらず、たくさんの方々が訪れてくれてありがとう。

大変お待たせ致しました。

俺はブロガーでも、媒体でもないからやっぱり薄っぺらい記事はどうしても書きたくないんだ。

量よりも質という考え方だから、PV数を稼ぐためにむやみやたら投稿したくない。

自分がいいっ!と思った物や自分が感じたことを発信したいからね。

話しは変わり、NYファッソンウィークもようやく終わり。

極寒と雪の中、世界中からこの期間のためにNYへ来る人たちが数えられない程いて、やっぱりすごい都市だなと実感。

お仕事で来られた方、お疲れ様でした。

そして有砂も自分のブランドのショーのためにNYへ来た。

残念ながら、他の用事があってショーを見ることができなかったけど、バックステージとFig&Viper x HARDWARE LDNのパーティは行ってきた。

やっぱりかわいい子が好き。

だけど、ただのかわいい子はいらない。

筋が通っていて、言葉で表せない”何か”を持ってないと面白くない。

これからもひょいひょいと成長して欲しいね。

本記事の主役はNYFW参加ブランドでも、有砂でもない。

今回のヒロインは、19歳の神戸在住”無名女子大学生”である西側愛弓さん。(instagram:@ayupooonn)

彼女との出会いは、昨年11月に東京へ出張へ行った際に、突然連絡が来て自分が製作する年一回発行のストリートスナップ誌のために取材したいのでお会いしたい!と言われ、東京の某コーヒーショップでおしゃべりしたが始まり。

ハキハキした性格に、強い眼差しを持った女の子。

俺を取材したいなんて物好きでコアだなぁという印象。

日本の雑誌で俺のスタイルに合った媒体が少ないし、ストリートスナップを頼まれても断ることが多いが、彼女の熱意に胸を打たれ、今回の取材を承諾をした。

彼女が取り組んでいる雑誌は、今流行りのクラウドファウンディングを通して資金を集め、募金してくれた方々へ出来上がった雑誌を贈るという主旨とのこと。

これが彼女が実際に投稿をしたリンク。

camp-fire.jp/projects/view/1473

トップページのスクリーンショット。

トップページのスクリーンショット。

たった一人で、204,900円を集め、90人ものサポートを獲得した。

自分の利益なしで、純粋にこの雑誌作りのために資金が当てられるとのこと。

これが雑誌の表紙。

取材内容は俺のこれまでの経験について語った内容となっている。

恥ずかしいので、あえてブレた写真w

恥ずかしいので、あえてブレた写真w

そして以下が彼女のページからの抜粋。

「私は日頃大学に通いながらスポーツジムでアルバイトをしています。そして大学が長期休暇に入るとアルバイトで貯めたお金を握りしめ、大阪と東京を始め、 NY、モロッコ、スペイン、フランス、ベルギー、イギリスへ旅をしながら、その地その地のストリートファッションを撮影してきました。」

「今まで特にやりたいこともなく、趣味も特技もないそんな学生でした。そんな何もない自分が、日々繰り返される同じ毎日に退屈を感じてしまった高校時代からふと描いてみた夢。
昔から”ファッション”が好きだった私はこの分野で何かに挑戦してみることを決めたのがきっかけでした。そして大学生になりこのプロジェクトの企画を始めて、2014年の1月に小さな一眼レフと共にNYへの一人旅が始まりました。」

肝心な雑誌のクリエイティビティやディレクションについては、大きく改善しなければならないけれど、一番大事なのは、毎日送っている退屈な時間を変えたいという思い。

毎日つまらないから、楽しいことを考えて見つけるという行動力。

楽しいことが訪れるのを待つのではなく、自分から楽しいことを創るという原動力。

自分と少し似ている部分だなと感心。

そして、タイトルに書かれているように自分の肩書きを「無名女子大学生」と書いたところも、自分の立場をしっかり理解し、勘違いしていないところが本当に素晴らしい。

自分が学生の頃に、たくさん旅行すればよかったなと後悔しているけど、当時は学費を稼ぐために必死にバイトをしていたから、彼女を羨ましくとも思っている。

なによりも今この時代に、こういう女の子がいることを知って、嬉しいなとも思っている。

大学を卒業して、彼女は今後なにをするかはわからないけれど、これまでに経験したことを糧にして成功して欲しい。

久々に日本人の若い子から刺激を得た、出会いでした。

ごちそうさまです。

最後の写真はマイケル・コースのショー後にAimeeと、ビッチ顔ボディガード風にパパラッチされた時の写真で締めたいと思います。

picture by @shamphel

picture by @shamphel

ドア開けた瞬間にあれだけのフラッシュ浴びたのは人生で初めて。

ふむふむ、これが世界トップブロガーの人生か。

勉強になりました。

 

"George Inaki"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

Instagram:@georgeofgrand

Tumblr:@georgeofgrand

Pinterest:@georgeofgrand