デジタル施策に見る、日本のミレニアルズに起きている変化とは?

 

 

デジタルマーケティング。それはこの現代で、最も必要とされるコミュニケーションツール。

 

従来のPR方法では、ブランドや企業の声がミレニアル世代に簡単にはもう届かない時代になっていることは確実。

 

話を聞いてみると、媒体をフォローして記事を読むよりは、自分がフォローしているインフルエンサーが投稿した記事を見て、その媒体のサイトへ飛ぶことも珍しくないらしい。

要するに、これまでの“媒体発信→記事やニュース”から、“インフルエンサー発信→媒体記事→消費者”へと、読む順番が変化しているのではないか。

 

そんな過渡期にあって、その変化に気がついていても、効果的なデジタルマーケティングのハードルは年々高くなってきており、これまでは一般的だった、製品とのセルフィー画像をインスタに載せるというやり方ではもう通用しないのはあきらか。

 

そんななか、カルバン・クラインは面白いデジタル施策を行っているのだ。

 

ご存知であろう、カルバン・クラインのアンダーウェア。

コットンから伸縮性のある生地まで、素材のバリエーションが豊富で、見慣れたアイコニックなロゴ。

海外では、世界的に有名なセレブリティ、モデルが投稿していることもあり、「#mycalvins」が爆発的にヒットし、あらゆる国からこれでもか!というほど、自身の肉体自慢とともに、胸、お尻の投稿がSNS上に溢れている。

 

しかし、肌を隠す習慣のある日本には、こんな投稿は通用するのであろうか?

 

答えは限りなくゼロに等しいであろう。

 

このように、国民性と文化の違いで、カルバン・クラインのようなグローバルブランドでも、#mycalvinsのような施策が、ローカルに進出しづらいこともある。

7月に東京で同ブランド初のアンダーウェア専門店がオープンし、そのタイミングで、戦略としてグローバルハッシュタグの#mycalvinsをそのまま残し、ローカルハッシュタグの「#じつはCK」、「#みせるCK」を加えることで、一気に東京のおしゃれキッズの間で浸透しつつある。

 

最近、NYモデルエージェンシーのソサエティと契約を結び、モデル業の活躍がグローバル規模で期待される森星さんがプロジェクトを皮切り、鈴木えみさん、Beniさん、植野有砂さん、浅野啓介さんらビッグネームが次々と参加していた。

スクリーンショット 2017-08-09 午後4.10.15.png

 

7月末にはストアイベントも開催し、ハッシュタグに参加する人たちをどっと増えたようだ。

instagram  @tsumire1224

instagram @tsumire1224

instagram  @crazy_shizuka

instagram @crazy_shizuka

 

 

#じつはCKで、“秘密裏にさりげなくアンダーウェアを着ているんだよ”、#みせるCKで、“大胆にステートメントアイテムとして、CKアンダーウェアを着ているんだよ”、の2パターンでどちらが自分のタイプに合っているのかを一般大衆に決めさせ、参加を促進している。

 

すると、意外にも、シャイな人が多いはずの日本で、結果として#みせるCKが多く、これは驚き。


隠したがるであろうと予想していたが、わかりやすく表現しやすいうえに、ありそうでなかったハッシュタグ遊びができたことによって、「あ、下着って見せていいんだ!」と心理に変化が起き、この戦略は成功したのではないかとみている。

結果として、ハッシュタグ遊びに参加するという感覚で、意外に日本人にも、ちょっぴり恥ずかしいけど、見せたい願望があったのではないか。

 

ミレニアル世代の考え方が、古典的からどんどん大胆になってきている。

 

俺は、ほぼ毎日CKアンダーウェアを着用しているが、なかなか見せられないのがホントのところ。

腹筋が割れていれば自慢するかもしれないが、食べることが好きな俺は、

おとなしく、#じつはCKを選ぶことにするよ。

 

あなたなら、じつは、みせる、のどっちを選ぶ?

 

スターデザイナーである、ラフ・シモンズがクリエティブディレクターに着任したし、今後のカルバン・クラインから目が離せない。

 

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター : 川上千尋

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media:@georgerootnyc

 

 

 

ファッションPRにまつわる、あるある・なしなしの出来事

今年もあと残りわずか。

時間が光のような速さで過ぎていくのは、充実しているということなのでしょうか?

そういうことにしておこう。

心残りなく。それをいつも頭に入れて日々を過ごしている。

やっぱり○○をやっておけばよかったー!という後悔は絶対にしたくないからね。

失敗したこと、懺悔しなければいけないことは2016年に置いていき、来年に向けて準備を整えることが大事だ。

今回の記事は、PRのあるある/なしなしについて書きたいと思う。

 

成人して1年後ぐらいで、すぐにアメリカンアパレル・ジャパンでPRの仕事に就いた。そんなアメアパは、今年12月18日、日本から完全撤退する。2012年には、渋谷レディース店が世界一の売り上げにまで至ったのに、自分の古巣がなくなるのは複雑な気持ち。

学生時代はファッション業界で仕事したい!という気持ちなんてさらさらなく、夢もなかった。馬鹿げたことをいっていたのは、年収1千万を稼ぐくらいかなw

むしろファッション業界=デザイナーかバイヤーか販売員しかないと思っていたほど無知だった。

 

現在も、僕がするPRの仕事とは何か。

広報という日本語を充てている会社もあるけれど、それよりも英語の持つ

意味の方が的確かな。「Public Relations」。メッセージやイメージをパブリックに、最短かつ最大に届けること。

つまり、僕にとってPRするものは商品や人でもなんでもいいけど、知らない人たちのために知らせるということを通じて、人や公と関わることが非常に多いのだ。企業や社会にとって、とても大事な職種だと思っている。

パーティを企画したり、セレブリティやインフルエンサーと接したり、世間では“華やかで楽な仕事”と思われがちだが、地味な作業が8割を占めている。この“地味な作業”については、また今度ゆっくり書くとしても、若者が思うファッションというジャンルにも同じことが言えるかもしれない。

 

じゃあ、まずはあるあるから。

「誰々~友達」、「なになに知ってる~」と言いがち。

蓋開けてみると、知り合い程度とかパーティで1回会ったことがあるだけの関係が発覚し、赤っ恥をかく。

「誰々ちゃん大好き!かわいい!!!」を連発するミーハーPR。一緒に仕事をする相手を好きなことは悪いことではないが、相手はその道のプロフェッショナル。かわいいや、好きです!は、セレブリティやインフルエンサーは言われ慣れているから、うわべのコメントはすぐ見破られる。どこが好きか、なんで好きかどうか言ってあげると、言われた側はいい気分になれるからいいかもね!

俺は・私はあのイベントやってる、あのブランドをPRしている、と言って自分を誇張する人は職業柄上よくあること。それを使って、インフルエンサーやセレブリティのLINEゲットしようとしてるPRも少なくないだろう。だが、連絡しすぎちゃうと、嫌がれるので気を付けましょうね!

 

次に、ソレなしなしの例。

「〇〇様、お世話になっております。とても素敵でうちのブランドにぴったりな雰囲気を持ち合わせているので、ぜひプレゼントをさせてください」とインフルエンサーやセレブリティに連絡する。

そこまではよしとしよう。プレゼントをもらって嫌な気持ちになる人なんていないからね。

嬉しい気分のまま詳細を聞くと、「この中から好きなものを1つ、プレゼントさせてください。ただ、その代わりインスタに載せてくださいね」。

おーーーーーい。

それはおかしくないか?

雰囲気に合うから。ブランドイメージに合うから。だから、商品を使ってもらったり着てもらったりしたいのに、“必ず”インスタに載せてねというのは、ズレていると思うんだ。

 

インフルエンサーやセレブリティは、厳しい世界で仕事をしているからオトナな人が多い。PRからプレゼントをもらう=私・僕のSNSに何かしら載せてもらいたいから連絡してきたとすでに思っている。

暗黙の了解の世界なのにインスタに載せてね、というのは気持ちが冷めると思うんだ。

“差し上げますのでよかったら着てください”といえばよいことなのに。

強制的にSNSに載せてねって言ったら、それは仕事のオファーだし、その線引きをわかっていない人たちが多い気がする。

シビアな話、嫌な思いをするなら自分で買った方がマシだわ!と思うインフルエンサーやセレブリティも多いはず。

もったいないし、どちらにとっても損だよね。

 

僕にとってPRは、徹底的なおもてなしができないと務まらない仕事。おもてなしって、自分だったらどうかな?とか考えて、究極的に相手の望むことを想像することだと思う。

愛すべきPRたちの間で起きたことは、まさに「他人の振り見て、我が振り直せ」。

失敗したからと言って、めげないで!

2017年で挽回すればいいわけだから。

仕事は気持ちよくしていきたいよね。

この写真は10月28日に表参道ヒルズにて行われた、一夜限りのシュウウエムラと村上隆氏のコラボパーティーにて。自分が今年担当した最大のイベント。おかげさまで大大大盛況で、たまたま来日してたファレルもご来場いただけました!

この写真は10月28日に表参道ヒルズにて行われた、一夜限りのシュウウエムラと村上隆氏のコラボパーティーにて。自分が今年担当した最大のイベント。おかげさまで大大大盛況で、たまたま来日してたファレルもご来場いただけました!

 

 

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター:恩地祥博

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media:@georgeinaki

who's next..?

雑誌はどんなの読む?

これ、すごく気になる。

できることならば、この記事を読んでくれている人たちで時間がある人たちは、自分の年齢・性別そして読んでいる媒体を教えて欲しいな。

紙雑誌でも、オンラインマガジンでも、そしてブログでもいいよ。

その情報を得て、特に何かをするわけではないが、ただの興味心として知りたいな。

 

俺は昔から雑誌を、あまり読む人ではなかった。

理由としては、雑誌で⚪︎⚪︎が流行っていると、書かれているじゃない?

それに紛らわされたくなかったから。

でも仕事上、もちろん、たくさんの雑誌をチェックするよ。

 

東京に住んでいた時は、シーズンごとに、六本木のけやき坂にあるスタバでカフェモカを飲みながら、海外ファッション誌をチェックするのが習慣だった。

東京に行ったときにまたやりたいな。

 

今では、媒体がインスタやツイッターをやっているのが、主流になってきているよね。

むしろ媒体なのにSNSがないと、大丈夫?と思ってしまう。

いいような、悪いような。。。

情報が散乱しすぎて、俺はフォローする媒体や人をぎゅっと絞り込んでいるよ。

大きなイベント事があると、どの媒体も同じことを書くし、本当に必要な情報だけ頭に入れたいから。

 

今回の記事で書きたいのは、最近起きた出来事について物申したい。

(やっべ、これ怒られるかもw)

日本の某ファッション媒体のエディターさんから定期的に連絡が来る。→ありがとうございます。

連絡が来るときはいつも

「⚪︎⚪︎の特集を次号で行う予定で、⚪︎⚪︎のような方々を探しています。」

「ジョージさんのネットワークなら、知りあいがいらっしゃるであろうと思い、連絡をさせて頂きました。」

お付き合いのある媒体だったから、よかれと思いその時は快く協力した。

 

ところがどっこい。

雑誌を見てみたら、”⚪⚪︎(媒体名)が選ぶ次世代インフルエンサー”と書かれているではないか。

嘘でしょと、反射的に鼻で笑ってしまった。

別に俺の名前がクレジットに載るわけではないし、しかも人探し屋みたいになっちゃってるし、違和感を感じた。

 

数ヶ月後、また連絡が来て、

今度は⚪︎⚪︎の特集で、ジョージさんが気になっているブランドや次世代人気になりそうなitピープルをアンケートで答えてくださいとの事。

お付き合いのある媒体だったから、よかれと思い、その時も快く協力した。

答えた後は、特に連絡が来たわけでもないからあえて掲載をチェックしていない。

そのエディターは忙しくて、フォローアップするのを忘れたのかもね。→あるある。

 

自然に、エディターに先見の銘がないのか!という疑問ができるよね。

他にも似たような事が過去に起きた。

某”マーケティング”会社を経営している方で、ありがたいことに、オファーがあり一度お仕事をしたのだが、とあるプロジェクトでいわゆる”インフルエンサー”を探していて、紹介した。

その後、その人は某雑誌に、”自分が選ぶ次世代インフルエンサー”と堂々と書いているではないか。

えーーーー、俺が紹介しなかったらあんた、知らんかったやん!

そういう人に限って年上だし、はっきり言わせてもらうと、発信者ではなくあくまでもフォロワー。

年上であろうが、年下であろうが、このようなする人はやはり好めない。

というか、年上なんだから情けないぞ!

この記事を読んでくれているのならば、やっべ!自分じゃん!とハッとさせられたら俺はそれで良し。

なんて皮肉で意地悪なやつだなと思われるかもしれないけどw

 

つまり、何が言いたいがというと、先見の銘は誰もが持っているわけではない。

流行や次にヒットする”何か”を誰よりも早く、みんながみんな、キャッチできるわけではないのも分かっている。

ただ、俺はそんな大人には決してなりたくないなと、思っている。

そして正直者がバカをみないような世界になりますように!と願っている。

これからも、誰よりも早くポテンシャルのある人たちや、ブランド、ジャンルを問わずピックしていきたい。

そして新しいことを発信し続けなきゃね。

相変わらず俺のフォローよろしくね!



"George Inaki"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

Instagram:@georgeofgrand

Tumblr:@georgeofgrand

Pinterest:@georgeofgrand