セレブとの境界線とは?

ただいま、LAにいます。

毎年12月~1月末までの冬はLAで過ごしており、同じ国、アメリカでもLAとNY、そしてそれ以外の土地での違いにいつも驚かされています。LAとNYは、もはやアメリカじゃない。LAはLA、NYはNY。独立している感じ。

では、その2つの都市の違いをファッションやスタイルでざっくりと比べることにしよう。

LAはLAでも、シルバーレイクやダウンタウンに行くとまた違って、あくまでも、僕の自宅があるウエストハリウッドのことを指してます。ハリウッドでは、コントアーメイクが主流で、「ボンキュッボン」のスタイルが不動の人気。

プッシュアップブラや豊胸が当たり前かのように、胸が大きく、お尻はでかければでかいほど美しいとされている。

唇は「Filler」というプチ整形で、ふっくらとした大きな唇を好む傾向がある。

ジムでワークアウトするときも、ばっちりフルメイクで来る子は珍しくない。

おそらく、Kim KardashianやKylie Jennerの影響が本当に大きく、このような流れになっている。

Kim Kardashian

Kim Kardashian

Kylie Jenner

Kylie Jenner

NYの場合だと、アップタウンとダウンタウンでまた大きく異なるが、自宅周辺のソーホー辺りは薄い化粧、目立たず、シックでモノトーンのスタイル。

ナチュラルを好む傾向があり、洗練された都会的なスタイルかな。

 

LAといえば、みんなが先に思い浮かべるのはおそらく“セレブ”でしょう。

僕の学生時代には、Paris Hilton、Nicole Richieが絶頂期で、2人が出ていたリアリティショー、「シンプルライフ」が面白すぎて、毎エピソードを欠かさず見ていた。「That’s hot」や、「Geeezzz」のようなスラングが流行っていて、ある意味カルチャーを作ったのは間違いない。2017年の今、2000年前半のカルチャーがまたカムバックしているのを感じている。

当時はとにかく、世界中がLA の“セレブスタイル”に釘付けだった。覚えている?Juicy Couture、Von Dutch、Ed Hardy、True Religionが流行った流行った。高校生の時に登校バッグはVon Dutchのボーリングバッグ。それで通学してたのを覚えている。w

Von Dutchのボーリングバッグに学ランという通学スタイルw

Von Dutchのボーリングバッグに学ランという通学スタイルw

何でもラインストーンをつけてたよね。w スタバコップ、携帯、とにかくスワロフスキー!

 

2017年の今はどうなっているかというと、LAはいまだにセレブ文化が続いている。むしろ、みんながみんなセレブリティなのではないかと思うほど。

あまりにも多すぎるため、一体セレブリティはなんなのかと考えた。

なっがい前置きとなったが、今回はセレブと一般人の境界線について書こうと思う。

 

 

LAはハリウッド映画、テレビ業界のメッカなのはみんな知っているだろう。

お茶の間で放送されているテレビ番組に出たらセレブリティ。ちょっとした映画に出たらセレブリティ。またまたインスタでフォロワーがたくさんいたらセレブリティ。LAでは勢いの止まらないユーチューバーで、億単位を稼ぐタレントもゴロゴロいる。今の時代は一個人が媒体になりつつあるからね。

セレブリティが多すぎて、名前が覚えられない。みんながみんな有名になりたくて、世界中からLAに集まるのだ。

セレブを専門に扱うPR会社もあるくらいだから、ビジネスとしてしっかり確立されているのがわかる。

 

一方、日本ではいわゆる“芸能人”がセレブリティといわれているわけだが、PRという職に就いていて、“芸能人”の境目がなんなのか、変わりつつあると感じているんだ。

ファッションブランドのパーティやショーがあるときは、「セレブリティ衣装着せ込み」をすることが多いが、芸能事務所に所属していないというだけで“セレブリティ”扱いではなく、私服で来てくださいというケースも少なくないだろう。かといって、所属しているだけで、影響力もなく無名でも着せ込みできるということでよいのだろうか。

芸能事務所に所属すれば芸能人なのか?ソーシャルメディアではフォロワーが多く影響力はあるが、どの事務所に所属してなかったら、ただの“一般人”なのか?

ひと昔前には、モデルと読者モデルにも“暗黙の了解”としての明らかな線引きがあったが、今は曖昧になりつつある。これに近いものなのか?

  

ファッションは常に、最先端でフレッシュでなければいけないから、いつまでたっても、古風なやり方のままでよいのか?

さっきも言ったように、誰もが「媒体」になれる時代だし、こうしてデジタルの発展や社会が変わっていくにつれて、「本物」や「本当のプロ」と実はそうではない人(一般人)との判別がすごく難しい世の中になっていることを感じる。少なくとも、本物のセレブは、自己申告制のものではないと思う。本物のセレブが、自分をセレブです、と紹介するのは聞いたことがない。絶妙なさじ加減を判断できるようにしなければ!

 

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター:恩地祥博

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media:@georgeinaki

AW x HM Knocked me out

声が枯れるまではしゃいだパーティはいつぶりだったかな?

10月16日、NY某所にてAlexander Wang x H&Mコラボパーティが行われたので遊びに行った。

一言でこのコラボレーションを表すとしたら、「かっこいい」で全てが片付く。

ショーが始まる直前の写真。

ショーが始まる直前の写真。

旬のスーパーモデルをキャスティングしたショートムービーは一流アーティスト並みのかっこいい映像でショーの幕を開けた。

映像を見た瞬間、鳥肌が立った上にうぉーーーーーーーと叫ぶしかなかった。

それに続いて、コレクションに身をまとったアクロバティックなメンズたちがトランポリンと壁を自由自在に飛び回ったりしてパフォーマンスをした。

いよいよとキャットウォークが始まり、数々のスーパーモデルでランウェイが彩った。

さすがAlexander WangとH&Mということもあり、モデルの質はかなり高い。

これぞNYファッション!と思わせるショーだった。

肝心のコレクションは、スポーツをテーマにしたアスレチックなルックが主流だった。

NYではスポーツシークが引き続きトレンドなので、このコレクションが図星だった人が多かっただろう。

色のトーンはAlexander Wangらしく、モノトーンが多く着やすいアイテムが多かった。

"WANG"というロゴがいたる洋服にあって、ロゴ好きの人にはたまらないでしょう。

SOHOにあるAlexander Wangのフラッグシップストアは自宅より徒歩5分圏内にあるため、よく通うし、普段からよく着ているブランドである。

しかし、Balenciagaのクリエイティブディレクターに就任したこともあって、ノリに乗ってるWangはここ最近コレクションのプライスが高騰しており、セーターが800ドルくらいするのも珍しくない。

そのため、お店には必ず行ってチェックものの、自分はWang離れしつつあった。

そんな俺を救ったのがこのH&Mのコラボ。

価格高騰している、コテンポラリーブランドのAlexander Wangの価格を、デビュー当時のプライスに近づけた上に、肝心のクオリーティは落ちていないのは消費者にとってかなりポイントが高い。

このコラボによってWang離れしたファンは再度ぐっとくるとみた。

現実的に自分がそうであるからね。

おすすめはアウター。うるさくないデザインなので、数シーズンを通して着ても全然平気。学生が買える価格なのでがんばってゲットするべし。

個人的に心に打たれたのは、ヨガマット、バックパック、靴、ボクシンググローブでした。

最後に大好きな大好きなMissy ElliotのパフォーマンスでAlexander Wang x H&Mコラボの夜を締めた。

Missy Elliotにも、コレクションにもダブルノックアウトされた特別な夜。

ごちそうさまでした。

カンカンカンカーン!

"George Inaki"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

Instagram:@georgeofgrand

Tumblr:@georgeofgrand

Pinterest:@georgeofgrand