出版決定!『ニューヨークが教えてくれた 、「自分らしさ」の磨き方』

朝の清々しい、少し乾燥した冷たい風を感じながら、Tシャツの上に分厚く重たいコートを羽織り、落ち始めた葉が道を舞う音を聞いて、街を歩く。

哀愁の混じった感情が味わえるのは初秋が1年の中で一番好きな季節だ!!

9月生まれの俺は、年中常夏のフィリピンで生まれたものの、秋は、半分流れる日本人の血が騒ぎ出す。

中学、高校のころから、根拠もなしに、「30歳になったら、出版するんだ!」と周りに宣言していたのを覚えている。

2017年9月29日、俺はついに30歳になった!

そして宣言通り、今年の10月25日、宝島社より俺の本が出る。

タイトルは、『ニューヨークが教えてくれた 、「自分らしさ」の磨き方』

AMAZON告知用 copy.jpg

 

人生初の書籍は、大まかにくくると自己啓発・ビジネス本になるのかな?

30歳でどんな人生とビジネスが語れる⁉と思われる方は、回答を探しに、「読書の秋」キャンペーンの一環だと思って読んでみてねん。

 

マニラ生まれ、愛知県育ち。大学卒業後の4年間は東京で仕事し、いまはニューヨークに住んでいるという異色なバックグラウンド。

ローカル感溢れる地方で普通に育った俺が、ニューヨークに住み、多国籍な環境で働く中、俺なり見て感じたニューヨーカーの生き方、考え方、働き方を「グローバルに生きる」という観点から伝えた、コンテンツ満載の一冊になりました!

どうやったらグローバル思考を養えるかを等身大の言葉でつづった内容にもなっており、どのようにして俺がその道を歩いているか、自叙伝的な部分があって、二度(⁉)おいしいよ。w

まだまだ短い人生だけど、自分が経験した、そして自分の目で見て感じたことをひたすら書いたのだ。

 

具体的にどのようなことを書いたかというと、ネタばらし寸前でまとめてみたよ。

・    俺は、色としてのグレーは好きだが、ビジネスにグレーはない

・    SNSの記録に残すためだけでなく本当の感動を味わおう

・    Live your life and moment, 人生を思うままに羽ばたき一瞬一瞬を生きる

・    SNSで有名になるをライフゴールにしてはいけない

・    チャンスはほぼ毎日と言っても過言ではないレベルで全員に訪れているはず

・    アメリカは実力主義ではなく、コネ社会⁉

・    ニューヨークで成功できなかったからと言って、挫折ではない...

・    幸せとは、取り残される恐れへの代用品ではないし、いいね!の数が幸せ指数ではない

・    ニューヨークは人で溢れているのに、孤独

などなど、ニューヨークが教えてくれた、俺がいま率直に伝えたいことが詰まりまくった内容になってるよ。

 

なぜこの本を書いたのか、そしてなぜ30歳という区切りで出版したいと思ったのかは、本に書いたので読んでからのお楽しみということで。

 

2014年でニューヨークへ移住して、仕事がまったく見つからず、無給インターンしたエピソードは生々しく書いた。

それだけではなく、9歳でフィリピンから日本へ移住した際に、いじめに遭い、どのようにして乗り越えたか、などなども記されています!

いまでこそファッション業界にいて起業もしているが、ファッションもしくはビジネススクールに通ったわけではない。

高学歴で、インターナショナルスクールに通ったわけでもない。

176ページの一冊を、出版のプロたちの手を借りて、自分の言葉・意思を伝えるために書き下ろし、約1年間温めたこの企画でじっくり書いては編集してを繰り返し、丸4カ月を執筆に充てた。

過去を振り返るのが何よりも苦手な自分が、これまでを振り返って、そしてこれからどのように進みたいかを「記録」のようなかたちで残した。書き終えてみるととにかく気分がすっきりして、よりクリアーなマインドになった。


「記録」ということで、過去をさかのぼっていき、このようにジョージ少年時代の写真も入っています。

真ん中のピースした、まん丸顔が俺です…。w

真ん中のピースした、まん丸顔が俺です…。w

ニューヨークのSOHO、自宅付近で撮り下ろした写真もあります!(太った写真から成長した振り幅も表現されています。w)photos by 瀬尾宏幸

ニューヨークのSOHO、自宅付近で撮り下ろした写真もあります!(太った写真から成長した振り幅も表現されています。w)photos by 瀬尾宏幸

 

アメリカでは、30歳の誕生日で「Dirty30」や「Big30」などの派手なパーティをする習慣がある。

知り合いには、30歳になったらパーティ、盛大にするでしょ?と言われるが、これに関しては、あまり興味がない。

20、30年経ったあと、過去をまた振り返る機会があったとしたら、豪華なパーティをしたはいいけど、知らない酔っ払った赤の他人が自分の誕生日を祝ってくれても虚しいことに感じられてしまうような気がするのは俺だけ?w

だから、俺にとって、この本がBig30の代わりかな!

自分のやったことが誇りに思えるように、時間を過ごしたい。
 

見出しだけをちら見せすると、こんな感じです。

Screen Shot 2017-09-27 at 10.01.05.png

同時に、アマゾン先行予約も始まっているので、Amazonって下の文字をクリックしてみてね!

こちら→ Amazon

「同情するなら金をくれ」というドラマでの名セリフがあるが、それならぬ「応援してくれているなら、予約ボタンをポチっとクリックしてくれ」。

何度読み返しても飽きさせない内容にしているので、興味を持ってくれた人はぜひチェックよろしく。

 

これまでの自分を支えてくれたすべての人たちに感謝して、恩返しする1年にできたらな、と思います。

初心に戻って、また新たに気合い入れます。

 

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター:川上千尋

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media: @GeorgeRootNYC

 

 

 

#Withエアアジア

 絶賛出張中。

いろんな人たちから、LAに住んでるのでしょ?

と、言われますが。いいえ。違います。

NY在住のはず(?)です。。。。。w

もうかれこれ2ヶ月間NYにいないから、もはやヤドカリ生活だし、少しNYが恋しいです。

 

しかし、朗報があります!

この度は、航空会社のエアアジアとお仕事をさせていただくことになりました!(パチパチ)

仕事をさせていただくと言うと、アバウトすぎるので、簡単にいいますと

エアアジアの認識度アップ!#ThatAirAsiaLife そしてエアアジアを通じて、日本以外のアジアの国を旅行しよう!ということを伝えられたらなと思います。

IMG_6687.JPG

 まず、エアアジアについて、どんな航空会社かというと。

アジア最大級のLCCエアライン。アジア・オーストラリアを中心に24カ国100以上の都市に就航しています。わずか2機の飛行機でスタートした事業だったけど、就航から15年が経った今では200機以上の機体を保有し、3.3億人を超えるお客様にご利用頂くまでに成長。「航空業界のオスカー」とも言われる、イギリスの格付け機関スカイトラック社による「ワールド・エアライン・アワード」にて、8年連続ワールド・ベスト・ローコスト・エアラインを受賞しています。

 

大人気で憧れのデスティネーションとなっているモルジブにも飛んでいるそう。

まだ行ったことのない地なので、絶対行きてーー 

IMG_6684.JPG
IMG_6685.JPG

 フィリピンで9歳まで育った自分からしたら、この仕事は本当に嬉しいチャンス!

正直なところをいうと、フィリピンは発展途上国なイメージで、幼い頃から、フィリピンのハーフというと残念ながらそんなにいい印象を持たれなかったということを経験をしているから、イメージをがらっと変えたいな!

自分でいうのもやばいけど、これほどぴったりな仕事はない!!!!って思うw

 

東南アジアは、世界トップレベルの先進国である日本と比べたらそりゃもちろん発展途上国ではあるが、素晴らしいところもたくさんある。

ヨーロッパやアメリカに憧れを持ちがちだと思うから、僕を通じてアジアの素敵なところも伝えられたらいいなと。

何よりも、アジアは日本から近いからちょっとしたホリデイにさくっといけるからいいよね。

 

そしてなによりもアジアは物価が安いから、エアアジアに乗って、航空券予算を削減し、現地で贅沢な旅ができるのもかなりのメリットだと思うんだ。

 

僕がエアアジアを気に入っている点は価格はもちろんのこと、スローガンがかなりかっこいいんだ。

「Now Everyone Can Fly 」直訳すると、「これでみんなが飛んでいける」という意味。

航空券が高くて飛行機に今まで乗れなかった人も、離れた家族や遠距離恋愛している恋人にすぐに会いに行けるように、飛行機に乗ってその先の旅の経験を通して人生を豊かにできるように、という想いが込められているそう。

自分が学生の時は、学費を稼ぐのに必死だったから海外なんていけなかったからこういうのは特に学生にいいなと思う。

パスポートを持ってない人たちもいるようなので、日本以外の国に行っていろんな経験をしてほしいな。日本を出ることで、いままで気づかなかった日本の素晴らしさを再発見できるよ。

 

エアアジアはいまちょうど、冬休み先取りセールをやっているよう。

東京・成田→バンコク行きの片道チケットがなんと13,000 円から予約ができる!

エアアジアの本拠地、マレーシア・クアラルンプール行きの片道チケットもいまなら13,900 円から買えるってさ。

ほぼ毎週セールをやっていて、3ヶ月に一度のBIGセールもある。

この安さ、尋常じゃないよね!

 

なんでそんなに安いのか?簡単にいうと、価格を下げるために、色々な施策をしていて、フルサービスキャリアのように、デフォルトで色々なものを入れてないのが特徴。機内食、ドリンク、座席指定、預け手荷物重量超過は有料。これはお客様の好みに応じてカスタマイズできるオプションを提供しているからなのだ。なので、ミニマムの予算で抑えたいなら枕、ブランケット、飲食は持参がいいかもね!機内は寒いから風邪をひかないように!

長距離便にはビジネスクラス(フルフラットベッドシート)もあるみたいで、深夜便も快適に飛べるね!飛行中に爆睡して、起きたら到着!そしてすぐ遊びにいけるとこが魅力。

IMG_6686.JPG

 予約からチェックインまで、モバイルアプリが便利みたいだから早速ダウンロードして、みてみて!

AirAsia Mobile App をクリック!

 早速、マレーシアとタイにいってきます!  この2つのデスティネーションには行ったことがないから、#Withエアアジア で新しい発見を見つけるのが楽しみ!  インスタ、インスタストーリー、FB、ツイッターそしてスナチャに発信するからこの旅を俺のSNSで追ってね。  アカウント名は全てGeorge Inakiで検索できるよー!  お気に入りファッション、旅のコツ、そして旅の必需品もちょくちょく紹介するねん!        エアアジアのSNSをフォローしてお得情報や、僕がこの旅で撮った写真を見ることができるよ!     Facebook: @airasiajapan           Instagram: @airasiajp        Twitter: @airasiajp        旅を終えたあと、マレーシアとタイレポートの記事も自分のウェブサイトに随時アップする!  ゆくゆくはジョージ修学旅行企画したいな!w   これから搭乗!  CAのみなさんに囲まれてw

 早速、マレーシアとタイにいってきます!

この2つのデスティネーションには行ったことがないから、#Withエアアジア で新しい発見を見つけるのが楽しみ!

インスタ、インスタストーリー、FB、ツイッターそしてスナチャに発信するからこの旅を俺のSNSで追ってね。

アカウント名は全てGeorge Inakiで検索できるよー!

お気に入りファッション、旅のコツ、そして旅の必需品もちょくちょく紹介するねん!

 

 

エアアジアのSNSをフォローしてお得情報や、僕がこの旅で撮った写真を見ることができるよ!

Facebook: @airasiajapan 

Instagram: @airasiajp

Twitter: @airasiajp

 

旅を終えたあと、マレーシアとタイレポートの記事も自分のウェブサイトに随時アップする!

ゆくゆくはジョージ修学旅行企画したいな!w

 これから搭乗!

CAのみなさんに囲まれてw

IMG_6835.JPG

長年の友達のりえこと遊んでくるー! 

ビジネスクラスはやはり快適! 

IMG_6831.JPG

2014

NYの極寒の冬から避難をするために、NYFWまではLAで住みます。

一番最初にLAに来たときは好きじゃなかったんだ。

車好きじゃないし、どこ行っても遠いし、友達少ないしすごい疎外感がある気がして。

でも来るたびに少しづつ好きになってきて、この世界一大好きな家とアメリカーーーー!という感じがいいんだ。

2014年は色々と変化の一年だった。

頼まれてもいないのに長くなるけど、書ける限り自分の2014年の人生を勝手に振り返りたいと思います。

年越しはフィリピンだった。

マニラの友人宅でカウントダウンをして、次の日にリゾートのボラカイ島に行った。

実は海よりプール派という矛盾しているが、ビーチサイドで日傘の下でマンゴーシェイクを飲みながらマッサージしてました。

あまりにも太陽に当たると、マジでくっっっろくなるから。

シャングリラホテルに泊まったのだけど、プライベートビラがあって、ビラ内にあるプールに猿がたわむれていてかわいかったな。

スパも最高にいいし、サービスもいいし、文句なし!

写真はこちら。

ジャスティンビーバーがフィリピンのリゾートを買ったらしいけど、このシャングリラではないことを祈る。

そして大好きなおばあちゃんにお別れにも行くことができた。

俺はおばあちゃんに育てられたから、かなりのおばあちゃん子。

子供のころはちょっとでも離れると、号泣してたな。

クリスマスだったので、CHANEL No5をプレゼントしたんだ。

またおばあちゃんとハグしたいな。

おばあちゃんはパワフルではちゃめちゃで存在感のある方でした。

フィリピンから東京へ戻ったと思ったら、すぐさまパリにCHANELのオートクチュールショーを見に行ってきた。

初めての体験で、ファッションとは?を学ぶことが出来ていい経験になった。

ラッキーなことに、マドモアゼルシャネルが実際に住んでいたアパルトマンにてDallasコレクションの展示会をやっていたから中に入ることができたよ。

あの有名な螺旋状階段の鏡のとこで写真撮った。

死ぬまで忘れることのできない贅沢でラグジュアリーな社会見学でした。

メゾンミッシェルがポップアップショップをやっていたから、ハットを買って早速被った。

アパルトマン内はこんな感じ!

マドモアゼルはアジアに行ったことがなかったけど、東洋文化がとても好きで至るところにアジアの物が置いてあって、屏風もあったりして意外な側面をみることができた。

展示会中以外は人が住んでいないにも関わらず、中に入ると空気に重みがあって温かみもあるの。

不思議な空間というのはまさにこういうこと。

また、ぜひぜひぜひぜひ行ってみたい。

パリから帰ってきて、嬉しいサプライズが!

フィリピン一大きい新聞紙、The Philippine STARに一面どかーんと自分の記事がw

英語だけど、読みたい人はここで読めるよ。

George Lozano Inaki : Filipino Fashion Wonder Boy in Tokyo

人生の生い立ちや仕事内容等が書かれてる。

フィリピン生まれだけど、日本で育ってるからあんまりフィリピンの人たちと交流がなかったけど、これを機にもっともっとフィリピンの素晴らしさを伝えられる仕事ができたらいいな。

NYに移住する直前にグダグダなサプライズを友達にされ、企画バレバレでディズニシーに連れてってもらった。

寒かったけど、とても楽しかった記憶がある。

そんな友達はリーマンで、ファッションとは無縁。

だからこそ、自分を本当の世界に足を地につかさせてくれてるからファッション浸りじゃなくならずに済む。

2014年2月はNYへ移住。

幼い頃から、漠然とアメリカに住みたいという夢があった。

それが叶った瞬間、なにも感じなかった。

夢が叶う瞬間って、こんなもんなのかな?と思ったりして、じゃあ次の夢をみつけよう!と今探索中。

3月はパリコレ。

ファッションは断然パリブランドが好き。

エレガントだし、自分のスタイルに合っているから。

初めてDiorのショーをみることができたよ。

ラフシモンズとムッシュディオールの女性に対する美像がみれて、これもまたいい経験になった。

CHANELのスーパーマーケットコレクションはもちろん知ってるでしょ?

これはね、会場中にいる大人全員が子供に返って、ごった返したのをみるのがとても面白かった。

CHANELは人間の中にあるyouthをくすぐるのが本当に天才的だなと思ったよ。

パリコレから帰ってきて、すぐに東京へ仕事のために出張に行ってきた。

2011年からの友達と原宿を観光客のように周りました。

この電話ボックスかなり渋いっしょ。

直美ちゃんのおかげでいいとも!最終回を見に行くことができたよ。

ちらっと俺がテレビに映ったらしいので、これを共演だということにしておこう。

東京のあとは、マニラへまたまた行ってきた。

これは泊まっていたホテルからの景色。

フィリピンのめまぐるしい経済成長と街の発展に驚くばかり。

NYに戻ったと思ったら、WWDジャパンから取材された記事が!

半ページに渡って紹介され、企業とガールズインフルエンサーをつなぐミドルパーソンとして書かれた。

これもとてもいい記事だったと思う。

エッジがあるせいか、自分が出る媒体は限られてるからこういうフューチャー系の記事にもっと登場したいな。

5月に行われたDior Cruiseショーがブルックリンで行われたので、クリスタルと見に行った。

ラフシモンズとのスリーショットは貴重でした。

6月はAimeeと再会し、これを機にすごく仲良くなった。

トップブロガーはアメリカではセレブ扱い。

日本との違いがありすぎて、勉強になった。

日本がんばってくださいw

そして、偶然撮った直美の即興ポテトソングが大爆発的に拡散された。

まねをする女子続出。

あんま面白くない人ばっかだったので、面白くなれるようにがんばってください。

7月は自分のTシャツラインを立ち上げた。

のんびりと焦らずにやっていきたいと思います。

新作を製作中なので近々発表するかもかも。

ここでチェックしてね。

George Of Grand

飼育係の委員長になりました。

この金魚を大切に育てます。

9月にまたまたWWDジャパンに登場。

George Of Grandが紹介されて、スラッシャーと呼ばれました。

WWDジャパンいつもありがとうございます!

もっとフューチャーの依頼待ってますw

9月のNYFWはAimeeといるところをパパラッチされ、これも拡散されたな。

スナップ嫌いな俺はこういうかっこいい系なら撮られていいかも。

そして、ダコタファニングにもばったり会って、あまりにもファンだったため記念写真撮った。

存在感はんぱないっしょ。

今年の誕生日はパリで過ごした。

パリからNYへ移動したので、誕生日が36時間あったよ。

友達からサプライズされたり、本当にいい日でした。

みんな、ありがとう。

10月はNYで行われた、CHANEL No5のイベントに行ってきた。

アメリカでやるCHANELのイベントは初めてだったからウキウキしていった。

やっぱトップクラスのセレブリティは違うね。

写真はバズラーマン監督とジゼルブンチェン。

11月、出張のため東京へ半年ぶりに帰国!

焼肉やら、サンギョプサルやらうまいもんばっか食った。

幸せを運ぶピンクのタクシーに乗ることができた。

運転手さん、かなりおしゃべりだったな。

Studio Body Designの加藤康子先生と出会って、体調が変わった。

本当に加圧ビューティは最高。

帰国し、愛犬と見つめあった。

Thanks Givingディナーはこんな感じ。

12月、仕事のためまたまた東京へ帰国。

Dior Esprit Tokyoコレクションのショーは日本中が騒いだでしょう。

以上、一年のハイライトでした。

NYへ行ったがために、自然にフリーランスを今年の2月からしてるわけだけど、皆様のおかげでちょくちょく大きなプロジェクトに携わることができて本当にありがとうございました。
今年はグリーンカードを所得するために、攻めることが出来ず我慢する年だったけど、それも来年勝負するための種まき期間だと思っています。
こらえて、じっくりと考えて、たさくん感じる一年にだったと思う。
せっかちな自分にとってちょっと2分くらい悩んだ時があったけど、それも試練だな。
自分のウェブサイトのアクセスも調子よくなってきてるし、たくさんの方々に記事読んだよ!と多くの方に褒められて正直びっくりしている。

コメントもちゃんと読んでるからね、いつも読んでくれてありがとう。

とにかく人に恵まれたいい一年でした。

2015年もよろしく。

ピース。
 

 

"George Inaki"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

Instagram:@georgeofgrand

Tumblr:@georgeofgrand

Pinterest:@georgeofgrand