Language and humors

「お疲れさまです」という単語は英語にはない。

逆に"oh my god"というフレーズは日本語に訳せない。

訳してせいぜい「オーマイガー」かな?w

言語って、本当に面白いと思う。

その人の性格、生い立ちが分かる気がするんだ。

俺はフィリピン生まれで9歳までマニラにいたから、第一言語がタガログ語で第二言語が英語だった。

日本に移住した後、一から日本語を学んだから少しアクセントがあったりたまにおかしくなるんだ。

幼少時代からバイリンガルの環境に育っているから自然と通訳をする機会が多い。

お母さんとお父さんが理解できない時はよく間に入って通訳をしていたなw

そんな自分の生い立ちと言語に興味があったから、大学は言語学を専攻にしていた。

8歳までに学んだ言語はネイティブ並にマスターできるけど、それより後に習得した言語はどうしてもアクセントがあったりして完璧にはなりにくいらしい。

もちろん例外の人もたくさんいるはず。

9歳から22歳までは第一言語日本語、第二言語英語、第三言語タガログ語に変わった。

そして今は英語→日本語→タガログ語の順かな?

生活している環境によってコロコロ変わるから面白いよね。

でもいまさらになって、やっぱり通訳って難しい仕事だなと思う。

自分は分かっていても、分からない人にいかにユーモアをプラスして伝えるのって簡単のようで意外に難しいのだ。

同時通訳なんて俺にはとてもじゃないけどできないと思う。

その国にあって、他に国にない言葉の使い回しや単語だってたくさんあるからだ。

直訳という言葉があるでしょ?直訳したら全然面白くなくなることだって多いから違う意味合いになるが翻訳して変えてみる。

例えば英語で"Hang out"という単語があるでしょ?

直訳すると"吊るして出かける”になっちゃうけど、日本語では「遊ぶ」という意味なんだ。

通訳する人のセンスって非常に大事になってくると思う。

その国の文化を知った方が通訳しやすいし、スラングも覚えた方がいいかもね。

言葉は本当に奥が深いからすごく好きなんだ。

自分はこういうつもりで言ったのに、受け取った人は違う意味で捉えて失敗することもあるけど、それも勉強。

言語がたくさん話せれば話せるほどいろんな国の人たちと会話ができて、多国籍の友達ができるし!

俺の記事は誤字脱字が多いけど、大目に見て読んでね:)

 

"The George"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

Instagram:@georgeofgrand

Tumblr:@georgeofgrand

Pinterest:@georgeofgrand

image.jpg

Picture by: Izzy Tuason