セレブとの境界線とは?

ただいま、LAにいます。

毎年12月~1月末までの冬はLAで過ごしており、同じ国、アメリカでもLAとNY、そしてそれ以外の土地での違いにいつも驚かされています。LAとNYは、もはやアメリカじゃない。LAはLA、NYはNY。独立している感じ。

では、その2つの都市の違いをファッションやスタイルでざっくりと比べることにしよう。

LAはLAでも、シルバーレイクやダウンタウンに行くとまた違って、あくまでも、僕の自宅があるウエストハリウッドのことを指してます。ハリウッドでは、コントアーメイクが主流で、「ボンキュッボン」のスタイルが不動の人気。

プッシュアップブラや豊胸が当たり前かのように、胸が大きく、お尻はでかければでかいほど美しいとされている。

唇は「Filler」というプチ整形で、ふっくらとした大きな唇を好む傾向がある。

ジムでワークアウトするときも、ばっちりフルメイクで来る子は珍しくない。

おそらく、Kim KardashianやKylie Jennerの影響が本当に大きく、このような流れになっている。

Kim Kardashian

Kim Kardashian

Kylie Jenner

Kylie Jenner

NYの場合だと、アップタウンとダウンタウンでまた大きく異なるが、自宅周辺のソーホー辺りは薄い化粧、目立たず、シックでモノトーンのスタイル。

ナチュラルを好む傾向があり、洗練された都会的なスタイルかな。

 

LAといえば、みんなが先に思い浮かべるのはおそらく“セレブ”でしょう。

僕の学生時代には、Paris Hilton、Nicole Richieが絶頂期で、2人が出ていたリアリティショー、「シンプルライフ」が面白すぎて、毎エピソードを欠かさず見ていた。「That’s hot」や、「Geeezzz」のようなスラングが流行っていて、ある意味カルチャーを作ったのは間違いない。2017年の今、2000年前半のカルチャーがまたカムバックしているのを感じている。

当時はとにかく、世界中がLA の“セレブスタイル”に釘付けだった。覚えている?Juicy Couture、Von Dutch、Ed Hardy、True Religionが流行った流行った。高校生の時に登校バッグはVon Dutchのボーリングバッグ。それで通学してたのを覚えている。w

Von Dutchのボーリングバッグに学ランという通学スタイルw

Von Dutchのボーリングバッグに学ランという通学スタイルw

何でもラインストーンをつけてたよね。w スタバコップ、携帯、とにかくスワロフスキー!

 

2017年の今はどうなっているかというと、LAはいまだにセレブ文化が続いている。むしろ、みんながみんなセレブリティなのではないかと思うほど。

あまりにも多すぎるため、一体セレブリティはなんなのかと考えた。

なっがい前置きとなったが、今回はセレブと一般人の境界線について書こうと思う。

 

 

LAはハリウッド映画、テレビ業界のメッカなのはみんな知っているだろう。

お茶の間で放送されているテレビ番組に出たらセレブリティ。ちょっとした映画に出たらセレブリティ。またまたインスタでフォロワーがたくさんいたらセレブリティ。LAでは勢いの止まらないユーチューバーで、億単位を稼ぐタレントもゴロゴロいる。今の時代は一個人が媒体になりつつあるからね。

セレブリティが多すぎて、名前が覚えられない。みんながみんな有名になりたくて、世界中からLAに集まるのだ。

セレブを専門に扱うPR会社もあるくらいだから、ビジネスとしてしっかり確立されているのがわかる。

 

一方、日本ではいわゆる“芸能人”がセレブリティといわれているわけだが、PRという職に就いていて、“芸能人”の境目がなんなのか、変わりつつあると感じているんだ。

ファッションブランドのパーティやショーがあるときは、「セレブリティ衣装着せ込み」をすることが多いが、芸能事務所に所属していないというだけで“セレブリティ”扱いではなく、私服で来てくださいというケースも少なくないだろう。かといって、所属しているだけで、影響力もなく無名でも着せ込みできるということでよいのだろうか。

芸能事務所に所属すれば芸能人なのか?ソーシャルメディアではフォロワーが多く影響力はあるが、どの事務所に所属してなかったら、ただの“一般人”なのか?

ひと昔前には、モデルと読者モデルにも“暗黙の了解”としての明らかな線引きがあったが、今は曖昧になりつつある。これに近いものなのか?

  

ファッションは常に、最先端でフレッシュでなければいけないから、いつまでたっても、古風なやり方のままでよいのか?

さっきも言ったように、誰もが「媒体」になれる時代だし、こうしてデジタルの発展や社会が変わっていくにつれて、「本物」や「本当のプロ」と実はそうではない人(一般人)との判別がすごく難しい世の中になっていることを感じる。少なくとも、本物のセレブは、自己申告制のものではないと思う。本物のセレブが、自分をセレブです、と紹介するのは聞いたことがない。絶妙なさじ加減を判断できるようにしなければ!

 

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター:恩地祥博

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media:@georgeinaki

誰もが“フォトグラファー”の時代は正解か?

A Happy New Year!!

あけまして、おめでとうございます。

新年1発目は、フォトグラフィーについて書こうと思う!

 

パートナーの影響でフォトグラフィーに興味を持ち始めたのは、4年ぐらい前かな?

インスタントカメラやプリクラで育った僕は、フィルムカメラやファインアートのフォトグラフィーとは全く無縁だった。

 

今では自宅に、アートのコレクションとして無数のフォトグラフィーがある。

自宅にて

自宅にて

伝説のフォトグラファー、Irving Pennに師事し、コマーシャルもポートレートも素晴らしく撮るMichael Thompson。男性の魅力をあますところなく写し、この世で最も美しい白黒写真を撮るDavid Armstrong。スティルだけでなく、フィルムなどでも撮るアーティストで、作品が訴えかけてくるようなメッセージ性の強い写真を撮るGordon Parks。あとはフランス人らしい皮肉やチャームを、特に女性美を切り取ることで伝えるBettina Rheimsなど。

数多くいるフォトグラファーの中でも、彼ら4人の作品がお気に入り。

 

何が好きかって、写真を見たときに考えさせられるようなところ。その瞬間を捉えた最高の一瞬が、まるで時が止まったようにロマンスとストーリーが存在するのかな、と思うと想像力が高まる気がして好き。

毎年5月に行われるGordon Parks Foundationのチャリティガラディナーは本当に素敵で、アリシア・キーズ、アッシャー、そしてファレルが駆けつける、華やかなイベントなのだ。CHANELのデザイナー、カール・ラガーフェルドも個人的に支援しているほど。

彼の1940~70年代のもの、特に公民権運動時のアメリカの写真は、本当にパワフル。当時の人たちの鋭い視線や情景が、すごくストレートに伝わってくる。

ドキュメンタリーを見ているかのような写真は、「歴史の証人」のようなTIME誌に掲載されているのも納得だよね。

お気に入りのMichael ThompsonとDavid Armstrongの作品

お気に入りのMichael ThompsonとDavid Armstrongの作品

Gordon Parks Foundationガラで落札した作品

Gordon Parks Foundationガラで落札した作品

 

たった一枚のプリントされた写真に、何百万円もの値段がついているのは夢のようで、この栄誉を手に入れられるのは、本当に一握りなのだ。

 

LA自宅のフォトグラフィー

LA自宅のフォトグラフィー

デジタルカメラの普及、そしてインスタグラムやフィルターの発展、そしてブロガーという職業ができたおかげで、誰もが簡単に写真をうまく撮れる時代となり、フォトグラファーとしてもお金を稼ぐことができる。

時代の流れ的にはOKだが、“フォトグラフィーのクオリティ”でいうと、少し違和感を覚えてしまうのは僕だけだろうか?

 

SNS、ウェブショップ用の写真は、スピーディーに撮らなければいけないため、フォトグラファーは速攻で提出しなければいけない。

写真が撮れて、インスタでフォロワーをたくさん持っていれば、仕事がどんどん入るし、ギャラもどんどん高くなる。

一方、写真を撮るのは本当にうまいが、フォロワーが少ない人はギャラが低くなってしまうのか?という疑問も出てくる。

ちょっと待った。

 

企業側がフォトグラファーを起用する際にも、写真のよさがわからない人からしたら全く異なる写真でも一緒に見えてしまうわけだから、露出をより得るために、フォロワーを多く持つ“フォトグラファー“を選んでしまうのも当然。

ここで、「何がイケていて何がイケていないのか」、それを精査したり、ふるいにかけたりする、ミドルパーソンのセンスが問われると思うんだ。

でも、これはあくまでも理想で、クライアントや消費者側はそれを求めていないのかもしれない。

作品が被写体頼りになりつつあって、フォトグラファーのテクニックやアーティスティック性は二の次。

これでは、どんどんクリエイティブのレベルが落ちてしまうのではないかと思うと、悲しいな。

 

 

日本の雑誌のコマーシャルフォトは、本当にフォトグラフィーに対する情熱が伝わる媒体だから、もっと興味を持って欲しいよね。

 

 

正直、HYPEBEASTのようなオーバーレタッチされた写真が、「おしゃれ」で、「ハイセンス」と思われがちだが、僕はもう飽き飽き。

HYPEBEASTオリジナルのやり方で、ある種のカルチャーを作ったから、彼らがやるのはもちろんいいが、それを真似する“フォトグラファー”はやり方を変えるべきだと思うんだよね。

これではフィルターかけて、フォトショップをして元の写真が普通なのであれば「誰でもできるじゃん」って思っちゃうし。

 

クオリティを見極められる人物、そしてよいものを伝えられる人物が重宝されそうな動きが出てきそう。

 

NY在住フォトグラファーの瀬尾宏幸くん@hiroyukiseo66)はおすすめ。

年代を感じさせないタイムレスでピュアな写真に、ロマンスを感じるね。

瀬尾くんのアーカイブより

瀬尾くんのアーカイブより

瀬尾くんが撮ってくれた写真

瀬尾くんが撮ってくれた写真

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター:恩地祥博

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media:@georgeinaki

communication

LAで過ごした楽しかった週末が光のように過ぎ、現在飛行機に乗って東京に向かっています。

機内wi-fiが便利すぎる。だけど、スピードが亀のように遅い上に高価。

今後もっと早くなりますよーに。

 

NYから東京、機内だけで往復約25時間、NY市内からJFK空港まで車で往復約2時間、

成田空港から東京市内まで車往復約4時間。合計30時間以上の移動時間。

アメリカと日本は本当に遠いなー。

ほぼ毎月になりつつの東京出張は、機内で観れる映画をほとんど観尽くしている。

どうして機内だとエモーショナルになって涙腺が緩くなるんだろうねw

MJとアデルの映画を観て、号泣しました。えーん、えーん。

 

MJとアデルとは全く無関係だが、ハンドルを思いっきり切り替えると、学生時代は俺の成績はオール3でした。

関係ねーーーw

しかもいたって普通すぎー。

テストは全て一夜漬けでやり抜けた。

今は大人になって、学生時代にタイムスリップして、テストに落ちて卒業ができない悪夢をたまに見る。

ものすっっっごい怖いし、起きてびしょびしょの汗をかくほど。

体育もそんなに得意ではないし、走るのも遅かった。

縄跳びくらいかなー、得意な運動は。

 

勉強なんて!と思ってたけど、歴史をちゃんと学べばよかったといまさらたまに思う。

天邪鬼だから教科書で習いたくない!と思ってたんだろうね。

ちゃんと自分の目でみて、経験して、感じて吸収したいのだ。

それは学生時代のときにあまりできなかったから、今たくさんのことが経験できて感謝をしている。

知識は宝物ですね、はい。

 

勉強を一切するな!とは思ってない。

一回勉強をして、体験してみないと何が好きで何が好きではないか、わからないからね。

小中高大で担当してくれた先生たち、こんにちは。

ちゃんと人間をやっております。

そのときはお世話になりましたw

 

未だ28年間しか経験していないから偉そうなことは言えないが、自分のためになったことをここで伝授しておこう。

以前の記事にも書いたが、”street smart"になるていうこと。

日本語ではなんていうのかな?

ニュアンス的に、世渡り上手?違うな。

適応性能力?うーん、近いな。

頭がキレる?うーん、近い。

“Street smart”にはコミュニケーション能力も含まれている。

人生は教科書通りには絶対いかない。

1+1=2ではない。

もっと複雑で、もっと感情があると思うんだ。

いくら教科書通りに頭がよくても、コミュニケーション能力がないとうまくアウトプットができない。

いくら才能があっても、それをコミュニケートできないと力が最大限に発揮できない。

一方、俺はコミュニケーション能力がたけている!とはりきっていても、解釈能力がないと

得た情報は消化できないから。

わからないことはわからないという。

知ったかは禁物。

人間は向上しないといけない生き物だから、たくさんためになる情報を吸収したいからね。

俺は正直者だ。

正直者すぎて、真っ向勝負すぎて損したこともたくさんあった。

だけど、それは後悔していなくて、失敗しちゃったな!次は同じ過ちを犯したくないなと向上したいから。

他人に言われてもなかなか自分では砕くのが難しいもので、自分で火傷をしないとわからないからね。

 

学校で習えないのであれば、どうすればコミュニケーション能力を養えるのか?

これはたくさん経験をすることが必要だと思うんだ。

例えば、学生時代にたくさんバイトをするとか、部活に入るとか。

人のサークルに入らないと気づけないことがたくさんあるから。

この人はこう思ってるんだ!へー。

という発見もあるのは間違いない。

俺は学生時代のときから一匹狼系だったけど、とりあえず10年間バレーボール部に所属してた。

つっぱり野郎だったけど、それがなかったら今がなくて。

あの時はどうして責めちゃったんだろう、あの時はなんでわがままだったんだろうと気づけば自分の勝ち!

自分を第三者の目で見ることができれば、他人との接し方もわかるんじゃないかな?

他人との接し方がわかれば、コミュニケーション能力もぐーんと上がるはず!

社会人になって一番武器になるのはコミュニケーション能力であるということを頭に入れておこう!

 

これも文章と関係ないが、LAで撮った思い出の写真を載せます。

Ciao!

Malibuにて

Malibuにて

LA自宅にて

LA自宅にて

IMG_2288.JPG

Follow me on snapchat @georgeinaki

実は、3年前からやってるスナップチャット。

若い子の間ではスナチャ?

って呼ばれてるのかな。

遠く離れた友達と常に繋がっていたいから、ずーっとプライベートでやってたけど、俺デジタルPRだし、公開することにした!

みんな忙しいし、常にメールするのって、負担があるかもしれないじゃん?

それに、たまにメールの終わらせ方が微妙なときもあるしw

そういう時に、スナチャを使っていれば、メールをし続けなくてもある程度自分の友達と繋がっていられるから便利だなって。特に遠く離れた友達とかね。

そして、インスタってもう気付いてる人も多いかもしれないけど、キュレートされすぎて逆にリアルさが欠けてきたじゃん?

スナチャなら、加工の仕様がないし、本当の姿が見えやすいSNSだからリアルさを求めてる人にはもってこいのSNSだよね。

ということで、俺をスナチャでフォローよろしく!

Snapchat:@georgeinaki

Snapchat:@georgeinaki

これからファッソンウィークだし、インスタではアップしてないことが多いから裏側が見たい人や、実際ファッソンウィークはみんな何してるの?という疑問がある人たちにはいいかもね。

そもそも、ジョ−ジは何屋さん?と思っている人も俺が何やって生きてるのかがわかるかもw

そして、俺が犬とチュチュしてることが多いと思うから、犬好きも必見!w

アカウントは@georgeinaki

よろしくねん。

"George Inaki"

www.georgeinaki.com

social media:@georgeinaki

 

 

Addiction

あけおめ、ことよろー!

俺は元旦から3日まで、なぜか風邪をひいてしまって弱ってた。

くしゃみしすぎて、鼻が取れそうだったよ。

お陰様で回復したものの、LAは土砂降りの大雨が二日連続で降っていて、なんだか様子がおかしい。

水問題が年々深刻になってきていて、水道代も高騰しているみたいだから

実りの多い一年のスタートということにしておきましょう。

晴れ男のはずなのに...

晴れ男のはずなのに...

みんなは正月をどのように過ごしたのかな?

初詣とか、年越しそばとか餅つきとか紅白歌合戦を見ながらみかんを食べてた人も多いのかな?

俺はそばとおせちが死ぬほど食べたかったよ。
現代っ子は、ひたすらインスタをチェックしてた人もいたのかな?

先日、友達と会話していて、話しの一部として話題に上がった、『インスタ中毒』について

2016年第一発目の記事を書いてみようと思う。

 

『インスタ中毒』はこれまでに聞いたことのない単語。

スマホ病は最近耳にするし、これのせいで俺は首コリがすごいんだw
インスタ中毒の具体的な定義は難しいと思う。
「これ、インスタに載せるねー!」「どっちの写真の方がインスタにいいかな?」という発言が出るのは
時代の流れに沿って合っているだけであって、これに関してはそんなに気にならない。

だけど、友達と一緒に時間を過ごしているにも関わらず、スマホをいじって常にインスタをチェックするのはどうだろう?
インスタをチェックしすぎて、他人の行動を全て把握するのはどうだろうか?
具体的な例を出すと、自分のインスタに載せてなく、タグ付けもされていないにも関わらず、どうにかインスタ中毒さんは写真を見つけて、
「誰々に会ったでしょー?」や、「何々もらってたよね!」
と、いうのは少し度が過ぎているのではないかと思う。

100歩譲ってそこはOKだとしても、しまいには他人のインスタの世界に入り込んでしまい、
自分だけ取り残されていると思い込んでしまったり、他人のことを羨ましく思うどころか妬んでしまうこともあり得るであろう。
もしかすると、どうにかあなたがいる場所を突き止め、ストーカー行為をする人も出てくるかもしれない。

俺は職業をデジタルPRと謳っておきながら、オンとオフを分けているつもりである。
友達といるときは一緒にいる時間を楽しみたいから、仕事の連絡以外はなるべくスマホをチェックしないようにしている。
だって、相手に失礼じゃん?
そして俺は頭がそんなに良くないから(16GBくらいかも!少ねっ!w)、いらない情報はなるべくシャットアウトし、必要のある情報だけ脳みそに残したい。

一緒に時間を過ごしているのに、常にスマホをいじっているようでは、一緒にいないのと全く一緒のことだと思う。
近くにいるのに、その人が遠くに離れていってしまう危険性もあるということは頭に入れておくべきかもしれない。
これは大切な人だけではなく、友人にも当てはまることであると思うよ。

今の時代、SNSは不可欠であり、無視はできない。
だからこそ、オフラインの時間の大切さを改め、
自分の目、手、体で世界を体験をしてほしい。
たくさんの人に会って、たくさん旅をして、たくさんの美しい物そして食べ物を食べてほしい。

俺の2016年の目標は、クオリティを格段に上げること。
仕事も、ファッションも、人生全てを昨年よりよくしたいな!

下の写真はLAダウンタウンにあるThe Broad Museumにて展示されている作品たち。

先日行ってきて、とっても良かったから行ける人は行くべき!

Andy Warhol、Jean-Michel Basquiat、Jeff Koonsなどの超大物アーティストの市販されていない本物の作品が自分の目で見れて本当に良かった!