デジタル施策に見る、日本のミレニアルズに起きている変化とは?

 

 

デジタルマーケティング。それはこの現代で、最も必要とされるコミュニケーションツール。

 

従来のPR方法では、ブランドや企業の声がミレニアル世代に簡単にはもう届かない時代になっていることは確実。

 

話を聞いてみると、媒体をフォローして記事を読むよりは、自分がフォローしているインフルエンサーが投稿した記事を見て、その媒体のサイトへ飛ぶことも珍しくないらしい。

要するに、これまでの“媒体発信→記事やニュース”から、“インフルエンサー発信→媒体記事→消費者”へと、読む順番が変化しているのではないか。

 

そんな過渡期にあって、その変化に気がついていても、効果的なデジタルマーケティングのハードルは年々高くなってきており、これまでは一般的だった、製品とのセルフィー画像をインスタに載せるというやり方ではもう通用しないのはあきらか。

 

そんななか、カルバン・クラインは面白いデジタル施策を行っているのだ。

 

ご存知であろう、カルバン・クラインのアンダーウェア。

コットンから伸縮性のある生地まで、素材のバリエーションが豊富で、見慣れたアイコニックなロゴ。

海外では、世界的に有名なセレブリティ、モデルが投稿していることもあり、「#mycalvins」が爆発的にヒットし、あらゆる国からこれでもか!というほど、自身の肉体自慢とともに、胸、お尻の投稿がSNS上に溢れている。

 

しかし、肌を隠す習慣のある日本には、こんな投稿は通用するのであろうか?

 

答えは限りなくゼロに等しいであろう。

 

このように、国民性と文化の違いで、カルバン・クラインのようなグローバルブランドでも、#mycalvinsのような施策が、ローカルに進出しづらいこともある。

7月に東京で同ブランド初のアンダーウェア専門店がオープンし、そのタイミングで、戦略としてグローバルハッシュタグの#mycalvinsをそのまま残し、ローカルハッシュタグの「#じつはCK」、「#みせるCK」を加えることで、一気に東京のおしゃれキッズの間で浸透しつつある。

 

最近、NYモデルエージェンシーのソサエティと契約を結び、モデル業の活躍がグローバル規模で期待される森星さんがプロジェクトを皮切り、鈴木えみさん、Beniさん、植野有砂さん、浅野啓介さんらビッグネームが次々と参加していた。

スクリーンショット 2017-08-09 午後4.10.15.png

 

7月末にはストアイベントも開催し、ハッシュタグに参加する人たちをどっと増えたようだ。

instagram  @tsumire1224

instagram @tsumire1224

instagram  @crazy_shizuka

instagram @crazy_shizuka

 

 

#じつはCKで、“秘密裏にさりげなくアンダーウェアを着ているんだよ”、#みせるCKで、“大胆にステートメントアイテムとして、CKアンダーウェアを着ているんだよ”、の2パターンでどちらが自分のタイプに合っているのかを一般大衆に決めさせ、参加を促進している。

 

すると、意外にも、シャイな人が多いはずの日本で、結果として#みせるCKが多く、これは驚き。


隠したがるであろうと予想していたが、わかりやすく表現しやすいうえに、ありそうでなかったハッシュタグ遊びができたことによって、「あ、下着って見せていいんだ!」と心理に変化が起き、この戦略は成功したのではないかとみている。

結果として、ハッシュタグ遊びに参加するという感覚で、意外に日本人にも、ちょっぴり恥ずかしいけど、見せたい願望があったのではないか。

 

ミレニアル世代の考え方が、古典的からどんどん大胆になってきている。

 

俺は、ほぼ毎日CKアンダーウェアを着用しているが、なかなか見せられないのがホントのところ。

腹筋が割れていれば自慢するかもしれないが、食べることが好きな俺は、

おとなしく、#じつはCKを選ぶことにするよ。

 

あなたなら、じつは、みせる、のどっちを選ぶ?

 

スターデザイナーである、ラフ・シモンズがクリエティブディレクターに着任したし、今後のカルバン・クラインから目が離せない。

 

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター : 川上千尋

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media:@georgerootnyc

 

 

 

2014

NYの極寒の冬から避難をするために、NYFWまではLAで住みます。

一番最初にLAに来たときは好きじゃなかったんだ。

車好きじゃないし、どこ行っても遠いし、友達少ないしすごい疎外感がある気がして。

でも来るたびに少しづつ好きになってきて、この世界一大好きな家とアメリカーーーー!という感じがいいんだ。

2014年は色々と変化の一年だった。

頼まれてもいないのに長くなるけど、書ける限り自分の2014年の人生を勝手に振り返りたいと思います。

年越しはフィリピンだった。

マニラの友人宅でカウントダウンをして、次の日にリゾートのボラカイ島に行った。

実は海よりプール派という矛盾しているが、ビーチサイドで日傘の下でマンゴーシェイクを飲みながらマッサージしてました。

あまりにも太陽に当たると、マジでくっっっろくなるから。

シャングリラホテルに泊まったのだけど、プライベートビラがあって、ビラ内にあるプールに猿がたわむれていてかわいかったな。

スパも最高にいいし、サービスもいいし、文句なし!

写真はこちら。

ジャスティンビーバーがフィリピンのリゾートを買ったらしいけど、このシャングリラではないことを祈る。

そして大好きなおばあちゃんにお別れにも行くことができた。

俺はおばあちゃんに育てられたから、かなりのおばあちゃん子。

子供のころはちょっとでも離れると、号泣してたな。

クリスマスだったので、CHANEL No5をプレゼントしたんだ。

またおばあちゃんとハグしたいな。

おばあちゃんはパワフルではちゃめちゃで存在感のある方でした。

フィリピンから東京へ戻ったと思ったら、すぐさまパリにCHANELのオートクチュールショーを見に行ってきた。

初めての体験で、ファッションとは?を学ぶことが出来ていい経験になった。

ラッキーなことに、マドモアゼルシャネルが実際に住んでいたアパルトマンにてDallasコレクションの展示会をやっていたから中に入ることができたよ。

あの有名な螺旋状階段の鏡のとこで写真撮った。

死ぬまで忘れることのできない贅沢でラグジュアリーな社会見学でした。

メゾンミッシェルがポップアップショップをやっていたから、ハットを買って早速被った。

アパルトマン内はこんな感じ!

マドモアゼルはアジアに行ったことがなかったけど、東洋文化がとても好きで至るところにアジアの物が置いてあって、屏風もあったりして意外な側面をみることができた。

展示会中以外は人が住んでいないにも関わらず、中に入ると空気に重みがあって温かみもあるの。

不思議な空間というのはまさにこういうこと。

また、ぜひぜひぜひぜひ行ってみたい。

パリから帰ってきて、嬉しいサプライズが!

フィリピン一大きい新聞紙、The Philippine STARに一面どかーんと自分の記事がw

英語だけど、読みたい人はここで読めるよ。

George Lozano Inaki : Filipino Fashion Wonder Boy in Tokyo

人生の生い立ちや仕事内容等が書かれてる。

フィリピン生まれだけど、日本で育ってるからあんまりフィリピンの人たちと交流がなかったけど、これを機にもっともっとフィリピンの素晴らしさを伝えられる仕事ができたらいいな。

NYに移住する直前にグダグダなサプライズを友達にされ、企画バレバレでディズニシーに連れてってもらった。

寒かったけど、とても楽しかった記憶がある。

そんな友達はリーマンで、ファッションとは無縁。

だからこそ、自分を本当の世界に足を地につかさせてくれてるからファッション浸りじゃなくならずに済む。

2014年2月はNYへ移住。

幼い頃から、漠然とアメリカに住みたいという夢があった。

それが叶った瞬間、なにも感じなかった。

夢が叶う瞬間って、こんなもんなのかな?と思ったりして、じゃあ次の夢をみつけよう!と今探索中。

3月はパリコレ。

ファッションは断然パリブランドが好き。

エレガントだし、自分のスタイルに合っているから。

初めてDiorのショーをみることができたよ。

ラフシモンズとムッシュディオールの女性に対する美像がみれて、これもまたいい経験になった。

CHANELのスーパーマーケットコレクションはもちろん知ってるでしょ?

これはね、会場中にいる大人全員が子供に返って、ごった返したのをみるのがとても面白かった。

CHANELは人間の中にあるyouthをくすぐるのが本当に天才的だなと思ったよ。

パリコレから帰ってきて、すぐに東京へ仕事のために出張に行ってきた。

2011年からの友達と原宿を観光客のように周りました。

この電話ボックスかなり渋いっしょ。

直美ちゃんのおかげでいいとも!最終回を見に行くことができたよ。

ちらっと俺がテレビに映ったらしいので、これを共演だということにしておこう。

東京のあとは、マニラへまたまた行ってきた。

これは泊まっていたホテルからの景色。

フィリピンのめまぐるしい経済成長と街の発展に驚くばかり。

NYに戻ったと思ったら、WWDジャパンから取材された記事が!

半ページに渡って紹介され、企業とガールズインフルエンサーをつなぐミドルパーソンとして書かれた。

これもとてもいい記事だったと思う。

エッジがあるせいか、自分が出る媒体は限られてるからこういうフューチャー系の記事にもっと登場したいな。

5月に行われたDior Cruiseショーがブルックリンで行われたので、クリスタルと見に行った。

ラフシモンズとのスリーショットは貴重でした。

6月はAimeeと再会し、これを機にすごく仲良くなった。

トップブロガーはアメリカではセレブ扱い。

日本との違いがありすぎて、勉強になった。

日本がんばってくださいw

そして、偶然撮った直美の即興ポテトソングが大爆発的に拡散された。

まねをする女子続出。

あんま面白くない人ばっかだったので、面白くなれるようにがんばってください。

7月は自分のTシャツラインを立ち上げた。

のんびりと焦らずにやっていきたいと思います。

新作を製作中なので近々発表するかもかも。

ここでチェックしてね。

George Of Grand

飼育係の委員長になりました。

この金魚を大切に育てます。

9月にまたまたWWDジャパンに登場。

George Of Grandが紹介されて、スラッシャーと呼ばれました。

WWDジャパンいつもありがとうございます!

もっとフューチャーの依頼待ってますw

9月のNYFWはAimeeといるところをパパラッチされ、これも拡散されたな。

スナップ嫌いな俺はこういうかっこいい系なら撮られていいかも。

そして、ダコタファニングにもばったり会って、あまりにもファンだったため記念写真撮った。

存在感はんぱないっしょ。

今年の誕生日はパリで過ごした。

パリからNYへ移動したので、誕生日が36時間あったよ。

友達からサプライズされたり、本当にいい日でした。

みんな、ありがとう。

10月はNYで行われた、CHANEL No5のイベントに行ってきた。

アメリカでやるCHANELのイベントは初めてだったからウキウキしていった。

やっぱトップクラスのセレブリティは違うね。

写真はバズラーマン監督とジゼルブンチェン。

11月、出張のため東京へ半年ぶりに帰国!

焼肉やら、サンギョプサルやらうまいもんばっか食った。

幸せを運ぶピンクのタクシーに乗ることができた。

運転手さん、かなりおしゃべりだったな。

Studio Body Designの加藤康子先生と出会って、体調が変わった。

本当に加圧ビューティは最高。

帰国し、愛犬と見つめあった。

Thanks Givingディナーはこんな感じ。

12月、仕事のためまたまた東京へ帰国。

Dior Esprit Tokyoコレクションのショーは日本中が騒いだでしょう。

以上、一年のハイライトでした。

NYへ行ったがために、自然にフリーランスを今年の2月からしてるわけだけど、皆様のおかげでちょくちょく大きなプロジェクトに携わることができて本当にありがとうございました。
今年はグリーンカードを所得するために、攻めることが出来ず我慢する年だったけど、それも来年勝負するための種まき期間だと思っています。
こらえて、じっくりと考えて、たさくん感じる一年にだったと思う。
せっかちな自分にとってちょっと2分くらい悩んだ時があったけど、それも試練だな。
自分のウェブサイトのアクセスも調子よくなってきてるし、たくさんの方々に記事読んだよ!と多くの方に褒められて正直びっくりしている。

コメントもちゃんと読んでるからね、いつも読んでくれてありがとう。

とにかく人に恵まれたいい一年でした。

2015年もよろしく。

ピース。
 

 

"George Inaki"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

Instagram:@georgeofgrand

Tumblr:@georgeofgrand

Pinterest:@georgeofgrand

EAT, WORKOUT and SHOP

NYただいま。

二ヶ月連続の東京出張はとても有意義で実りのある旅でした。

国技館で行われたESPRIT DIOR TOKYO 2015のファッションショーは圧巻だったな。

モダンでラフ・シモンズらしいready to wearなコレクションだけど、DIORのスピリッツも残しつつ、一つずつのルックに表現されていた。

スパンコールのタートルネックがすごく気になった。

日本のアニメからヒントを得たメイクも面白くて、誰もが注目したでしょう。

 東京に来る度に、自分が段々観光客化してきているのに気づくw

正直に言わさせて頂くと、日本の洋食は本当にまずいからそばや定食を食べるがちw

ちびるくらいうまいすき焼きも食べることができて、口の中が天国だった。

ゴチになりやした。

千駄ヶ谷にある、ぎおん徳屋もすごく好きになったなー。

友人に連れられて、行ったことがあったにも関わらず二年ぶりに久しぶりに行ってみて違う視線で抹茶やきな粉もちを食べることができた。

有砂と行ったのだが、ものすっごいミスマッチ感あるよねw

 餅や肉をたくさん食ったので、加藤康子先生のStudio Body Designにももちろんミラクルを起こしに行ったよ。加藤先生のセッションは整形並みに顔が小さくなったし、腹筋も割れたw 

日本のみなさんがうらやましいよ、いつでもスタジオに行けるから。

セッション後は体調と体質が変わるのが感じられるし、筋肉がしなやかになった。ナイスボデーになってますます服を着るのが楽しみ。

まだ詳細を読んでない人はこの記事を読んでみて。

STUDIO BODY DESIGN

 

食い倒れもしたが、買い物倒れもした。

日本に来ると、やっぱラグジュアリーブランドが欲しくなる。

あれなんなんだろう。

やっぱ日本人はラグジュアリーブランド好きだからお互いがお互いを刺激して購買意欲を促してるのかな?

でもせっかく日本に来たわけだし、日本でしか買えないアイテムを買ってきたよ。

 

まずは、99% isのバックパック。

一体いくつバックパックあるの?ってくらい持ってるけど、また買ってしまった。。。

このバックパックはライダースジャケットからインスパイアされた物。

ナイロンとレザーだから軽くていいかなと。

 

NIKE IDRoche runシリーズとNIKE SB 作ったよ。

体を動かすのが好きな俺は、スポーツウェアではNIKEがダントツで大好き。

If you have a body, you are an athleteというモットーがかっこいい。

 

かれこれ3年くらい溺愛しているSHISEIDO MENのスキンケアセットも買ってきた。

スキンケアには無頓着な俺。

SHISEIDO MENのスクラブで顔洗った後は、化粧水つけて仕上げに保湿液というやつ?それをつけて終了。

めんどくさがりだからなるべく簡単じゃないと続かないからね。

SHISEIDO MENに出会う前は薬局で売っているようなブランドしか使っていなかったけど、これに変えてから俺の肌にはすごく合ってるし確実に肌の調子よくなった。

もちろん、体調や気候によって肌荒れすることもあるけどね。

メンズのみなさん、使ってみよう!

 

@AHKAH_HOMME_OFFICIALのインスタフォローしてる?

このベルトをインスタでみつけた瞬間に、一目惚れして夢にまで出てきたアイテム。

image.jpg

日本に来たら絶対買うって決めてたんだ。

意外にも値段は2万円くらいだったし、お買い得だよね。

シンプルな細めなベルトにスタッズが施されていて、喜平モチーフのチェーンを引っ掛けて、鍵などをつけられることができるんだ。

品のあるデザインだから、モードで男らしいスタイリングができるよ。

渋谷のファイヤー通り付近にあるAHKAH本店で買えるから行ってみて。

PRをしているあきちゃんとクリエイティブディレクターの龍之介さんに接客してもらったよ。

いつもお世話になってる二人で、とても素敵な方々なの。

おされな大人っていいね。

2015年はAHKAH HOMMEを本格的に展開して、商品数も増えるんだって。ジュエリー好きの俺にはマジで注目してる。

 

渋谷のPARCOは普段絶対行かないのだけど、今回チェックしてみたよ。

高校生、大学生の頃はPARCOでしか買い物しなかったけど大人になったら行かなくなった。

意外に面白いね。BAO BAOやアンダーカバーのセカンドラインもたくさんあって、旅行客を狙っての価格設定なのかな?

値段も安めだからたまに行くのもいいかも。

まんまと戦略にやられてますよ、俺。

ISSEY MIYAKEのプリーツプリーズのタートルネックを買ったよ。

エレガントなえりもとが確実におされなアメリカ人やヨーロッパ人と差をつけられるね。

これにレザージャケットやMA-1 を合わせたらいい感じになりそう。

値段も2万以下でお手ごろ。

 

大好きなギャルソンな毎回チェックしてる。

アバンギャルドすぎて全て買えるわけじゃないけど、クリエイションは誰にもマネできないからね。

NYではギャルソン高いからこのチャンスに買ったよ。

まずはこの前掛け。

テラードジャケットからインスパイアされたこのアイテムはシンプルなブラックのセーターやTシャツと合わせるといきなりモード感が100倍プラスされていい感じ。

ライダースジャケットの下にレイヤードしてもおされだと思う。

あえて肩を破って段差を作りインパクトのあるこのハイファッソンジャケット。

死ぬほど気に入って買った。

ジャケットは割りとテラードでフィット感のある方が好きだから、大きいシルエットになりがちなギャルソンのジャケットは持っていなかったけど、この場合は背中からウェストにかけてしっかり絞られてるからドレッシーに着られるし、スウェットパンツと合わせて着崩してもかっこいいし優秀。

NYではジャケットスタイルなパーティが多いからアメ人とヨーロッパ人を確実に縦に首を振るわせることができるよね。

Nice jacket!!!って1万回くらい言われそう。

ハイファッソンすぎて好みがあるかもしれないけど、社会見学がてら青山のブティックに足を運んでみて。

最高だから。

 

あとはこのCHANELのネックレス。

極太チェーンにツイードが施されたジャイアントロックは最高だね。

あまりにもパンチがお強めだから、 いざっという時に奥の手として使う!

ストリートスタイルに合わせたらネクストレベルだね。

これでパーティやファッションショーを見に行きたいな。

三度見くらいされそう。

以上、普段絶対しないお買い物報告でした!!!

 

今回はホテルオークラにも泊まったよ。

来年建て替えられるんだって。

海外からも、モダンなジャパニーズ建築を壊すのが寂しいという声がたくさんとても話題になっているんだよ。

知ってた?

いつも折り紙がベッドに置かれているんだよ。

鶴は千年、亀は万年。

こういう心遣いが日本的で、世界トップだよ。

寿司を食べたり、朝食を食べたりしてオークラにはたくさんきれいな思い出があるの。

#SaveTheOkuraをハッシュタグにして拡散しましょう。

日本の建築物は心に染みる。

 

NYLON JAPANプロデュースのMEGBABYスタイル本発売を記念して、青山で行われたサイン会にも応援に行ったよ。

トレールカーにソファと赤黒の風船でデコレートされてて、MEGBABYらしい空間でファン一人一人とコミュニケーションしてた。

俺がNYでディレクションしたページをいろんなところで貼られていて嬉しいかった。巻頭のエディトリアルは俺の作品だからまだの人はチェックしてね。TSUTAYAは完売らしいから、アマゾンでポチッと注文しよう。

 

寒い日だったのにも関わらず150人が集まっていて、泣いている子たちもいた。

日本で元祖インスタアイドルは間違いなくMEGBABYであって、そこらへんにいる芸能人よりも凄まじい影響力があると思う。

日本はデジタルが相当遅れているから、今後普及することを祈る。

頭の中で理解できていても、気持ち的に受け入れらない人たちもまだまだいるのが現実のよう。

MEGBABYを中心にがんばってもらいたいね!

 

 

最後に、俺は本当に友達に恵まれていると思う。

また会いに日本へ行くぜ!(うるうる)

みんなも友達を大切にして楽しく生きてね。

人を利用したり、騙したりしないように。

カルマは必ず返ってくるから!

 

"George Inaki"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

Instagram:@georgeofgrand

Tumblr:@georgeofgrand

Pinterest:@georgeofgrand