Thome Browne Mens SS 2016 Show.

6月28日午前、インスタグラムから目が離せなくなった。

デジタルPRを職にしているとはいえ、改めてソーシャルメディアの力を実感。

その理由は、トムブラウンメンズSS2016のコレクションを目にしたからだ。

ファーストルックはこちら。

Picture by Dan and Corina Lecca

Picture by Dan and Corina Lecca

トムブラウンらしいスーツスタイルに、和の文化が非常にうまく表現されたコレクション。

相変わらずのクロプド丈パンツに、足袋と下駄。

下駄にはもちろん、トムブラウンのシグネチャーレーベルの赤白青のタグがちらりっと見える。

足袋と下駄は日本製だそう。

Picture by  @thombrowneny

Picture by @thombrowneny

トムブラウンのコレクションは毎コレクション、世界観に飲み込まれるような演出になっている。

演出家は個人的に大好きで尊敬をしている、エティエン・ルッソ氏。

彼はDries van Notenでキャリアをスタートし、今ではLanvin, Miu Miu, Céline, Hermès, Chanelを始めとする、

ビッグメゾンの演出を総なめしている程、超人気の演出家。

Picture by  @annikalievesley

Picture by @annikalievesley

Picture by  @katem_official

Picture by @katem_official

Picture by   @annikalievesley

Picture by @annikalievesley

今回のコレクションは言うまでもなく日本がテーマ。

着物、畳、和室の襖が斬新に表現されている。

Picture by  @mizuyoyoshida

Picture by @mizuyoyoshida

和室の襖をよく見ると、トムブラウンのシグネチャーチェックになっている。

細部までブランドのアイデンティティーが行き届いている。

気になったルックはこちら。

このルックのパンツは”ステテコ風”になっていて、非常に面白い。

こんなにおしゃれなステテコってあるんだ、と目からウロコ物。

Picture by Dan and Corina Lecca

Picture by Dan and Corina Lecca

気になったルックはこちら。

龍の刺繍は外国人に人気がでそう。

Picture by Dan and Corina Lecca

Picture by Dan and Corina Lecca

このピンストライプのセットアップは新鮮。

Picture by Dan and Corina Lecca

Picture by Dan and Corina Lecca

ラウンウェイルックとは別に、ショーの”一部”になっている

着物風ジャケットは世界で一点物。

この写真を見て、スマホ画面に目が釘付けになった。

日本の文化をアメリカ人の目で解釈したら、こんなに新しいクリエーションが生まれるんだと感心。

Picture by  @Jessicamichault

Picture by @Jessicamichault

Picture by   @thombrowneny

Picture by @thombrowneny

 

最後のルックは、どのようにスタイリングされているんだろうとすごく気になるところ。

おそらく、スーツに着物が羽織られており、その上にジャケット風着物が重ねられているのだろう。

一番上の着物の襟は、スーツの襟になっていて非常に面白く、細かいところまで注意を払う必要がある。

このスタイリングを見ると、伝統的な着物のレイヤードのおかげで、現代でも日本人はレイヤードがうまいのかなと考えさせられた。

スティーブンジョーンズの芸者風帽子も注目ポイント。

Picture by Dan and Corina Lecca

Picture by Dan and Corina Lecca

畳の上に下駄で歩くのは気になったところだが、それをはずせば、日本の文化が

アメリカ人のクリエーションになってうまく表せたクリエーション。

ファンは既に気づいているかもしれないが、トムブラウンの洋服がMADE IN JAPANというラベルが増えている。

このコレクションを通して、トムは本当に日本の文化だけではなく、質にこだわる職人魂も尊敬しているんだなと改めて思った。

Picture by Dan and Corina Lecca

Picture by Dan and Corina Lecca

Picture by  @lucasflorespiran
Picture by   @lucasflorespiran

Picture by @lucasflorespiran

Brasserie Chanel

パリファッションウィーク、最終日はChanelで締めることができた。

残念ながら、前シーズンを見逃したのが惜しかったが、今回再びパリで生のショーが見れたのは心から嬉しく思っている。

毎シーズン、ずば抜けたテーマがあり、エンターテインメントが富んだショーのChanelは、Welcome to the Brasserie Chanel!と言わんばかりのセットで、Grand Palais内にフレンチブラスリーつまり、パリの酒場を見事に再現した造りとなっている。

エントランスはこちら。

お客様のおもてなしとして、ダンディなウェイターさんが実際にコーヒー、シャンパン、ジュースそしてペイストリーを配布しており、自分が一体どこにいるかどうか忘れてしまうほどリアルな雰囲気であった。

ダンディウェイターが“貴方”を待っている。

ショーが始まり、8の字にモデルたちが次々にランウェイを颯爽と歩くのだが、 最終的にはモデルがレストラン内でお茶をしている演出となっており、モデルから女優の顔へと変わった瞬間が垣間みれたのがかわいいらしかった。

何人かメンズモデルもランウェイに登場したのだが、毎回そのスタイリングに食いついてみている。

いつか自分に合いそうなChanelメンズピースがあれば是非ゲットしたい。

肝心のコレクションだが、Chanelのスピリットであるジャケットやツイードはしっかりと伝統を受け継いでいるが、今の時代にあった素材そして“ひねり”を加わえている。

折り紙を連想させるような装飾、フランネル柄のツーピースドレスなど。

Vogue より写真を拝借。

Vogueより写真を拝借。

Vogue  より写真を拝借。

Vogueより写真を拝借。

中でも一番気になったのは、ボリューム満載のボマージャケット。

これならメンズでも挑戦できそうな一着。

ストリートでこれを着ていたらとてもかっこいいよね。

Vogue  より写真を拝借。

Vogueより写真を拝借。

Vogue  より写真を拝借。

Vogueより写真を拝借。

テーマに沿ったアクセサリーもフォトジェニック。

小皿からインスパイアされたクラッチバッグは喉から手が出るほど、欲しい人がいるでしょう。

もちろん、カール様も登場。

パワフルでぶれないスタイルが威厳を保つ秘訣なのでしょう。

ショー後、モデルがテーブルでまだ居座っていたので、俺も思わずお茶会に参戦。

久しぶりのChanelショーは本当に本当に本当に楽しかった。

このBrasserie ChanelNYにもあったらいいのにな。。。

 

"George Inaki"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

Instagram:@georgeofgrand

Tumblr:@georgeofgrand

Pinterest:@georgeofgrand

 

2014

NYの極寒の冬から避難をするために、NYFWまではLAで住みます。

一番最初にLAに来たときは好きじゃなかったんだ。

車好きじゃないし、どこ行っても遠いし、友達少ないしすごい疎外感がある気がして。

でも来るたびに少しづつ好きになってきて、この世界一大好きな家とアメリカーーーー!という感じがいいんだ。

2014年は色々と変化の一年だった。

頼まれてもいないのに長くなるけど、書ける限り自分の2014年の人生を勝手に振り返りたいと思います。

年越しはフィリピンだった。

マニラの友人宅でカウントダウンをして、次の日にリゾートのボラカイ島に行った。

実は海よりプール派という矛盾しているが、ビーチサイドで日傘の下でマンゴーシェイクを飲みながらマッサージしてました。

あまりにも太陽に当たると、マジでくっっっろくなるから。

シャングリラホテルに泊まったのだけど、プライベートビラがあって、ビラ内にあるプールに猿がたわむれていてかわいかったな。

スパも最高にいいし、サービスもいいし、文句なし!

写真はこちら。

ジャスティンビーバーがフィリピンのリゾートを買ったらしいけど、このシャングリラではないことを祈る。

そして大好きなおばあちゃんにお別れにも行くことができた。

俺はおばあちゃんに育てられたから、かなりのおばあちゃん子。

子供のころはちょっとでも離れると、号泣してたな。

クリスマスだったので、CHANEL No5をプレゼントしたんだ。

またおばあちゃんとハグしたいな。

おばあちゃんはパワフルではちゃめちゃで存在感のある方でした。

フィリピンから東京へ戻ったと思ったら、すぐさまパリにCHANELのオートクチュールショーを見に行ってきた。

初めての体験で、ファッションとは?を学ぶことが出来ていい経験になった。

ラッキーなことに、マドモアゼルシャネルが実際に住んでいたアパルトマンにてDallasコレクションの展示会をやっていたから中に入ることができたよ。

あの有名な螺旋状階段の鏡のとこで写真撮った。

死ぬまで忘れることのできない贅沢でラグジュアリーな社会見学でした。

メゾンミッシェルがポップアップショップをやっていたから、ハットを買って早速被った。

アパルトマン内はこんな感じ!

マドモアゼルはアジアに行ったことがなかったけど、東洋文化がとても好きで至るところにアジアの物が置いてあって、屏風もあったりして意外な側面をみることができた。

展示会中以外は人が住んでいないにも関わらず、中に入ると空気に重みがあって温かみもあるの。

不思議な空間というのはまさにこういうこと。

また、ぜひぜひぜひぜひ行ってみたい。

パリから帰ってきて、嬉しいサプライズが!

フィリピン一大きい新聞紙、The Philippine STARに一面どかーんと自分の記事がw

英語だけど、読みたい人はここで読めるよ。

George Lozano Inaki : Filipino Fashion Wonder Boy in Tokyo

人生の生い立ちや仕事内容等が書かれてる。

フィリピン生まれだけど、日本で育ってるからあんまりフィリピンの人たちと交流がなかったけど、これを機にもっともっとフィリピンの素晴らしさを伝えられる仕事ができたらいいな。

NYに移住する直前にグダグダなサプライズを友達にされ、企画バレバレでディズニシーに連れてってもらった。

寒かったけど、とても楽しかった記憶がある。

そんな友達はリーマンで、ファッションとは無縁。

だからこそ、自分を本当の世界に足を地につかさせてくれてるからファッション浸りじゃなくならずに済む。

2014年2月はNYへ移住。

幼い頃から、漠然とアメリカに住みたいという夢があった。

それが叶った瞬間、なにも感じなかった。

夢が叶う瞬間って、こんなもんなのかな?と思ったりして、じゃあ次の夢をみつけよう!と今探索中。

3月はパリコレ。

ファッションは断然パリブランドが好き。

エレガントだし、自分のスタイルに合っているから。

初めてDiorのショーをみることができたよ。

ラフシモンズとムッシュディオールの女性に対する美像がみれて、これもまたいい経験になった。

CHANELのスーパーマーケットコレクションはもちろん知ってるでしょ?

これはね、会場中にいる大人全員が子供に返って、ごった返したのをみるのがとても面白かった。

CHANELは人間の中にあるyouthをくすぐるのが本当に天才的だなと思ったよ。

パリコレから帰ってきて、すぐに東京へ仕事のために出張に行ってきた。

2011年からの友達と原宿を観光客のように周りました。

この電話ボックスかなり渋いっしょ。

直美ちゃんのおかげでいいとも!最終回を見に行くことができたよ。

ちらっと俺がテレビに映ったらしいので、これを共演だということにしておこう。

東京のあとは、マニラへまたまた行ってきた。

これは泊まっていたホテルからの景色。

フィリピンのめまぐるしい経済成長と街の発展に驚くばかり。

NYに戻ったと思ったら、WWDジャパンから取材された記事が!

半ページに渡って紹介され、企業とガールズインフルエンサーをつなぐミドルパーソンとして書かれた。

これもとてもいい記事だったと思う。

エッジがあるせいか、自分が出る媒体は限られてるからこういうフューチャー系の記事にもっと登場したいな。

5月に行われたDior Cruiseショーがブルックリンで行われたので、クリスタルと見に行った。

ラフシモンズとのスリーショットは貴重でした。

6月はAimeeと再会し、これを機にすごく仲良くなった。

トップブロガーはアメリカではセレブ扱い。

日本との違いがありすぎて、勉強になった。

日本がんばってくださいw

そして、偶然撮った直美の即興ポテトソングが大爆発的に拡散された。

まねをする女子続出。

あんま面白くない人ばっかだったので、面白くなれるようにがんばってください。

7月は自分のTシャツラインを立ち上げた。

のんびりと焦らずにやっていきたいと思います。

新作を製作中なので近々発表するかもかも。

ここでチェックしてね。

George Of Grand

飼育係の委員長になりました。

この金魚を大切に育てます。

9月にまたまたWWDジャパンに登場。

George Of Grandが紹介されて、スラッシャーと呼ばれました。

WWDジャパンいつもありがとうございます!

もっとフューチャーの依頼待ってますw

9月のNYFWはAimeeといるところをパパラッチされ、これも拡散されたな。

スナップ嫌いな俺はこういうかっこいい系なら撮られていいかも。

そして、ダコタファニングにもばったり会って、あまりにもファンだったため記念写真撮った。

存在感はんぱないっしょ。

今年の誕生日はパリで過ごした。

パリからNYへ移動したので、誕生日が36時間あったよ。

友達からサプライズされたり、本当にいい日でした。

みんな、ありがとう。

10月はNYで行われた、CHANEL No5のイベントに行ってきた。

アメリカでやるCHANELのイベントは初めてだったからウキウキしていった。

やっぱトップクラスのセレブリティは違うね。

写真はバズラーマン監督とジゼルブンチェン。

11月、出張のため東京へ半年ぶりに帰国!

焼肉やら、サンギョプサルやらうまいもんばっか食った。

幸せを運ぶピンクのタクシーに乗ることができた。

運転手さん、かなりおしゃべりだったな。

Studio Body Designの加藤康子先生と出会って、体調が変わった。

本当に加圧ビューティは最高。

帰国し、愛犬と見つめあった。

Thanks Givingディナーはこんな感じ。

12月、仕事のためまたまた東京へ帰国。

Dior Esprit Tokyoコレクションのショーは日本中が騒いだでしょう。

以上、一年のハイライトでした。

NYへ行ったがために、自然にフリーランスを今年の2月からしてるわけだけど、皆様のおかげでちょくちょく大きなプロジェクトに携わることができて本当にありがとうございました。
今年はグリーンカードを所得するために、攻めることが出来ず我慢する年だったけど、それも来年勝負するための種まき期間だと思っています。
こらえて、じっくりと考えて、たさくん感じる一年にだったと思う。
せっかちな自分にとってちょっと2分くらい悩んだ時があったけど、それも試練だな。
自分のウェブサイトのアクセスも調子よくなってきてるし、たくさんの方々に記事読んだよ!と多くの方に褒められて正直びっくりしている。

コメントもちゃんと読んでるからね、いつも読んでくれてありがとう。

とにかく人に恵まれたいい一年でした。

2015年もよろしく。

ピース。
 

 

"George Inaki"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

Instagram:@georgeofgrand

Tumblr:@georgeofgrand

Pinterest:@georgeofgrand