ラフ・シモンズはNYファッションウィークを変えることができるか?

2016年8月、Diorを去ったRaf SimonsがNYのアイコニックなブランド、Calvin Kleinにチーフクリエイティブオフィサーとして正式に移籍したというニュースを読んでから、その日を待ち望んでいた。

 

Raf Simonsによるファーストコレクションが遂に2017年2月10日、デビューを果たした。

 

今年1月末には、Calvin Klein by Appointmentのローンチ、そしてファッションショー直前には新広告ビジュアルが発表され、ミニマルで洗練されたフォトがNYいや世界中をジャックした。アメリカのブランドのはずなのに、ヨーロッパの香りのする、オーダーメイドで注文できる新ラインをスタートさせた。WWDによると、生産はNYで、個別のアポイントメントは4月から受け付けるという。

Calvin Kleinの新広告。アメリカン・クラシックを表現している

Calvin Kleinの新広告。アメリカン・クラシックを表現している

アンダーウェアの広告もお披露目になり、今までにない新鮮なイメージを打ち出した。

Calvin Kleinといえば、これでもかというくらい筋肉ムキムキのセクシーな男性が下着1枚というスタイルが続いていたが、Rafのディレクション下では、Andy Warholのアートの前に、細くアンニュイな男の子がポツンと写っていて、セックスとは全くかけ離れたイメージとなっている。

以前話題になったJustin Bieberの広告

以前話題になったJustin Bieberの広告

今回の新広告

今回の新広告

たまたまタイムズスクエアに行ったら、Calvin Kleinがジャックしていたので、パチリ。

 

Calvin Kleinはデジタル、トラディショナル広告、イベントを本当にうまく駆使している印象で見ているだけで勉強になる。特にデジタルアクティビティはミレニアルが自ら発信したくなるような仕掛けをつくるのが非常にうまい。

Calvin Kleinは下着屋さんじゃないの?と思う人にはいい機会だし、ここでブランドについてざっくりと振り返ってみよう。

 

ニューヨーク市生まれのCalvin Kleinが、マンハッタンにあるFITでファッションを学んで卒業した後、1968年に始めたブランド。NYの洗練と冷静な情熱を体現したようなデザインは、発表直後にあっという間に世界を席巻。翌年にはVogueに登場しているし、スタートから5年以内でスポーツウェアと香水のラインをローンチ。香水ラインの伝説は説明不要だろう。70年代後半までにはアンダーウェアのラインを発表している。Herb Rittsの撮ったMark Wahlbergの広告はあまりに有名だよね。2003年にKlein本人がデザイナーを引退した後でも、アメリカとNYを代表するブランドであり続けている。

 

NYといえばCalvin Kleinなわけだが、ここでRaf Simonsを知らなかった人たちに、彼について少し紹介しよう。

 

Rafは、Calvin Kleinが誕生した1968年にベルギーで生まれたデザイナー。だが、ファッションを学んだことは一度もない。服のデザインは独学。彼がアントワープで学んだのはインダストリアルデザインだ。95年にメンズウェアのデザイナーとしてデビューし、Jil SanderやDiorで活躍した。彼はアートに造詣が深いことで有名で、それは彼のするデザインに反映されているからよく分かる。

 

Calvinといえばミニマル。Rafといえばミニマル。

ブランドアイデンティティとRafのビジョンがぴったりだから納得。

 

ショーはどんなかというと、セックスアピールを武器にしていた、これまでのブランドイメージと変わって、ジェンダーレスでユニセックスな着こなし、エフォートレスなアティテュード、そしてひたすら引き算されたデザイン。

若さやポジティブさを表現しながら、ミニマルでクラシックな上品さもあって、ブランドのコアを余すところなくアピールしている。服がブランドを語るという真髄を思い出させてくれた。

 

NYFWといえば、ヨーロッパと比べてコマーシャルすぎて学園祭の延長線みたいなショーやプレゼンテーションばかりに、Rafは全く違う空気を落とし込んだ。

メディアの至るところで、RafはNYに影響を与えるか?という記事が目立つが、間違いなく答えはYES。彼は、多大な影響をNYファッションシーンに与えた。

小さく、限られたショーのスペース。ファッションを本当に理解した、選ばれた人たちのみがショーを見ることができた。

モデルをみると、トレンディでいわゆるSNSセレブリティモデルが一切いなく、正統派で硬派なキャスティングをしたのが分かる。

まるで、Rafはどの人種のモデルに対しても平等にチャンスを与えたかのようだ。

このご時世にトレンディモデル、ブロガー、セレブリティに頼らずにここまでバズを起こしたCalvin Kleinには「私たちは自分たちのクリエーションのみで勝負をするんだ」という自信が感じられた。

 

ショーを閉じたRafと、彼の右腕で、いなくてはいけない存在のPieter Mulierが登場したときは感動してしまった。「Dior and I」を見た人は彼のことを知っているだろう。どんな気持ちであのショーをクリエイトしたのか、感慨深くて、その瞬間を目撃することができてよかった。

あまりにもCalvin Kleinは長年セクシーでうっていたため、既存顧客がどう反応するかに注目だが、それよりもいままでCalvin Kleinに目を向けていなかった新しい顧客を圧倒的に、あっという間に獲得できると思うので、心配する必要はなさそう。

正統派かつ硬派なクリエイティブオフィサーの  Rafが創る新生Calvin Kleinから、目が離せない。

Pieter MulierとRaf Simons

Pieter MulierとRaf Simons

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター:恩地祥博

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media:@georgeinaki

誰もが“フォトグラファー”の時代は正解か?

A Happy New Year!!

あけまして、おめでとうございます。

新年1発目は、フォトグラフィーについて書こうと思う!

 

パートナーの影響でフォトグラフィーに興味を持ち始めたのは、4年ぐらい前かな?

インスタントカメラやプリクラで育った僕は、フィルムカメラやファインアートのフォトグラフィーとは全く無縁だった。

 

今では自宅に、アートのコレクションとして無数のフォトグラフィーがある。

自宅にて

自宅にて

伝説のフォトグラファー、Irving Pennに師事し、コマーシャルもポートレートも素晴らしく撮るMichael Thompson。男性の魅力をあますところなく写し、この世で最も美しい白黒写真を撮るDavid Armstrong。スティルだけでなく、フィルムなどでも撮るアーティストで、作品が訴えかけてくるようなメッセージ性の強い写真を撮るGordon Parks。あとはフランス人らしい皮肉やチャームを、特に女性美を切り取ることで伝えるBettina Rheimsなど。

数多くいるフォトグラファーの中でも、彼ら4人の作品がお気に入り。

 

何が好きかって、写真を見たときに考えさせられるようなところ。その瞬間を捉えた最高の一瞬が、まるで時が止まったようにロマンスとストーリーが存在するのかな、と思うと想像力が高まる気がして好き。

毎年5月に行われるGordon Parks Foundationのチャリティガラディナーは本当に素敵で、アリシア・キーズ、アッシャー、そしてファレルが駆けつける、華やかなイベントなのだ。CHANELのデザイナー、カール・ラガーフェルドも個人的に支援しているほど。

彼の1940~70年代のもの、特に公民権運動時のアメリカの写真は、本当にパワフル。当時の人たちの鋭い視線や情景が、すごくストレートに伝わってくる。

ドキュメンタリーを見ているかのような写真は、「歴史の証人」のようなTIME誌に掲載されているのも納得だよね。

お気に入りのMichael ThompsonとDavid Armstrongの作品

お気に入りのMichael ThompsonとDavid Armstrongの作品

Gordon Parks Foundationガラで落札した作品

Gordon Parks Foundationガラで落札した作品

 

たった一枚のプリントされた写真に、何百万円もの値段がついているのは夢のようで、この栄誉を手に入れられるのは、本当に一握りなのだ。

 

LA自宅のフォトグラフィー

LA自宅のフォトグラフィー

デジタルカメラの普及、そしてインスタグラムやフィルターの発展、そしてブロガーという職業ができたおかげで、誰もが簡単に写真をうまく撮れる時代となり、フォトグラファーとしてもお金を稼ぐことができる。

時代の流れ的にはOKだが、“フォトグラフィーのクオリティ”でいうと、少し違和感を覚えてしまうのは僕だけだろうか?

 

SNS、ウェブショップ用の写真は、スピーディーに撮らなければいけないため、フォトグラファーは速攻で提出しなければいけない。

写真が撮れて、インスタでフォロワーをたくさん持っていれば、仕事がどんどん入るし、ギャラもどんどん高くなる。

一方、写真を撮るのは本当にうまいが、フォロワーが少ない人はギャラが低くなってしまうのか?という疑問も出てくる。

ちょっと待った。

 

企業側がフォトグラファーを起用する際にも、写真のよさがわからない人からしたら全く異なる写真でも一緒に見えてしまうわけだから、露出をより得るために、フォロワーを多く持つ“フォトグラファー“を選んでしまうのも当然。

ここで、「何がイケていて何がイケていないのか」、それを精査したり、ふるいにかけたりする、ミドルパーソンのセンスが問われると思うんだ。

でも、これはあくまでも理想で、クライアントや消費者側はそれを求めていないのかもしれない。

作品が被写体頼りになりつつあって、フォトグラファーのテクニックやアーティスティック性は二の次。

これでは、どんどんクリエイティブのレベルが落ちてしまうのではないかと思うと、悲しいな。

 

 

日本の雑誌のコマーシャルフォトは、本当にフォトグラフィーに対する情熱が伝わる媒体だから、もっと興味を持って欲しいよね。

 

 

正直、HYPEBEASTのようなオーバーレタッチされた写真が、「おしゃれ」で、「ハイセンス」と思われがちだが、僕はもう飽き飽き。

HYPEBEASTオリジナルのやり方で、ある種のカルチャーを作ったから、彼らがやるのはもちろんいいが、それを真似する“フォトグラファー”はやり方を変えるべきだと思うんだよね。

これではフィルターかけて、フォトショップをして元の写真が普通なのであれば「誰でもできるじゃん」って思っちゃうし。

 

クオリティを見極められる人物、そしてよいものを伝えられる人物が重宝されそうな動きが出てきそう。

 

NY在住フォトグラファーの瀬尾宏幸くん@hiroyukiseo66)はおすすめ。

年代を感じさせないタイムレスでピュアな写真に、ロマンスを感じるね。

瀬尾くんのアーカイブより

瀬尾くんのアーカイブより

瀬尾くんが撮ってくれた写真

瀬尾くんが撮ってくれた写真

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター:恩地祥博

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media:@georgeinaki

Nomad Style.

NYの平日昼間でも、カフェやジムで人をたくさんみかける。

この人たちは一体、どんな仕事をしているんだろう。

なんで平日昼間でも人が多いんだろうと疑問に思ったことがたくさんあった。

→おそらくニューヨーカーも、俺がなんで平日昼間にカフェにいるんだろうと思っているだろうw

服装は決してビジネスライクではないし、みんなパソコンに向かって打っていたり忙しそう。

日本ではなかなかみられる光景ではなかった。

おかげさまでNY生活も段々慣れてきて、たくさんの人たちに会っているが、フリーランスやいわゆるサラリーマンではない人たちに会うこともしばしば。

そこで思ったのが、今の時代の雇用形態が少しづつ変わってきて、ノーマッドスタイルになってきているのではないかと思うんだ。

※ノーマッドを日本語で直訳すると遊牧民。これをビジネスに当てはめると、特的の場所で働くのではなく、自由に働き場所を変えるということ。

image.jpg

ここからは自分の考察を元に書くね。

おそらく、これまでの会社のために働くという意識から、自分のために働くと思っている人が増えてきているのではないかと思う。

自分の人生を捧げて会社のために働いているのに、不満ばかり。給料もこれっぽちか。というジレンマから、

固定の給料や保険がもらえず、保障がない代わりに、ストレスフリーで自分の好きに人生を歩みたいというスタイルになりつつある。

そして、ニューヨーカーはフットワークが軽いから仕事の枠を一つに狭めず、マルチタレント、マルチタスクをこなす人が多いのは事実。

これを日本の考え方でみた場合、”何でも屋さん”みたいで、特定の仕事をしていないから、

そのような活動をしている人たちのことを、どうしても下に見がちな気がするんだ。

それに対して、ニューヨーカーはタイムイズマネー。時は金なりの考え方で、お金儲けのためならフレキシブルに仕事内容を変えているのが現状。

よって、ケースバイケースの柔軟な対応ができてビジネスが発達している。

できないことはない、なんとかして実現させる!というハングリー精神から来ているのかも。

全員が全員ではないが、日本のビジネスは柔軟性に欠けている印象。経験から言わさせてもらうと、それは事実。

ルールだから、こうだから。という型にはまった考え方が先走っている人が多いようだ。

裏を返すと、勤勉で非常にまじめな性格なところが素晴らしい。

日本人は正直者と言われているしね。

例をあげると、アメリカの雑誌のエディターは、そのプロとしての経験を買われて、他のスタイリングの仕事や、コンサルティングを頼まれることが多い。

そして、人気エディターだったらブログやSNSを持っているだろうし、その発信力も問われているはず。

※もちろん、エディターと会社の契約によりけり。特に出版社はエディターがよそで儲けるのをよしとしないので、よそからお金をもらうことを禁止しているところも多い。コントリビューターはまた別の話し。

要するに、裏方と表方の仕事を両立したフレキシブルな人材が多い。

このビジネススタイルはやはりアメリカ発で、アメリカから外に広がるにはまだまだ時間がかかるではないかと思う。

自分のことについて話してみよう。

2013年当初、ジョージはデジタルPRと公言している割には、目立ちたいだけなんではないかと言われたことがある。

俺のことを、ブロガーと思っている人もたくさんいるはず。

だけど、俺の本職はデジタルPRであり、ファッションPRを軸にしたブランディングコンサルティングも行っている。

ファッションPRなのに、自身が発信力がないというのは今の時代、御法度だと思い、積極的にSNSやウェブサイトも更新している。

これを他人からみた場合、ジョージは何をやっているかよくわからないが、とにかくファッションブロガーだと思う。と、思い込んでしまう人が多い。

やはり、人から見た表側が前に出てしまうのは仕方がない。

つまり何が言いたいかというと、これからの時代は自分のために(働くという)ノーマッドスタイルを選択する、ビジネスの層が広がるのではないかということ。

このジャンルでこれを始めたのは、間違いなく(自称)日本では自分が初めてだと思っている。

一日、24時間しかないから自分のライフスタイルに合わせて仕事をしてお金を稼ごう!

昼間に大好きなピラティスのクラスがあったら絶対行きたいから、それに合わせて自分の仕事時間を調整したいじゃん?

今はまだ理解されず、これから社会に浸透するのに、時間がかかるかもしれないが、このスタイルも”普通”になるはず。

日本にまだ住んでいた時、忙しい忙しいという口癖の人が多い。

常に忙しい=仕事できているという考え方もこれまでは多かった。

だがこれからは、忙しい忙しいではなく、充実したプロダクティブな日々という言葉に変えていこう。

時間はないのではなく、作るものだからね。

最後に!

自分の価値をしっかり見極め、自分の能力を安売りをしないように、自分にしかできないサービスを提供していこう。

image.jpg

How to wear George Of Grand

George Of Grandを起ち上げてから一ヶ月が経ちました。

媒体露出がほぼないにも関わらず、好調な売れ行きには大変感謝しております。

instagram、twitter、FB(プライベート)と個人ブログの発信だけでこんなにも反応があると思うと本当にソーシャルメディアは力があるんだなと再認識させられた。

おかげさまで色んな人に着てもらったし、こんなスタイリングがあるんだと逆に勉強になった。

どうもありがとう!

Tシャツに200ドルは高い!とちらほら声があるけど、タイムレスなデザインで飽きないし、今の時代にはなかなか難しいMADE IN NYC(NYマンハッタンにあるガーメント地区に工場があります)を今後も継続させたいなと思う。

プリントされているデザインはNY在住のアーティスト、Meguru YamaguchiからGeorge Of Grandのために提供してもらったんだ。

Tシャツにプリントされてるデザインは"The City"というタイトルで、マンハッタンをイメージしたアートなんだ。

華やかそうな街だけど、どこか哀愁感のある雰囲気が最高にカッコいいと思ってるよ。

タンクトップのデザインは"The Sign"というタイトル。

これはマンハッタンにある自宅付近の道路標識からインスパイアされたアート。

全ては自宅からこのブランドがスタートしているからどうしてもデザインとして落とし込みたくて想い入れが深いんだ。

詳しいブランドストーリーは下のリンクで読んでみてね。

www.georgeofgrand.com/aboutus

instagramにアップしてタグ付けしてくれた人にはGeorge Of Grandのオフィシャルウェブサイトに載るよ。

TAG USをチェックしてね。

そしてGeorge Of GrandはTumblr、Pinterestもやってます。

アカウントはこちら!

Pinterest:@georgeofgrand

georgeofgrand.tumblr.com

パソコンでウェブサイトをみてくれた方が世界観がより伝わるよ。

これまでにたくさんの方々がインスタにアップしてくれたんだけど、特に気になったスタイリングを紹介するね。

トップバッターはリアル王子のSHOUTAくん。

ジーンズはSaint Laurent、スニーカーはGivenchy、バッグはCHANEL、アクセサリーはCartier。こんな子が東京に存在しているなんて知らなかった!

ラグジュアリーファッションを着ても、George Of Grandは着負けしないことを証明させてくれた写真だね。

彼のinstagramをフォローするべし→@xxshoutaxx

次はカナダ人のYaelちゃん。

ジャケットはSaint Laurent、ブーツはOscar De Larenta。

ラグジュアリーとストリートのいいコンビ!

ドイツ人のAysはさらりとブラックのダメージパンツにスリッポンの組み合わせ。

昔からフォローしてくれてる大学生のJunkiくんはスポーツとストリートを見事にうまくミックスしてくれた!

ダンサーのりえこは古着のショーツにマーチンのブーツ。

音楽プロデューサーのStyくんはRick OwensのショーツにNIKEのスニーカーが今時っぽくて好き!こういう格好を自分でもしてみたいな。

13歳で俳優のMalikくんが無邪気にフラフープしてる写真がめっちゃかわいいw

この子、かなりおしゃれでとても注目してる。

イタリア人のちょい悪オヤジ、Marcoはイタカジの着こなしには完敗!

日本の雑誌にもよく載ってるらしい!

三代目J Soul BrothersのEllyくんはアンディワーホルのアートをバックにアップしてくれたよ!

イカついローレックスとクロムハーツにも合うんだなと勉強になりました!

どうもありがとう!

他にも、鈴木えみちゃん、渡辺直美ちゃん、Meg Baby、Genking、Beniが着てくれた!

本当にどうもありがとう!

在庫も少なくなってきたのでまだの人は、これを機にGeorge Of Grandを着てみてください。

600ドルもするラグジュアリーブランドのTシャツにも負けないクオリティだし、なによりもトレンディなデザインではないから何年も着れるよ。

全世界(一部除く)へシッピングも可能なのでぜひ!

リンクはこちらになります。

georgeofgrand.com/onlineshopping

みんなのアップする写真を楽しみにしてるよー

"The George"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

Instagram:@georgeofgrand

Tumblr:@georgeofgrand

Pinterest:@georgeofgrand



Wanna be "designer".

「ジョージさん、私と会ってください。会ったら私の人生が変わる気がするのです。」

と、ある日本人女子から素敵なメールが届いた。

人の人生を変えられるほど自分に力があったっけな?と思いつつもメールから伝わる気持ちと行動力に惹かれ、全く会ったことも話したこともない女の子とNYでお茶をした。

話しを聞くと、東京で109ブランド系の店頭で働いていたが現在は外資系ファストファッションブランドで接客販売員として仕事をしながらデザイナーを夢みるティーンエージャーである。

今時なかなかいないやる気のある女の子だなぁと思った。

その子の緊張が解かれ、もっと深い話しを聞くと日本ではなくNYでデザイナーになりたいと語る。

大きな夢を持っているなと感心をした。

しかし緊張が解けすぎたのか次第に、「どうしたらデザイナーになれますか?」とか、

「バイヤーはどういう仕事なんですか?」とか、「どうしたら海外で仕事ができますか?」とか、「ジョージさんのようにCHANELやDIORのファッションショーに行けるようになりたい、どうしたらいいですか?」いう質問ばかり。

まず、そもそも俺はキャリアセンターではないしそういうアドバイスは無理矢理だと思う。

デザイナーになりたいのならば、俺の話しを聞くよりパーソンズやFITのような学校へ行って話しを聞けば早いし効率がいい。

業務内容はググれば一発で調べられるのに...

正直なところ、話しを聞けば聞く程次第に不信感を抱くようになったがとりあえず我慢した。

今時の子たちはどういう思考回路なんだろうという興味心があったしね。

現在デザイナーを目指していて、○○学校に通っていて、こういうデザインをしていて、どのブランドなら私と合いますか?というアドバイスならもちろん協力するし大歓迎だけど、それではあまりにも他人任せなのではないかい?

そういう子に限ってメールの件名は書かないし、マナーや道徳に欠けているよ。

「iPhoneより送信」というテキストがなによりも気になる。

パソコンで文章を打って、何度もメールを読み返しながら正しいメールを送るべき。

ティーンエージャーだからといってこのような行動は許されないよ。

ファッション業界は華やかに見える、しかしとても泥っぽくて厳しい世界だという事を認識して。

世界各国でファッション業界で働きたい人たちがNYに集まるわけだから相当の実力がなければ生き残ることのできない弱肉強食の世界。

アメリカって、ビザが必要なんですか?どうやったらビザがもらえるんですか?という質問もされ、これにはさすがにカチンと来た。

俺は大使館ではないからそんなのわからない。

ビザは個人の問題だから大金を出して、弁護士を雇いなさい。

失礼極まりないと遺憾に思いつつも、この子たちは失礼だと意識がないと思うと哀れ。

だけどこれが現実。

日本で有名人をたてた、いわゆるファッションプロデューサーが溢れている時代。

「デザイナー」に憧れる若い子たちが増殖する一方、「デザイナー」という職業をいまいち理解できていないのが現実。

ファッションブランドの店員として働いているからファッション業界で働いていると思わないで欲しい。

ファッションデザイナーの他にも職種があるよ。

そこから必死に働いて、自分はできる!というやる気をみせて這い上がってブランドを動かすポジションまでになって欲しい。

NYに住んでてかっこいいなー。と言うのも絶対NG。

少なくとも俺はそれを言われるのが一番嫌い。

NYに住んでるからかっこいいと思うやつは自国へ帰るべき。

NYに住んでいるのはあくまでもスタートであり、ゴールではない。

NYで何をやりたくて、何を成し遂げてその先はどうしたいのかという明確なビジョンがないと本当にやっていけないからね。

とても厳しいけど、それが現実であって越えるべき壁だからね。

Picture by STANISŁAW BONIECKI( @bobrowiec )

Picture by STANISŁAW BONIECKI(@bobrowiec)


"The George"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

Instagram:@georgeofgrand

Tumblr:@georgeofgrand

Pinterest:@georgeofgrand