デジタル施策に見る、日本のミレニアルズに起きている変化とは?

 

 

デジタルマーケティング。それはこの現代で、最も必要とされるコミュニケーションツール。

 

従来のPR方法では、ブランドや企業の声がミレニアル世代に簡単にはもう届かない時代になっていることは確実。

 

話を聞いてみると、媒体をフォローして記事を読むよりは、自分がフォローしているインフルエンサーが投稿した記事を見て、その媒体のサイトへ飛ぶことも珍しくないらしい。

要するに、これまでの“媒体発信→記事やニュース”から、“インフルエンサー発信→媒体記事→消費者”へと、読む順番が変化しているのではないか。

 

そんな過渡期にあって、その変化に気がついていても、効果的なデジタルマーケティングのハードルは年々高くなってきており、これまでは一般的だった、製品とのセルフィー画像をインスタに載せるというやり方ではもう通用しないのはあきらか。

 

そんななか、カルバン・クラインは面白いデジタル施策を行っているのだ。

 

ご存知であろう、カルバン・クラインのアンダーウェア。

コットンから伸縮性のある生地まで、素材のバリエーションが豊富で、見慣れたアイコニックなロゴ。

海外では、世界的に有名なセレブリティ、モデルが投稿していることもあり、「#mycalvins」が爆発的にヒットし、あらゆる国からこれでもか!というほど、自身の肉体自慢とともに、胸、お尻の投稿がSNS上に溢れている。

 

しかし、肌を隠す習慣のある日本には、こんな投稿は通用するのであろうか?

 

答えは限りなくゼロに等しいであろう。

 

このように、国民性と文化の違いで、カルバン・クラインのようなグローバルブランドでも、#mycalvinsのような施策が、ローカルに進出しづらいこともある。

7月に東京で同ブランド初のアンダーウェア専門店がオープンし、そのタイミングで、戦略としてグローバルハッシュタグの#mycalvinsをそのまま残し、ローカルハッシュタグの「#じつはCK」、「#みせるCK」を加えることで、一気に東京のおしゃれキッズの間で浸透しつつある。

 

最近、NYモデルエージェンシーのソサエティと契約を結び、モデル業の活躍がグローバル規模で期待される森星さんがプロジェクトを皮切り、鈴木えみさん、Beniさん、植野有砂さん、浅野啓介さんらビッグネームが次々と参加していた。

スクリーンショット 2017-08-09 午後4.10.15.png

 

7月末にはストアイベントも開催し、ハッシュタグに参加する人たちをどっと増えたようだ。

instagram  @tsumire1224

instagram @tsumire1224

instagram  @crazy_shizuka

instagram @crazy_shizuka

 

 

#じつはCKで、“秘密裏にさりげなくアンダーウェアを着ているんだよ”、#みせるCKで、“大胆にステートメントアイテムとして、CKアンダーウェアを着ているんだよ”、の2パターンでどちらが自分のタイプに合っているのかを一般大衆に決めさせ、参加を促進している。

 

すると、意外にも、シャイな人が多いはずの日本で、結果として#みせるCKが多く、これは驚き。


隠したがるであろうと予想していたが、わかりやすく表現しやすいうえに、ありそうでなかったハッシュタグ遊びができたことによって、「あ、下着って見せていいんだ!」と心理に変化が起き、この戦略は成功したのではないかとみている。

結果として、ハッシュタグ遊びに参加するという感覚で、意外に日本人にも、ちょっぴり恥ずかしいけど、見せたい願望があったのではないか。

 

ミレニアル世代の考え方が、古典的からどんどん大胆になってきている。

 

俺は、ほぼ毎日CKアンダーウェアを着用しているが、なかなか見せられないのがホントのところ。

腹筋が割れていれば自慢するかもしれないが、食べることが好きな俺は、

おとなしく、#じつはCKを選ぶことにするよ。

 

あなたなら、じつは、みせる、のどっちを選ぶ?

 

スターデザイナーである、ラフ・シモンズがクリエティブディレクターに着任したし、今後のカルバン・クラインから目が離せない。

 

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター : 川上千尋

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media:@georgerootnyc

 

 

 

東京のメンズファッションが面白くなってきた!!

2016年は1年の間に8 回?いや、9回かな?

も東京出張があって、もはや友達やクライアントには

「ジョージ、もうNY住んでないの?東京にまた移住してきたの?」

とか、レア感がないくらい東京に来てるよねと言われることが多くなったw

そりゃそうだよね。一時期は毎月東京に通ってたもん。

 

出張の回数を重ねるごとに気づいたのは、日本人男子がおしゃれになってきているのではないかということ。

レディースファッションは、どの媒体も取り上げているし、今回はメンズファッションについて書こうと思う。

 

2000年頃は、キレイ系、アメカジ系、ストリート系、そして、現在は絶滅危惧種であるお兄系やB系というジャンルがたくさんあった。

2016年、そしてまもなく迎える2017年は、アメカジ系とストリート系の人気は続くと思われるものの、その他のジャンルがどう変化していくのかなと思う。

 

 

冒頭で書いた日本人男子のおしゃれ化についてだが、これはあくまでも僕の視点から執筆していることをご了承してもらいたい。

青山、表参道、原宿付近の特にキャットストリート、そして渋谷を歩くのがとても好き。PRをやっているからには、実際街で何が起きているのか、何がトレンドなのか、実際に自分の目で見て確かめたいからだ。

電車は乗るし、ピンポイントすぎるが、なによりも渋谷⇄六本木ヒルズ間の市バスがとても好き。

 

それでは早速、ジョージ式ジャパニーズメンズファッション分析を始めよう。

ジャスティン・ビーバーが人気すぎるせいか、ビーバー系の男子が続出しているのではないかと。

www.instagram.com/p/BMPMDfRhBTr

www.instagram.com/p/BMPMDfRhBTr

ダボっとしたTシャツにロンTを重ねて、スキニーパンツを腰パンにし、スニーカーはアディダスのウルトラブーストという鉄板コーデをしている男子が目立つ。ビーバーのツアーT、パーカーを着ている子も多く、彼は間違いなくそうであろう。

 

www.instagram.com/p/BJX8b-sBaia

www.instagram.com/p/BJX8b-sBaia

ビーバーはやはり、VETEMENTS、Fear of Godに影響されていると思うのだが、“元ネタ”を知らずに、そのスタイルを完コピしている男子続出。

 

www.popsugar.com/fashion/Vetements-Fall-2016-Runway-Show-40444587#photo-40444587

www.popsugar.com/fashion/Vetements-Fall-2016-Runway-Show-40444587#photo-40444587

fearofgod.com/pages/fourth-collection-lookbook#lookbook-item-2

fearofgod.com/pages/fourth-collection-lookbook#lookbook-item-2

好みはさておき、僕自身はこの流れをとてもいいと思っている。

ネットとインスタの普及で、より外国を身近に思えて影響があるのは個人的に嬉しい。

 

ユナイテッドアローズのポギーさんを真似するおしゃれ大好き若者も、増えているのも納得。

メンズファッションのアイコン的な存在、またはメンズインフルエンサーってなかなか出にくいから、今後そのエリアが盛り上がるといいよね。

 

 

NYでは、メンズファッションがとにかくアツいと言われている。それは、アメリカン・ヘリテージが見直されていることがまず関係している。冒頭で言った世界的に人気トレンドとなっているストリート系ファッションが、デニムやスニーカーに代表されるアメリカ生まれのスタイルと相性がいいしね。NYはアメリカのファッションキャピタルだから、NYから全米のトレンドが生まれるのは当然のこと。長くなりそうなのでNYメンズファッションは別の記事にしておこう。

 

メンズファッションにおけるカニエ先生の影響もまだまだ強い。

Yeezy 、Balmain、Off Whiteをミックスしたスタイルもよく見かける。

最近インスタで見つけた、東京にあるセレクトショップ Nubian Tokyoがとてもいい例だ。インポートものは高価なのに、それでも着ている人が多いというのはファッションへの情熱が感じられるよね。

ただし、完コピしすぎて個性をなくすこととは、また別の話。

www.instagram.com/p/BMXlPkWAPr9/?taken-by=nubian_tokyo

www.instagram.com/p/BMXlPkWAPr9/?taken-by=nubian_tokyo

www.flickr.com/photos/sarashamy/15900764104/in/album-72157650422076470/

www.flickr.com/photos/sarashamy/15900764104/in/album-72157650422076470/

www.instagram.com/p/BNCvvmKAAbQ/?taken-by=adidasoriginals

www.instagram.com/p/BNCvvmKAAbQ/?taken-by=adidasoriginals

highfashionliving.com/balmain-x-hm-men-collection-runway-show/

highfashionliving.com/balmain-x-hm-men-collection-runway-show/

www.instagram.com/p/BMBnGKkA8l8/?taken-by=off____white&hl=ja

www.instagram.com/p/BMBnGKkA8l8/?taken-by=off____white&hl=ja

原宿付近の若者は、“VETEMENTSっぽい系“が目立つ。

ファストファッションや安価ブランドは賢いので、トレンドをいち早く察知し、VETEMENTSスタイルをコピーして大量に売り、それを知らないお小遣い制であろう若者は、限られたお金でそれらを買っているのと予測している。原宿を歩くと、ダボっとした洋服、なっがい袖、太いパンツのスタイルが多い。

日本人の平均身長はアメリカ人に比べると低めなので、まるで子どもが大人の洋服をズルズルと引きずって歩いているように見える。VETEMENTを知らない人が見たら、

「なんだ、このみすぼらしい格好は!」と思う人もいるかもしれないね。

プロポーションのことを考えると、ちょっと変だけどかわいい!という瀬戸際にあって個人的には面白い動向とみている。

最後に、90年代ファッションに身を包んだ若者男子について。

個人的にすごく好きな雑誌、「i-Dジャパン」が日本で創刊されて嬉しい。

ウェブサイトも海外のようなデザインでかなりかっこいい。

https://i-d.vice.com/jp

https://i-d.vice.com/jp

 

エディターが狙っているのか、たまたまなのか、90年代トレンディ俳優みたいな顔のイケメンがよく取り上げられている。

トレンドは時代を巡るというが、自分の幼少時代のトレンドが今、再びきていて、自分が来年30歳を迎えると思うと、正直恐ろしい。

 

90年代ファッションとは何か。

グリースヘアスタイル、ネルシャツ、ライトウォッシュドデニム、くるぶし上丈、靴下はスポーティな白チューブソックス、レーススニーカー。サングラスはTransparentカラーの色レンズ、NirvanaのKurt Cobainが愛用していたCaliforniaサングラス 。

spur.hpplus.jp/fashion/news/201604/09/KUZHVGA

spur.hpplus.jp/fashion/news/201604/09/KUZHVGA

上記のキーワードのみを聞くと、ダサそうに聞こえるが、20歳前後の男子が着ているとアンニュイでフレッシュな印象で、けっこうかわいい。

何が火付け役になったのか定かではないが、2017年は引き続き90年代スタイルが主流になると思うし、引き算のあるスタイリング=ミニマルが来ると思うんだ。

ラフ・シモンズがDiorを離れ、Calvin Kleinのクリエイティブ・ディレクターになったことは周知の事実だろう。彼の影響で、ミニマルでクリーンなスタイルが盛り上がるはず。

というか、自分が着たい。

NYとLAでは、すでに90's kidsをテーマにした記事、ファッション、ミュージック、ポップシーンが再燃しつつあって、カムバックするのは確実に思える。

 

 

個人的には特に、くるぶし上丈がすごく好きではまっている。

結局ダボっとしたクッションのある裾丈は、足が短く見えるうえに背が低くみえるから、くるぶし上丈だと、脚が強調されてきれいに見えると思うんだ。

自分は身長が170cmしかなく、いたって普通なので、自分のフィッティングをよく把握し、どうしたらプロポーションをバランスよく見せられるか、常に考えてスタイリングのときに気をつけている。

 

古着屋さんで30ドルくらいのライトウォッシュドのデニムを買って、裾直し屋さんに出して履き、丈を自分の脚に合わせるのが、マイブーム。靴下は真っ白なチューブソックスはマスト。

あとは、アイコニックな90年代ポップスターアーティストのツアーバンドTシャツをフリマで買って、大きめなサイズを着てモダンにするのもお気に入り。

 

 

以上、ジョージ目線のメンズファッション分析記事でした。

おそらく、ファッション感度の高いおしゃれ男子は雑誌ではなくインスタで、タイムリーにファッションを常日頃研究していると思う。

このままいけば、東京がグローバル都市になるのも夢じゃないかも!!!

メンズ諸君もレディースに負けず、おしゃれを楽しんでください。日本人は世界に比べるとファッションに対する意識は非常に高いのは間違いないよ!

盛り上げていこーーー

 

ライター:稲木ジョージ

エディター:八木橋恵

コーディネーター:恩地祥博

公式ウェブサイト:www.georgerootltd.com

social media:@georgeinaki

 

EIKO HARA - Going Somewhere

音楽はもはや生活に欠かせないのは当たり前のこと。

通勤中、ワークアウト中などとにかく一人でいる時間のときは絶対不可欠。

かといって、俺は音楽マニアだ!なんでも知ってる!とは公言できない。

好きな音楽は様々で、クラシック、ジャズ、R&B、ヒップホップ、ポップ、EDMなどいろいろ聴いている。

Spotifyのヘビーユーザーの一人である。

 

そこで紹介したいアーティストが一人いる。

彼女の名前はEIKO HARA。 ん?名前、聴いたことがある!

と、思う人もいるかもしれない。

そう、彼女はElle girl Japanのオフィシャルブロガーでもあり多数の媒体やストリートスナップにて

It girlや、ファッショニスタとして取り上げられているからコアのファンもいるはず。

彼女のSNS、SOUNDCLOUDのリンクを下記にてまとめたので気になった人はクリックを!

SOUNDCLOUD: Eiko Hara(DJ)

Instagram:@eiko_hara

Twitter:@eiko_hara

Blog:ellegirl.jp/blogs/eeeko

 

東京出身で、東京で数々のファッションイベントにてDjで経験を積んでから、

ロンドンへそして、現在はNYにて拠点を置いている。

東京、ロンドンそしてNYという三つの大都市の音楽とファッションのカルチャーを兼ね揃えていると

言っても過言ではない。

真っ赤な口紅がトレードマークのEIKOは、俺には持ってないダウンタウンガールのかっこよさ、

エッジさ、アンダーグラウンドのクールさを持っているところが非常に高ポイント。

ビジュアル面では、揺るがないスタイルを持っていることから、多くのクリエーターにより支持さているのも事実。

決してエキセントリックな格好をしているわけではないのに、自身が持つアティチュードで目に留まる何かを持っている。

このビジュアル写真もいつの時代に撮ったのか全くわからないほど、タイムレスでパンチがあるよね。

そんなEIKOの音楽はいかがなものかというと、アンダーグラウンドポップでメロウかつゆるーい感じが特徴。

Sky Ferreiraとファッションや音楽面ではリンクするところ多いんじゃないかな。

SOUNDCLOUDで聴けるし、YoutubeでももちろんMVを観ることができる。

MVは東京そしてNYで撮った映像をメインにしていて、クールな仕上がりになっている。

EIKOのMVを観ると、東京が懐かしく思えて帰りたくなるねw

SOUND CLOUD - Going Somewhere

 

Spotifyを持っている人は、そこでもダウンロードできるので是非!

NYでは、Djをメインに活動しているので是非彼女の音楽センスを聴きたいという人は、

EIKOのSNSにてチェックすることをおすすめする。


ビジュアルでは裏腹、とても天然でヌケているEIKOなのに、

彼女がクリエイトした音楽を聴いたり、観たりしていると本当に感心。


"George Inaki"

www.georgeinaki.com

@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

@georgeofgrand

TOKYO

NYに帰ってきて、早くも一週間が経った。

東京にいたときが、まるで遠い昔のよう。

本当に時間は経つのが早すぎるから、一日一日を大切にしきゃとしみじみ思います。

こっちは寒すぎて、秋を飛び越えていきなり冬です。

貼るホッカイロがこっちにも売ってたらいいな。

今回の記事は普段書かないような、少しプライベートについて書いてみます。

前回の記事にも書いたけど、先日東京に行った時は10日間居ました。

元々の地元は愛知県だったけど、こうなったら東京が地元と言い通すw

俺が時給900円でバイトしてた時代から仲良くしてくれてる人たちに会ったり、ファッションPR業界に入り始めた時代からかわいがってくれてる人たちにも会ってとても有意義な時間だったな。

下の写真は、渋谷でランチした後に撮った写真。

東京はランチが1,000円で食べられることを再確認し、感動した。

カフェ近くに、おもしろい物をみつけたので記念写真。

女性だよね。。。?

NYぶりの直美とは普段からまめに連絡取っているけど、久しぶりだったためお互いの距離感が鈍っておどおどして撮った時の写真。

この場所は自分にとって本当に特別で、2009年にまだ自分が21歳だったころにこの景色をみて上京をしようと決心させてくれた場所。

スタッフもそこまで変わっていなくて相変わらず気さくでした。

いつまでもこの場所がありますように。

H&Mのプレスルームに遊びに行ったら、このかわいこちゃんに好かれすぎて服をろくにみずに終始チュッチュッしてました。

持って帰ればよかった。

Alexander Wang x H&Mコラボパーティはむっっっっっかしからの親友Riechinと行って、その後、直美とBeniと合流。

混みすぎて、買い物を断念した夜でした。

直美の変顔は世界一笑えると思う。

顔の筋肉がすっごい発達しているんだろうね。

ハロウィーンはNicki Minajに成りきろうと思ったけど、友達には2008年のジョージじゃんと突っ込まれました。

確かに。。。。

昔はハチャメチャだったからね。

汚ギャルたちは知らない人たち。

お疲れさまです。絶滅危惧種なのでみなさん大切にしてくださいね。

ハロウィーンもう一枚の写真はアメアパ時代からの友達。

お猿とチャップリンだそうです。

コスチュームの完成度に関してのコメントは控えさせて頂きます。

#EspritDiorTokyo パーティにも行ってきました。

image.jpg

Diorの世界観はネクストレベルで、ファッションが好きだと再確認させてくれたイベントだった。

初めましてのLoveliちゃんは前世で会ったかな?と思えるほど初めましてと思えなかった。

健康的な眉毛がとてもポイント高い。

イタリア仕込みのスタイリスト、倉田強氏はスタイリストとは思えない素晴らしい肉体をいつも俺に自慢してきます。

少し痛い所もあるけど、日本のトップスタイリストなのに気さくで面白くてパッションがあって素敵なお兄さんです。

彼のホームページはないけど、インスタ@tsuyoshikurataでやってるよ!

作品はここでみてね

栗原類くんはシュールすぎて、参りました。

ツッコミ疲れたので、また次回に!

倉田氏とのツーショットは愛用サングラスMY KITAを掛けて。

ありさとマリエはランチ後、表参道をぶらぶら。

同年代で勢いと才能で盛り上げて行こう!

完全観光客化した自分は、タイミングよくMeg Babyの誕生日だったので、リムジンで東京タワーを見物した。

リムジン内の照明が青すぎて目がチカチカしたのをよく覚えています。

出会ってよかったトップ10に入る、加藤康子先生には加圧ビューティートレーニングをしてもらった。

肌と筋肉の調子がやたらよかったのでみんなにもおすすめする。

ブログを読んでない人はこのリンクをクリックして読んでみてね。

神様お願いです、加圧ビューティートレーニングをNYに上陸させてください。

image.jpg

運動をしている人は笑顔が素敵です。

この写真がその証明です。

image.jpg

そんなStudio Body Designを紹介してくれたのは、友達のmiccie.

待ち合わせに一時間待たされたけど、全然怒ってないよ。ぷ

まいちゃんとえみとべびちぃとももちろん会ったよ。

筋の通ったしっかりしたママのえみ。

不動のモデルで不動のカリスマの持ち主です。

これからもよろぴく。

ホテルオークラの久兵衛で寿司を頂きました。

死ぬ直前は、寿司を口いっぱい頬張りたいです。

オークラのこのラウンジがとっても素敵。

品格のあるジャパニーズミニマリズムは本当に素晴らしい。

素敵な大人たち、かなこちゃんとだいちゃんともお茶した。

またNYに遊びに来てね。

俺がPRを始めたてからの友達、テルマとももちろん会った。

かれこれ3年の付き合いだね。

テルマが監修しているフリーペーパー、ドリームペーパーもうすぐ出るからみんなチェックするんだぞ。

中学生の集いにみえるこの写真は、サプライズバースデーをしてくれたときの夜。

プレゼント、は失くしてしまったDior So Realのサングラス。

もう失くしません。

自分でいうのも痛いけど、似合いすぎ。

りえとともちゃんは世界一好きなサムギョプサル屋で撮った一枚。

あそこのサムギョプサル以外食べられません。

二人全く映ってないところがいつものパターン。

ともちゃんとは一回も一緒に仕事したことはないけど、俺がぺーぺーのときからかわいがってくれて俺にPRを教えてくれた人。

これからもぶいぶい言わせてください。

犬猿の仲だけど、兄弟仲でもあるあやこ。

あやこがいなかったらこの旅は実現しなかったし、なによりもよきいいチームワークでミッション成功してよかった。

日本のデジタルPRを変えてください。

このままだとやばいと思うので、切り開いて!

以上、らしくない記事を書かせて頂きました。

ニューヨークの生活に慣れてしまったから、こっちが心地よく思えるけど東京も好き。

アジア-アメリカ-ヨーロッパの行き来が出来る生活になれればいいな。

でもこのままでは無理だから、自分自身もどんどん進化しなきゃ。

あまりの忙しさにタイミングがなく、AFURIラーメンを食べ逃したのでまた東京へ行きたいな。

 

"George Inaki"

www.georgeinaki.com

Instagram:@georgeinaki

Twitter:@georgeinaki

"George Of Grand"

www.georgeofgrand.com

Instagram:@georgeofgrand

Tumblr:@georgeofgrand

Pinterest:@georgeofgrand