出版決定!『ニューヨークが教えてくれた 、「自分らしさ」の磨き方』

朝の清々しい、少し乾燥した冷たい風を感じながら、Tシャツの上に分厚く重たいコートを羽織り、落ち始めた葉が道を舞う音を聞いて、街を歩く。

哀愁の混じった感情が味わえるのは初秋が1年の中で一番好きな季節だ!!

9月生まれの俺は、年中常夏のフィリピンで生まれたものの、秋は、半分流れる日本人の血が騒ぎ出す。

中学、高校のころから、根拠もなしに、「30歳になったら、出版するんだ!」と周りに宣言していたのを覚えている。

2017年9月29日、俺はついに30歳になった!

そして宣言通り、今年の10月25日、宝島社より俺の本が出る。

タイトルは、『ニューヨークが教えてくれた 、「自分らしさ」の磨き方』

AMAZON告知用 copy.jpg

 

人生初の書籍は、大まかにくくると自己啓発・ビジネス本になるのかな?

30歳でどんな人生とビジネスが語れる⁉と思われる方は、回答を探しに、「読書の秋」キャンペーンの一環だと思って読んでみてねん。

 

マニラ生まれ、愛知県育ち。大学卒業後の4年間は東京で仕事し、いまはニューヨークに住んでいるという異色なバックグラウンド。

ローカル感溢れる地方で普通に育った俺が、ニューヨークに住み、多国籍な環境で働く中、俺なり見て感じたニューヨーカーの生き方、考え方、働き方を「グローバルに生きる」という観点から伝えた、コンテンツ満載の一冊になりました!

どうやったらグローバル思考を養えるかを等身大の言葉でつづった内容にもなっており、どのようにして俺がその道を歩いているか、自叙伝的な部分があって、二度(⁉)おいしいよ。w

まだまだ短い人生だけど、自分が経験した、そして自分の目で見て感じたことをひたすら書いたのだ。

 

具体的にどのようなことを書いたかというと、ネタばらし寸前でまとめてみたよ。

・    俺は、色としてのグレーは好きだが、ビジネスにグレーはない

・    SNSの記録に残すためだけでなく本当の感動を味わおう

・    Live your life and moment, 人生を思うままに羽ばたき一瞬一瞬を生きる

・    SNSで有名になるをライフゴールにしてはいけない

・    チャンスはほぼ毎日と言っても過言ではないレベルで全員に訪れているはず

・    アメリカは実力主義ではなく、コネ社会⁉

・    ニューヨークで成功できなかったからと言って、挫折ではない...

・    幸せとは、取り残される恐れへの代用品ではないし、いいね!の数が幸せ指数ではない

・    ニューヨークは人で溢れているのに、孤独

などなど、ニューヨークが教えてくれた、俺がいま率直に伝えたいことが詰まりまくった内容になってるよ。

 

なぜこの本を書いたのか、そしてなぜ30歳という区切りで出版したいと思ったのかは、本に書いたので読んでからのお楽しみということで。

 

2014年でニューヨークへ移住して、仕事がまったく見つからず、無給インターンしたエピソードは生々しく書いた。

それだけではなく、9歳でフィリピンから日本へ移住した際に、いじめに遭い、どのようにして乗り越えたか、などなども記されています!

いまでこそファッション業界にいて起業もしているが、ファッションもしくはビジネススクールに通ったわけではない。

高学歴で、インターナショナルスクールに通ったわけでもない。

176ページの一冊を、出版のプロたちの手を借りて、自分の言葉・意思を伝えるために書き下ろし、約1年間温めたこの企画でじっくり書いては編集してを繰り返し、丸4カ月を執筆に充てた。

過去を振り返るのが何よりも苦手な自分が、これまでを振り返って、そしてこれからどのように進みたいかを「記録」のようなかたちで残した。書き終えてみるととにかく気分がすっきりして、よりクリアーなマインドになった。


「記録」ということで、過去をさかのぼっていき、このようにジョージ少年時代の写真も入っています。

真ん中のピースした、まん丸顔が俺です…。w

真ん中のピースした、まん丸顔が俺です…。w

ニューヨークのSOHO、自宅付近で撮り下ろした写真もあります!(太った写真から成長した振り幅も表現されています。w)photos by 瀬尾宏幸

ニューヨークのSOHO、自宅付近で撮り下ろした写真もあります!(太った写真から成長した振り幅も表現されています。w)photos by 瀬尾宏幸

 

アメリカでは、30歳の誕生日で「Dirty30」や「Big30」などの派手なパーティをする習慣がある。

知り合いには、30歳になったらパーティ、盛大にするでしょ?と言われるが、これに関しては、あまり興味がない。

20、30年経ったあと、過去をまた振り返る機会があったとしたら、豪華なパーティをしたはいいけど、知らない酔っ払った赤の他人が自分の誕生日を祝ってくれても虚しいことに感じられてしまうような気がするのは俺だけ?w

だから、俺にとって、この本がBig30の代わりかな!

自分のやったことが誇りに思えるように、時間を過ごしたい。
 

見出しだけをちら見せすると、こんな感じです。

Screen Shot 2017-09-27 at 10.01.05.png

同時に、アマゾン先行予約も始まっているので、Amazonって下の文字をクリックしてみてね!

こちら→ Amazon

「同情するなら金をくれ」というドラマでの名セリフがあるが、それならぬ「応援してくれているなら、予約ボタンをポチっとクリックしてくれ」。

何度読み返しても飽きさせない内容にしているので、興味を持ってくれた人はぜひチェックよろしく。

 

これまでの自分を支えてくれたすべての人たちに感謝して、恩返しする1年にできたらな、と思います。

初心に戻って、また新たに気合い入れます。

 

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター:川上千尋

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media: @GeorgeRootNYC

 

 

 

Nomad Style.

NYの平日昼間でも、カフェやジムで人をたくさんみかける。

この人たちは一体、どんな仕事をしているんだろう。

なんで平日昼間でも人が多いんだろうと疑問に思ったことがたくさんあった。

→おそらくニューヨーカーも、俺がなんで平日昼間にカフェにいるんだろうと思っているだろうw

服装は決してビジネスライクではないし、みんなパソコンに向かって打っていたり忙しそう。

日本ではなかなかみられる光景ではなかった。

おかげさまでNY生活も段々慣れてきて、たくさんの人たちに会っているが、フリーランスやいわゆるサラリーマンではない人たちに会うこともしばしば。

そこで思ったのが、今の時代の雇用形態が少しづつ変わってきて、ノーマッドスタイルになってきているのではないかと思うんだ。

※ノーマッドを日本語で直訳すると遊牧民。これをビジネスに当てはめると、特的の場所で働くのではなく、自由に働き場所を変えるということ。

image.jpg

ここからは自分の考察を元に書くね。

おそらく、これまでの会社のために働くという意識から、自分のために働くと思っている人が増えてきているのではないかと思う。

自分の人生を捧げて会社のために働いているのに、不満ばかり。給料もこれっぽちか。というジレンマから、

固定の給料や保険がもらえず、保障がない代わりに、ストレスフリーで自分の好きに人生を歩みたいというスタイルになりつつある。

そして、ニューヨーカーはフットワークが軽いから仕事の枠を一つに狭めず、マルチタレント、マルチタスクをこなす人が多いのは事実。

これを日本の考え方でみた場合、”何でも屋さん”みたいで、特定の仕事をしていないから、

そのような活動をしている人たちのことを、どうしても下に見がちな気がするんだ。

それに対して、ニューヨーカーはタイムイズマネー。時は金なりの考え方で、お金儲けのためならフレキシブルに仕事内容を変えているのが現状。

よって、ケースバイケースの柔軟な対応ができてビジネスが発達している。

できないことはない、なんとかして実現させる!というハングリー精神から来ているのかも。

全員が全員ではないが、日本のビジネスは柔軟性に欠けている印象。経験から言わさせてもらうと、それは事実。

ルールだから、こうだから。という型にはまった考え方が先走っている人が多いようだ。

裏を返すと、勤勉で非常にまじめな性格なところが素晴らしい。

日本人は正直者と言われているしね。

例をあげると、アメリカの雑誌のエディターは、そのプロとしての経験を買われて、他のスタイリングの仕事や、コンサルティングを頼まれることが多い。

そして、人気エディターだったらブログやSNSを持っているだろうし、その発信力も問われているはず。

※もちろん、エディターと会社の契約によりけり。特に出版社はエディターがよそで儲けるのをよしとしないので、よそからお金をもらうことを禁止しているところも多い。コントリビューターはまた別の話し。

要するに、裏方と表方の仕事を両立したフレキシブルな人材が多い。

このビジネススタイルはやはりアメリカ発で、アメリカから外に広がるにはまだまだ時間がかかるではないかと思う。

自分のことについて話してみよう。

2013年当初、ジョージはデジタルPRと公言している割には、目立ちたいだけなんではないかと言われたことがある。

俺のことを、ブロガーと思っている人もたくさんいるはず。

だけど、俺の本職はデジタルPRであり、ファッションPRを軸にしたブランディングコンサルティングも行っている。

ファッションPRなのに、自身が発信力がないというのは今の時代、御法度だと思い、積極的にSNSやウェブサイトも更新している。

これを他人からみた場合、ジョージは何をやっているかよくわからないが、とにかくファッションブロガーだと思う。と、思い込んでしまう人が多い。

やはり、人から見た表側が前に出てしまうのは仕方がない。

つまり何が言いたいかというと、これからの時代は自分のために(働くという)ノーマッドスタイルを選択する、ビジネスの層が広がるのではないかということ。

このジャンルでこれを始めたのは、間違いなく(自称)日本では自分が初めてだと思っている。

一日、24時間しかないから自分のライフスタイルに合わせて仕事をしてお金を稼ごう!

昼間に大好きなピラティスのクラスがあったら絶対行きたいから、それに合わせて自分の仕事時間を調整したいじゃん?

今はまだ理解されず、これから社会に浸透するのに、時間がかかるかもしれないが、このスタイルも”普通”になるはず。

日本にまだ住んでいた時、忙しい忙しいという口癖の人が多い。

常に忙しい=仕事できているという考え方もこれまでは多かった。

だがこれからは、忙しい忙しいではなく、充実したプロダクティブな日々という言葉に変えていこう。

時間はないのではなく、作るものだからね。

最後に!

自分の価値をしっかり見極め、自分の能力を安売りをしないように、自分にしかできないサービスを提供していこう。

image.jpg