Single mother

日本では、6人に一人の子どもが貧困であり、さらに、ひとり親家庭の半数が貧困というデータがでているよう。

僕もこのデータの一人だった。

そして、一人で家計を支えるシングルマザーの家庭は、平均就労年収は181万円と低く

いま思い返せば昼夜、寝る間を惜しんでママはずっと働きっぱなしだった。

一人で時間を過ごすことが多かった思春期時代があったのは事実。

このデータはシングルマザー支援を35年以上続けている、非営利活動法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ(www.single-mama.com)から情報を得た。

 

いきなりジョージは何湿っぽいことを言っているんだ!?と思うかもしれません。

決して、苦労しました涙ちょうだいという記事を書きたいというわけではない。

というのも、日本のシングルマザー支援プログラム、『未来への扉』をご紹介したいから。

 

『未来への扉』とは何か?

 中長期的にシングルマザーのキャリアを発展させることを目指すプログラムで、

スキルアップの場と就労の機会を提供する取り組み。キャリアカウンセリングを行いながら、希望職種の職場見学を経て、就職までを一貫してサポートしているそう。

就業例としては、 日本ロレアルの美容部員、アデコの社員となり、アデコの業務委託先で、事務・営業・接客などを担当することもあるんだって。

就業の機会までをカバーしているプログラムって、忙しいシングルマザーにはとてもありがたいプログラムだと思う。ママが社員になって、時間的にも余裕ができると、子どもと過ごす時間が増えるはずだよね。

 

このプログラムは、シングルマザーの負担を考慮し、受講料はもちろんのこと、なんと託児付きなので、小さなお子さんがいらっしゃるママも取得できる内容となっているのも安心して受講できるね。

 

シングルマザーキャリア支援プログラム『未来への扉』特徴は3つ。

スキルアップから就業の機会までを提供

スキルアップにつながる内容をカバーした講座

③自分に合ったコースを選択

さらに面接およびビジネシーンに合わせた身だしなみとして、日本ロレアルの社員がヘアケア、スキンケア、メイク講座の講師もしてくれるそうなのでこれもありがたいよね!

 ただ、申し込みは今月、930日までなので急いで募集しなくちゃ!

チャンスは誰でももらえるから、掴むのは自分次第。

迷っている時間があるならば、とにかく調べることから始めるのがいいね。

詳しいことは、しんぐるまざあず・ふぉーらむのホームページより読んでみてね。

www.single-mama.com/miraihenotobira

対象は条件はただ一つ。シングルマザーであるということ。

募集人数は30人。

 

自分は今年の春から、本格的にロレアルのデジタルコンサルタントとして携わらさせていただいているのだが、日本ロレアルが会社としてこのような活動をしているのはうれしく思っている。

シングルマザーの家庭で育った環境の自分から親近感をすごく沸いたのだ。

どれほどママ世代が僕のSNSをフォローしてくれたり、記事を読んでくれているかわからないが、一人でも多くのシングルマザーの方にこの声が届ければいいなと思っている。

女性はお化粧するのが楽しいと思っている人が多いと思うから、まさに手に職ということで

ロレアルの美容部員を目指して、子育てをがんばってね。

 

写真は、ママと先月LA行ったときの。

ずっとがんばって働いてたから、ご褒美をしてあげないとね!

似てるかな?w

 今は苦しくても、必ずいいことがあるから諦めないで!

自分もそうだったから!