デジタル施策に見る、日本のミレニアルズに起きている変化とは?

 

 

デジタルマーケティング。それはこの現代で、最も必要とされるコミュニケーションツール。

 

従来のPR方法では、ブランドや企業の声がミレニアル世代に簡単にはもう届かない時代になっていることは確実。

 

話を聞いてみると、媒体をフォローして記事を読むよりは、自分がフォローしているインフルエンサーが投稿した記事を見て、その媒体のサイトへ飛ぶことも珍しくないらしい。

要するに、これまでの“媒体発信→記事やニュース”から、“インフルエンサー発信→媒体記事→消費者”へと、読む順番が変化しているのではないか。

 

そんな過渡期にあって、その変化に気がついていても、効果的なデジタルマーケティングのハードルは年々高くなってきており、これまでは一般的だった、製品とのセルフィー画像をインスタに載せるというやり方ではもう通用しないのはあきらか。

 

そんななか、カルバン・クラインは面白いデジタル施策を行っているのだ。

 

ご存知であろう、カルバン・クラインのアンダーウェア。

コットンから伸縮性のある生地まで、素材のバリエーションが豊富で、見慣れたアイコニックなロゴ。

海外では、世界的に有名なセレブリティ、モデルが投稿していることもあり、「#mycalvins」が爆発的にヒットし、あらゆる国からこれでもか!というほど、自身の肉体自慢とともに、胸、お尻の投稿がSNS上に溢れている。

 

しかし、肌を隠す習慣のある日本には、こんな投稿は通用するのであろうか?

 

答えは限りなくゼロに等しいであろう。

 

このように、国民性と文化の違いで、カルバン・クラインのようなグローバルブランドでも、#mycalvinsのような施策が、ローカルに進出しづらいこともある。

7月に東京で同ブランド初のアンダーウェア専門店がオープンし、そのタイミングで、戦略としてグローバルハッシュタグの#mycalvinsをそのまま残し、ローカルハッシュタグの「#じつはCK」、「#みせるCK」を加えることで、一気に東京のおしゃれキッズの間で浸透しつつある。

 

最近、NYモデルエージェンシーのソサエティと契約を結び、モデル業の活躍がグローバル規模で期待される森星さんがプロジェクトを皮切り、鈴木えみさん、Beniさん、植野有砂さん、浅野啓介さんらビッグネームが次々と参加していた。

スクリーンショット 2017-08-09 午後4.10.15.png

 

7月末にはストアイベントも開催し、ハッシュタグに参加する人たちをどっと増えたようだ。

instagram @tsumire1224

instagram @tsumire1224

instagram @crazy_shizuka

instagram @crazy_shizuka

 

 

#じつはCKで、“秘密裏にさりげなくアンダーウェアを着ているんだよ”、#みせるCKで、“大胆にステートメントアイテムとして、CKアンダーウェアを着ているんだよ”、の2パターンでどちらが自分のタイプに合っているのかを一般大衆に決めさせ、参加を促進している。

 

すると、意外にも、シャイな人が多いはずの日本で、結果として#みせるCKが多く、これは驚き。


隠したがるであろうと予想していたが、わかりやすく表現しやすいうえに、ありそうでなかったハッシュタグ遊びができたことによって、「あ、下着って見せていいんだ!」と心理に変化が起き、この戦略は成功したのではないかとみている。

結果として、ハッシュタグ遊びに参加するという感覚で、意外に日本人にも、ちょっぴり恥ずかしいけど、見せたい願望があったのではないか。

 

ミレニアル世代の考え方が、古典的からどんどん大胆になってきている。

 

俺は、ほぼ毎日CKアンダーウェアを着用しているが、なかなか見せられないのがホントのところ。

腹筋が割れていれば自慢するかもしれないが、食べることが好きな俺は、

おとなしく、#じつはCKを選ぶことにするよ。

 

あなたなら、じつは、みせる、のどっちを選ぶ?

 

スターデザイナーである、ラフ・シモンズがクリエティブディレクターに着任したし、今後のカルバン・クラインから目が離せない。

 

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター : 川上千尋

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media:@georgerootnyc