Kota Kinabalu

前回の記事を読んでくれた人はすでに知ってくれていると思うが、今マレーシアに来ています。

初めて訪れる国、マレーシアはすぐに好きになってしまった。

メシうめえんだもんw

クアラルンプールからエアアジアに乗ってトランジットをし、離島のコタキナバルというリゾート地に行ってきた!

どうやら、コタキナバルはクアラルンプールの次にマレーシアで混む空港だそう。

長年の友達のりえとの弾丸の旅のはじまり、はじまりー

IMG_6846.JPG

宿泊したホテルは、コタキナバルで最もラグジュアリーな5つ星ホテルのシャングリアラサリア。

www.shangri-la.com/jp/kotakinabalu/rasariaresort

まっっじでアゲなリゾートホテル。

エントランスもいい感じで、車から降りた瞬間に盛大な歓迎をされたのが嬉しい!

IMG_6851.JPG

そりゃそりゃ僕はご機嫌さ。

だって、本当によかったんだもん!

IMG_6857.JPG

部屋に入った瞬間に、ホテルの人が早速風呂に花びらを用意してくれてるw

どんな待遇w

IMG_6860.JPG

せっかく用意してもらったし、期待にお応えして(誰も期待してないw)もちろんお風呂に入った。

こんなギャグな自分に爆笑

IMG_6891.JPG

バルコニーから見えるビーチビューは最高。

お風呂に入りながらこの景色は贅沢すぎ。

IMG_6861.JPG

夕方の景色は毎日違う。

同じ日なんて一度もないからね。

IMG_6919.JPG

本当、このホテルいけてる。

このホテルのためだけにコタキナバルに来てもいいくらい。

IMG_6950.JPG

夜は蛍ウォッチングへ。

クリスマスツリーのライトのように光る蛍たちはなんとも言えない神秘的な空間。

月の光しかないのに、ものすごく明るくて自然のすごさを身に感じました。

蛍の数が少なくなってきているみたいなので、ぜひコタキナバルの蛍を見て欲しいな。

残念ながら、蛍の写真がiPhoneでは撮れなかったから想像だけしてね。

IMG_7018.JPG

次の日は朝の5時半起き。

6時にはホテル敷地内の丘で20分間ハイキングしたのち、頂上で朝食。

鳥の鳴き声がリアルで普段体験できない環境での朝食は特別。

IMG_6961.JPG

朝食には欄の花が。

オリエンタルな雰囲気が東南アジアらしい!

IMG_6960.JPG

丘から見る景色。

5時半に起きて、片道20分ハイキングした甲斐があるね。

見える山がキナバル山といって、有名な山だそう。

心臓破りの山登りしたい人はどうぞw

このアクティビティの一部始終をFBライブにて配信したので、"George Inaki"と検索してみてねん。

予告なしのFBライブにはまっちゃってるw

見てる人数が二人になったときはさすがに悲しかったw

いつFBライブするかわからないから、常にチェックしてておくれ。

IMG_6966.JPG

着替えて、ホテルから二時間を車で移動し牧場へ。

ベイビー牛さんに乳やりをしました。

こんなコントラスト、自分でも爆笑。

もちろんこんなアクティビティは初めて。

最初、牧場に行きます!って言われたときはかなりサゲと思ったが、来たら来たで自分が一番はしゃいでるという始末。

牛さんがめっちゃかわいいの。ベロが長くて、鼻がピンクで目が大きくてめっちゃかわいいの。

ヨシヨシしたけど、急にキスされたらどうしようと思い、少々戸惑ったが。。。

IMG_7032.JPG

キナバル山を背景に、無駄にかっこつけるやべー男と牛になりすました女。

二人ともやべー。

IMG_6990.JPG

ここ、いいわーーーー

気にいった。

フレッシュな牛乳はもちろん、ヨーグルトそしてミルクジェラートも食した。

めちゃうま!そして空気がきれい!!

深呼吸してくださいね。

IMG_7020.JPG

忙しい1日はまだまだこれから。

今度はマリマリカルチャービレッジに行ってきた。

原住民族の暮らしが体験できるビレッジは、エスニック好きにはたまらないアトラクション。

パフォーマーと写真を撮った。

ステテコを着ちゃってる僕とりえは、もはやどっちがローカルかわからないね。

むしろみんないとこに似てる。もしかしてはぐれたいとこ!?

みんな気さくで眩しい笑顔の持ち主で、心の保養になりました。

IMG_7012.JPG

マリマリの豪邸前にて。

もはやアー写w

月影屋参上!!!!!

IMG_7013.JPG

コタキナバルツアー、まだ終わりません。

サンセットクルージングもしました。

これがまたいいんだわー。

夕日は同じ顔がないから、見るのが本当に飽きない。

夕日をみながら黄昏、考えさせられるひとときでした。

コタキナバルに来たときは、ここマストでお願いします。

IMG_7008.JPG

超弾丸トラベルのコタキナバルは充実の一言。

過密スケジュールであまりじっくり味わえなかったから、もう一回来るしかないな。

マレーシアはどちらかというと、行きたい国になかなか上がらないよね。

むしろ東南アジアはやっぱりヨーロッパやアメリカに比べて憧れ感が少ないが、とっっっっっってもいいところだなと実感。

水も大丈夫で、氷でお腹を下さないそう。

道もしっかり舗装されていて、なかなか綺麗。

大自然とリゾート地がうまく融合されててすごくいいのだ。

一つ警告するとするならば、マレーシアに来ると太る覚悟はしてください。

メシが死ぬほどうめええええええんだよおおおおおお。

アメリカにいても、ヨーロッパにいてもアジア料理を求めてしまう僕には相性のいい国でした。

コタキナバルは、想像できるようにシーフードが盛ん。

食べても食べてもお腹が空いてしまう不思議な国。

大人数で食事した方が、いろんなご馳走が食べられるから大人数で来たほうがいいよ!

素敵な出会いの多かったコタキナバル。

素晴らしいところなので是非来てほしいな。

こんな経験をさせてくれたエアアジアとシャングリララサリアには感謝しきれません。

いい子にするので次回もよろしくお願いしますw

ジョージ修学旅行やりたい!w

マレーシア旅はななななななんとトラベログとなって、エアアジアyoutubeにて動画シリーズ化されるそう。あんなことやこんなことがみれちゃうかも。面白くなかったらディスっていいよw

おしてそして僕がエアアジア公式インスタにて載っているのでフォローしてねん。

@airasiajp

FullSizeRender.jpg

クアラルンプール編の記事はすぐにアップする予定!

 

 

"George Inaki"

www.georgeinaki.com

social media:@georgeinaki